Crop News

U.S Planting Begins for New Season Peas and Potatoes

11
3
English
日本語

United States

Potato and pea planting should commence this week or next.  Grower negotiations are still ongoing.  Grower prices for raw material sweet corn is expected to increase about 10% to 15% this year in the Northwest while we have heard Midwest region expecting increases of as high as 20%.

USDA predicts farmers will plant increased aceage for wheat, soybean and field corn.   Field corn alone could represent an increase of 1.2 million acres which could be the largest field corn acreage planted in the last 16 years.  

Processors are competiting against wheat, soybean and field corn acreage which command higher prices for the growers.   Competing higher cost crops are cause for tense negotiations between growers and frozen processors and will reflect in frozen finshed product price this coming season.  Some predict frozen sweet corn prices to be up by .02/lb – .05/lb.  This does not take into account higher trucks costs and for international business higher ocean freight rates.

Frozen Fruit stocks in the U.S are down 18% – 20% from last year.  To secure any U.S. offer on strawberries, blueberries, raspberries and blackberries is pretty much impossible at the moment. 

Frozen potato exports are down about 17% July – Dec 2020, however exports seem to be picking up in the last month.   Storage potatoes should be able to get most processors in the U.S. through to new season, but if foodservice recovery  continues at a faster pace there could be some supply shortages.

Canada

Supply shortfalls on raw material potatoes have slowed down processing production in Canada.

Mexico

Now in peak production for both broccoli and cauliflower, quality and yields are reported as good and factories are running at capacity.   Weather conditions are warm and sunny.   Mexico’s organic cauliflower season will start up again in April and run through June.

Spinach season in Mexico is now underway and is expected to run through April/May.  

Blueberries and raspberry season are ongoing.

Guatemala

Broccoli harvest for most in this area is winding down.  Conditions were good with plenty of rain to push crops along.   Guatemala’s okra and green zucchini season is underway.   Mango and melon season will begin at the end of this month.

Chile

Fruit season in Chile has been very challenging.   A devastating storm at the end of January damage crops.  Grape crops were particularly hit hard , however, blueberries, raspberries and strawberries also suffered much damage. Price are up and inventories will be very tight moving forward.   It is estimated that damages from this storm will be over US$150 million.

Europe

Green peas and beans remain very short in Europe with no relief in sight until new season.   Spinach and cauliflower are also short and in high demand.

In the global frozen French fry market there is stiff competition from Europe due to the volume of processing potatoes harvested this season.   Prices are low coming from Europe.   Due to covid 19 virus the demand in Europe for potatoes on open market are extremely low causing prices to drop.   Most processors are running factories at 80 to 90% capacity.   

It has recently been reported that potato growers in Europe will reduce their potato acreage this year in order to rebalance the market.

Potato processors in Europe are facing many challenges aside from the covid challenge.   The 2020 season was the first season in which CIPC was not allowed to be sprayed to prevent sprouting in storage potatoes.   Storage has become more expensive and the new anti-sprouting treatment is expensive and not working as well as CIPC…. some sprouting is still occurring.

Thailand

Tin plate prices for Q2 are predicted to rise by 10% – 15%.  This will reflect in final product can corn prices as processors will not be able to maintain the current price levels. The peak of Thailand’s current harvest took place in February.

Egypt

Transport and pandemic issues has prevented Egypt from planting more strawberry acreage, however prices remain stable.

China

Sweet Corn was affected by strong weather patterns.  Wind and Rain were reported in the growing regions.  Raw Product has been forecasted to be lower than predicted. 

Edamame season in China has been affected by heavy rains and flooding and reduced yields are anticipated.  Prices have increased dramatically, and limited product is available.

Water Chestnut season is underway, but the outlook is not good.   Due to low prices last year, acreage was cut by approximately 1/3 and weather-related problems such as rain will affect the yields.

アメリカ合衆国

ジャガイモグリーンピースの植え付けは、今週か来週にも始まるでしょう。生産者との交渉は今も続いています。スイートコーン原材料の生産者価格は、北西部では今年10~15%前後の値上がりが予想されていて、中西部からは最大20%という声も聞こえてきます。

米国農務省では、小麦大豆フィールドコーンの作付面積が増えると予測しています。フィールドコーンだけでも120万エーカー(約48万6,000ヘクタール)の増加となり、過去16年間で最大の作付面積となる可能性があります。

小麦大豆フィールドコーンの畑を確保すべく加工業者が競争していますので、生産者価格が高くなるでしょう。生産者と冷凍加工業者の交渉に緊張が走っている理由は、コストの高い作物との競争です。今シーズンは、これが冷凍食品の完成品価格にも反映されるでしょう。冷凍スイートコーンの価格が1ポンドあたり2~5セント上がるという予想も一部にあります。この予想には、輸送トラックのコストと国際貿易の海運コストの値上がりは加味されていません。

米国の冷凍果物の在庫は、昨年と比べて18~20%減っています。米国産のイチゴブルーベリーラズベリーブラックベリーは、現時点で確保がほぼ不可能になっています。

冷凍ジャガイモの輸出は、2020年7月から12月の間に約17%減となりましたが、先月は少し持ち直したようです。貯蔵ジャガイモがあるため、米国の加工業者のほとんどは、次のシーズンまでしのぐことができるでしょう。ただし、外食産業の回復が思った以上のペースで続けば、一部に供給不足が生じる可能性もあります。

カナダ

ジャガイモ原材料の供給不足により、カナダでは加工生産が減速しています。

メキシコ

ブロッコリーカリフラワーが最盛期を迎えていて、質・量ともに良好と伝えられています。工場はフル操業をしています。天候は晴れて暖かです。オーガニックのカリフラワーのシーズンは、4月に再び始まり、6月いっぱい続きます。

ホウレンソウは現在シーズンが進行中で、4月または5月いっぱい続く見通しです。

ブルーベリーラズベリーも収穫が行われています。

グアテマラ

この地域のほとんどの生産者でブロッコリーの収穫が終わりつつあります。状況は良好で、雨も十分にあり、作物が成長しています。オクラグリーンズッキーニのシーズンは、現在進行中です。マンゴーメロンのシーズンは、今月末から始まります。

チリ

チリでは果物のシーズンが非常に苦戦しています。1月終わりの暴風雨で大きな被害が出ました。特に打撃を受けたのはブドウですが、ブルーベリーラズベリーイチゴもかなりの被害となりました。今後価格が上がり、在庫が非常に厳しくなるでしょう。この暴風雨の被害額は、米ドルで1億5,000万ドルを超えると見積もられています。

ヨーロッパ

ヨーロッパではグリーンピースサヤインゲンが非常に不足しており、次のシーズンまで解決の見込みはありません。ホウレンソウカリフラワーもやはり不足していて、大きな需要があります。

冷凍フライドポテトの市場は世界的に競争が激化しています。ヨーロッパで今年収穫されたジャガイモの加工量が増えたためです。ヨーロッパ産の価格は低めです。パンデミックの影響で、オープン市場のジャガイモに対するヨーロッパからの需要がきわめて低く、価格が下落しています。ほとんどの加工業者は、工場の稼働率が80~90%です。

ヨーロッパのジャガイモの加工業者は、コロナウイルス以外にも多くの困難に直面しています。2020年のシーズンは、貯蔵中の発芽を防止するクロルプロファム(CIPC)の噴霧が禁止された初のシーズンでした。このため貯蔵コストが高くなりました。代替の発芽防止法がCIPCよりも高価なうえ、CIPCほど効果的でなく、一部で発芽が生じたためです。

タイ

ブリキの価格が第2四半期に10~15%上がると予想されています。この値上がりは、缶詰トウモロコシの完成品価格に表れるでしょう。加工業者が現在の水準を維持できなくなるためです。タイの現在の収穫シーズンは2月が最盛期でした。

エジプト

輸送とパンデミックの問題により、イチゴの作付面積が増加しませんでした。ただし、価格は安定しています。

中国

スイートコーンは、悪天候の影響を受けました。生産地で暴風雨が報告されています。原材料は、予想を下回る見込みです。

中国のエダマメのシーズンは、豪雨と浸水の被害を受けました。生産量が下がる見通しです。価格が劇的に上昇し、品薄の状態です。

シログワイのシーズンは進行中ですが、展望は明るくありません。昨年の低価格を受けて、作付面積が約3分の1減らされたうえ、雨などの天候の問題があったため、生産量に影響するでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.