Trending

In Search of Restaurant Survival as Consumers Demand More Affordable and Safer Food

11
10
English
日本語

Throughout the world, COVID-19 has changed the way people dine both inside the home and out. Public attitude towards restaurants and choice of eating places has changed.  Restaurant owners have had to become more innovative and adapt to these differences in order to keep their businesses open and hopefully, profitable. Some are ready and anxious to return to “business as usual”, while others continue to offer different alternatives as they reinvent themselves in light of COVID-19.    How to make meals more affordable?  Will consumers elect to order food from fine dining establishments to eat at home?  What will happen when things return to normal?

As an example, chef Rene Redzepi has temporarily converted his Michelin 2-star restaurant, Noma, in Copenhagen to a hamburger joint! It’s hard to believe that the winner of the title “World’s Best Restaurant” (four times) would take such drastic steps.  Now, instead of catering to the tourist crowd willing to spend lavishly in search of excellence and fine dining, he offers a simpler menu at better pricing to the locals.  Hamburgers and a wine bar – no reservations required! Considering its popularity, one wonders how “temporary” this will be.

The Noma Burger

And in China?

Unlike the USA and in many parts of the world, most restaurants in China were allowed to reopen in March 2020.  However, consumers didn’t just rush in – they were more cautious due to monetary restrictions and continued fear of COVID-19.  Many high-end branded restaurants had already begun to switch to new, more affordable options, expanding on a trend that began prior to virus.  The famous restaurant in Shanghai, Yong Fu, for example, opened a less-expensive Bistro in 2019 aimed more at the middle-class; Xin Rong Ji (high end restaurants throughout China) opened a new restaurant Xiao Rong Guan serving spinoffs of their famous dishes at more affordable prices.

Then there are those like Fu Yisheng, owner of the restaurant group Yanyu, who is trying to develop ways to deliver the meal components to his customers with instructions on how to cook at home.  This possible alternative is not so costly.  “We are searching for ways to provide some of our restaurants’ meals for consumers to cook at home, while instructing them on how to do it so it turns out just as good as it is in the restaurant.  After COVID-19 crisis, customers increasingly want quality for an affordable price.”

In the USA, online food delivery platforms (third party delivery) and restaurant self-delivery were already in use and gaining popularity before COVID – they are estimated to reach $45 billion this year – much due to the ease of ordering with mobile apps. This is expected to continue and increase even after COVID-19. Customer pick up also remains popular

The trend everywhere is definitely to more affordable eating.  Good value for money.  The busy restaurants in China are ones that are mid-range and cater to customers who expect tasty food at reasonable prices.  All you have to do is look at the crowded places serving BBQ and hot pot to know this is true.

Hot pots are popular

Finally, throughout the world COVID-19 has resulted in consumer demand for safer food.  In China, home to many previous food scandals, food safety was already high on the trending list even before the virus. Here in the USA we have the FDA’s New Era to Smarter Food Safety, a strengthened food safety blueprint for consumers, growers, producers and distributors of food products alike.

Lily Noon

References:

  1. China offers insight into what restaurants could look like post-COVID, www.weforum.org
  2. Coronavirus batters China restaurants and eateries as millions of workers struggle to return to work, www.cnbc.com
  3. World’s Best Restaurant Ooma Reopens as a Cheeseburger Joint, www.bloomberg.com
  4. Facing Backlash, Restaurant Chains Haidilao, Xibei Apologize for Raising Prices, www.sixthtone.com
  5. China’s Cash-Strapped Millennials Embrace a New Trend: Thrift, www.sixthtone.com

新型コロナウイルス感染症は、世界中で外食と内食の両方の食事のあり方を変えました。レストランに対する態度や食べる場所の選び方が変化しています。レストラン経営者は、事業の存続をかけ、そして願わくば利益を上げるために、この変化に創意工夫で順応することを余儀なくされています。「これまでどおり」の営業に戻る用意がある、ぜひともそうしたいと考える経営者がいる一方で、コロナ時代の再創生として別のあり方を続けていこうとする経営者もいます。どうすればメニューの価格帯を下げられるのでしょうか? 高級レストランの食事を注文して自宅で食べようとする人がいるものなのでしょうか? 通常どおり営業できるようになったとして、その時点で何が起こるのでしょうか?

例えば、シェフのRené Redzepi氏は、ミシュランで2ツ星を獲得したコペンハーゲンのレストラン「Noma」を、一時的にハンバーガー店に変更しました! 「世界最高のレストラン」の称号を(4度)獲得した店がこれほど思い切った策を講じるとは、信じがたいことです。今では、極上の料理と雰囲気に大金をはたこうとする観光客相手ではなく、地元客をターゲットにして、シンプルなメニューをより良い価格で提供しています。ハンバーガーとワインバーで、予約は必要ありません! でも、その人気を見るかぎり、これがどこまで「一時的」なのだろうかと思わずにはいられません。

Nomaバーガー

中国の状況は? 

米国や他の多くの国とは異なり、中国では2020年3月にレストランの営業再開が許可されました。とはいえ、客足が戻っているわけではありません。所得減の問題があるうえ、感染リスクへの警戒心も引き続きあるため、消費者は以前より慎重です。すでに高級レストランの多くが、より手頃な価格の新しいスタイルに切り替え始めていて、コロナ以前に始まっていたトレンドを広めつつあります。例えば、上海の有名店「甬府(Yong Fu)」は2019年に、もう少しミドルクラスの客層を狙った廉価版のビストロをオープンしていました。中国各地にある高級レストランの「新栄記(Xin Rong Ji)」は、新たに「栄小館(Xiao Rong Guan)」のブランドを追加して、代表料理のスピンオフを比較的手頃な価格で出しています。

さらに、レストラン・グループ「宴遇(Yanyu)」のオーナー、Fu Yisheng氏のように、食材とレシピを配達して自宅で楽しんでもらう方法を開発しようとしているシェフもいます。このアプローチは代替になる可能性があり、それほど高くありません。「当社のレストランの食事を消費者に届けて、家庭で作ってもらう方法を模索しています。作り方を説明して、レストランで食べるのと同じぐらいおいしい料理にする方法です。コロナ以来、手頃な価格で高い品質を求めるお客様が増えています」。

米国では、オンラインのデリバリーサービス(サードパーティーの配達)とレストランが自ら提供するデリバリーサービスが、コロナ以前から使われて人気を拡大しつつありました。デリバリー市場は年間売上高が450億ドルと見積もられていて、簡単に注文できるモバイルアプリがこれに大きく貢献しています。このトレンドは、コロナ後も継続し、拡大していくと見られています。一方で、テイクアウトも依然として人気です。

あらゆる場所で明らかに見られるトレンドは、今までよりも安価な食事。値段の割にお得感があることが重要です。中国で繁盛しているレストランは、価格帯としては中間にあり、リーズナブルな価格でおいしい食事を期待する客層を狙ったレストランです。焼肉や鍋料理などの店が混んでいるのを見れば、これは明らかです。

鍋料理が人気

最後に、新型コロナウイルスは、より安全な食品に対する消費者の要求を世界中で高めました。  中国では、これまで多数の食品スキャンダルがありましたが、以前にも増して食品安全性がトレンディングトピックの上位に入っています。ここ米国では、食品医薬品局(FDA)が「スマートな食品安全性の新時代」を発表して、食品の消費者、生産者、メーカー、流通業者などを巻き込んで食品安全性を強化するためのブループリントを策定しました。

Lily Noon

参考文献:

  1. China offers insight into what restaurants could look like post-COVID(中国が示すコロナ後のレストランのあり方についての洞察)、weforum.org
  2. Coronavirus batters China restaurants and eateries as millions of workers struggle to return to work(新型コロナウイルスが中国のレストランや外食店に打撃、数百万人の労働者の復職難が影響)、cnbc.com
  3. Worlds Best Restaurant Ooma Reopens as a Cheeseburger Joint(世界最高のレストラン「Noma」がチーズバーガー店として営業再開)、bloomberg.com
  4. Facing Backlash, Restaurant Chains Haidilao, Xibei Apologize for Raising Prices(レストランチェーン「海底撈(Haidilao)」と「西貝(Xibei)」、値上げで批判受け謝罪)、sixthtone.com
  5. Chinas Cash-Strapped Millennials Embrace a New Trend: Thrift(困窮する中国のミレニアルが向かう新トレンドは「倹約」)、sixthtone.com

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.