Food Safety

Produce Industry Still Facing Food Safety Challenges

9
12
English
日本語

On November 20, 2018, the FDA warned consumers to avoid romaine lettuce after linking it to a new outbreak of foodborne illness. People began reporting illness between October 8 and October 30, with 32 reported illnesses across 11 states at the time of the first announcement. This includes 13 people who were hospitalized.

This latest outbreak announced just before Thanksgiving follows one in the spring that sickened more than 200 people and killed five and another last year that sickened 25 and killed one.  Luckily no deaths have been reported in regard to the most recent outbreak.

Grocery stores pulled romaine lettuce from the shelves, but the demand for lettuce didn’t slow. As consumers turned to other kinds of lettuce to fill the void, the USDA reported significant jumps in prices.

By November 26, the FDA’s investigation yielded new information. In an updated warning to consumers, the FDA narrowed its focus to romaine grown in northern and central California, as well as any romaine from unknown origins. The outbreak had been traced to just six counties: Monterey, San Benito, San Luis Obispo, Santa Barbara, Santa Cruz and Ventura. (Hydroponic or greenhouse-grown lettuce was found safe to eat and was not included in the FDA’s warning.)

As romaine slowly returned to grocery stores and restaurants, the FDA required vendors to label all packaging with its harvest growing region. If the origin of the romaine remained unknown, the FDA instructed consumers and sellers to avoid the risk of illness by disposing of it immediately.

The many incidents of these outbreaks shine a spotlight on the challenges to the produce industry concerning vegetables grown in open fields and eaten raw.  Near by cattle and diary operations that produce huge volumes of manure and tainted irrigation water are part of the problem and the delays in stricter federal food safety regulations are not helping. Buffer zones between fields and livestock are not required by the federal government yet and this is up to the produce industry to decide.   However, FDA regulations on sanitation for workers and equipment which are also sources for contamination have recently been implemented.

2018年11月20日、米国の食品医薬品局(FDA)は、ロメインレタスを避けるよう消費者に警告しました。食中毒の新たな発生が確認されたためです。この警告があった時点で症例の発生時期は10月8日から30日までで、11州で計32件が報告され、13人が入院に至っていました。

サンクスギビングの直前に発せられた今回の警告の前にも、今年春には200人以上が症状を訴え5人が死亡した食中毒、昨年には25人が症状を訴え1人が死亡した食中毒がありました。いずれも原因はロメインレタスです。幸いにも、今回は死者は報告されていません。

食料品店ではロメインレタスが売り場から消え失せましたが、レタスの需要がなくなったわけではありません。消費者が他の種類のレタスを求めた結果、大幅な値上がりが見られたと、米国農務省は報告しています。

11月26日までには、FDAから追加情報が発信されました。その警告では、カリフォルニア州北部と中部で生産されたロメインレタス、および産地の不明なものを避けるようにとされていました。発生源がカリフォルニア州の6つの郡に絞り込まれたのです。それはモンテレー郡、サンベニート郡、サンルイオビスポ郡、サンタバーバラ郡、サンタクルーズ郡、ベンチュラ郡でした(水耕栽培と温室栽培のレタスは安全であることが確認され、このFDAの警告から除外されました)。

ロメインレタスは徐々に食料品店やレストランに戻りつつあり、FDAでは現在、どこで収穫されたかをラベル表示するよう義務付けています。産地が分からない場合はすぐさま廃棄してリスクを回避するよう、FDAは消費者と販売業者に呼びかけています。

食中毒の相次ぐ発生は、屋外の畑で栽培され生で食される野菜と果物に関する懸念にあらためてスポットライトを当てる格好となりました。畑の近くに家畜舎や牧場があって大量の糞が出ることから、灌漑水が汚染され、問題の一端となっています。また、連邦政府による食品安全性の規制強化が遅れていることも影響しています。畑と家畜の間に緩衝地帯を設けることは、連邦政府が義務付けているわけではなく、生産者の判断に任されています。ただし、やはり汚染源のひとつである労働者と器具の衛生に関するFDAの規制は、最近になって導入されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.