Food Safety

Food Safety Becomes Political in Taiwan

11
12
English
日本語

Just a few weeks ago Taipei’s streets were filled with thousands of protestors gathered for the “Autumn Struggle”, an annual march organized by various Taiwanese labor groups.  The anger of the marchers was fueled by a recent decision of the current government to allow the importation of U.S. pork that contains the additive ractopamine. This new ruling becomes effective in January 2021.

What is ractopamine? Briefly, the additive ractopamine is a prominent lean muscle growth-promoting agent used by meat manufacturers that is usually administered a few weeks prior to slaughter.  It increases feed efficiency causing livestock to grow faster while consuming less feed, resulting in a higher lean muscle to fat ratio. 

“The International Codex Alimentarius Commission in conjunction with The Joint FAO/SHO Expert Committee on Food Additives (JECFA) published an information sheet in April 2012 summarizing their evaluation on ractopamine.  Soon after, Codex voted to adopt a Maximum Residue Limit (MRL) of 10 ppb for ractopamine in pork and beef.”

Despite this decision, many countries like China, Russia and the EU continue to ban its use and it is not used at all in pork production in Taiwan.  It is, however, approved for use in the U.S., Canada and Mexico.  The MRL in the U.S. is 50 ppb which is much higher than limit approved by Codex.

The KMT or Kuomintang, the main opposition party of President Tsai Ing-wen’s ruling Democratic Progressive Party (DDP) in Taiwan, claims ractopamine threatens food safety and has called on President Tsai to defend the decision to allow U.S. imports of pork that contain this additive. 

The question that still remains is how ractopamine affects human health. It has been approved by the FDA who requires specific studies to determine how a formulated product like ractopamine behaves in both animal and people.  “In controlled safety and efficacy studies involving thousands of pigs, and a 20-year track record of safe use in hundreds of millions of finishing pigs, ractopamine has been shown to be a safe and effective feed supplement when administered at 5-10 ppm (4.5-9 grams/ton feed) during the last 21-28 days, corresponding to the last 45-90 pounds of weight gain at finishing.”

“Although the effects of ractopamine on animals is fairly well-documented, the potential health consequences in humans are not.  There is one known study with regard to human health and the main cited symptom was rapid heart rate.  However, it is widely believed that when used according to appropriate veterinary practices it does not cause harm to human health.  The idea is that when the drug is used according to label instructions, any residual levels that may be present in final product intended for human consumption would not be cause for concern.”  Health Canada’s human safety assessment of ractopamine supported these findings.

Some U.S. packers have elected to go ractopamine free

Nonetheless, several U.S. pork packers have elected to process only pigs that are free of ractopamine in order to meet the large international demand for U.S. pork particularly from countries like China and those in the EU that have a zero tolerance for ractopamine in pork.

Meanwhile, in Taiwan, the debate continues as the KMT tries to organize a referendum on U.S. pork imports while the DDP (ruling party) continues to urge the KMT to “stop its political machinations and return to rational discussions.”

Lily Noon

References:

  1. JBS USA and Tyson Stop Using Ractopamine, www.pigprogress.net
  2. 3 Key Facts to Know About Ractopamine, Merieux NutriSciences
  3. Thousands Join Taiwan Protest, Anger Focused on U.S. Pork, Reuters
  4. Pork From Ractopamine-Fed Pigs is Safe for Consumption, MSU

台北で11月、複数の労働団体が主催する「秋期闘争」が行われ、数千人の抗議活動者で街頭が埋め尽くされました。参加者の怒りは、飼料の添加物にラクトパミンを使用している米国産豚肉の輸入を許可した現政権の最近の決定に向けられました。この新しい決定は、2021年1月から施行されます。

ラクトパミンとは?  簡単に説明すると、ラクトパミンは、飼料の添加物で、肉の赤身を増やす成長促進剤です。通常は、解体処理の数週間前に使われます。飼料の消費量を減らしながらも成長を促進するため、効率が良く、脂身に対する赤身の比率を高める効果があります。

国連の食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)が合同で設置した食品添加物に関する合同専門家委員会(JECFA)と国際コーデックス委員会は、2012年4月に発行した情報シートで、ラクトパミンの評価結果の概要を説明しました。その後まもなく、コーデックス委員会は、豚肉と牛肉のラクトパミン残留基準値として10ppbを採択しました。

しかし、この決定後も、中国、ロシア、EUなど多くの国がラクトパミンの使用を禁じていて、台湾の豚肉生産ではいっさい使われていません。一方、米国、カナダ、メキシコでは使用が認められています。米国の残留基準値は50ppbですから、コーデックス委員会の承認した上限をはるかに上回っています。

台湾の蔡英文総統が率いる与党は民主進歩党ですが、最大野党の中国国民党は、ラクトパミンが食品安全性を脅かすとして、これを使用している米国産豚肉の輸入を許可した蔡総統の決定を非難しています。

ラクトパミンが人間の健康にどのように影響するかは、なおも解明されていません。米国の食品医薬品局(FDA)は、ラクトパミンのような調合製剤が動物と人間の両方にどのように作用するかを見極める具体的な研究を義務付けていますが、そのうえでラクトパミンの使用を承認してきました。「数千匹のブタを対象として行われた安全性・有効性の管理下研究と、過去20年にわたり数億匹という仕上げ期のブタで安全に使用されてきた実績から、ラクトパミンは、最後の21~28日間、すなわち仕上げ期の最後の45~90ポンド(約20~40kg)の重量増に用いられ、かつ5~10ppm(飼料1トン当たり4.5~9グラム)で使用されれば、安全かつ有効な飼料添加物であることが証明されてきた」。

「ラクトパミンが動物に及ぼす影響は、比較的よく研究されてきたが、人間の健康に及ぼす可能性は、あまりよく研究されていない。人間の健康に関係する既知の研究は1件あり、指摘された主な症状は、心拍数の高まりである。しかし、適切な飼育の実践方法に則って使用されれば、人間の健康にとって有害ではないという見方が、広く浸透している。つまり、ラベル表示に従って使用すれば、人間が消費する最終食品に含まれ得る残留レベルは懸念を引き起こさないという見方だ」。カナダ保健省が行ったラクトパミンの人体安全性評価が、この結論を支持しています。

米国の一部のメーカーは、ラクトパミンの使用をやめています

とはいえ、米国のいくつかのメーカーは、米国産の豚肉に対する海外からの大きな需要に対応するため、ラクトパミンを使用していない豚肉のみを出荷するようになっています。特に中国やEU加盟国など、豚肉のラクトパミン残留許容値をゼロとしている国からの需要があるためです。

その間にも台湾では、中国国民党が米国産豚肉の輸入に関する国民投票を組織化しようとしていて、一方の民主進歩党は、「政治的な駆け引きをやめ、理性的な議論に戻る」よう中国国民党に促していることから、今後も議論が続く見通しです。

参考文献:

  1. JBS USA and Tyson Stop Using RactopamineJBS USATyson、ラクトパミンの使用を停止)、pigprogress.net
  2. 3 Key Facts to Know About Ractopamine(ラクトパミンについて知っておくべき3つの主な事実)、Merieux NutriSciences
  3. Thousands Join Taiwan Protest, Anger Focused on U.S. Pork(数千人が台湾の抗議デモに参加、米国産豚肉に怒りが集中)、Reuters
  4. Pork From Ractopamine-Fed Pigs is Safe for Consumption(ラクトパミン使用の豚肉は消費に安全)、MSU

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.