Food Safety

Food Safety Start-Up Spore.Bio Raises $8 Million, Aims for Quick Microbiological Results

15
6
English
日本語

“Most of them don’t necessarily have microbiology labs in house,” he said.  “So, what they do is they take samples and send them to external labs, (and) then wait days and days before getting their results.  This puts them in really complex situations because they have to put their products in (the) market before having their microbiological results.  Then, if results come out positive, they have to organize recalls.  This technology would allow them to do tests on site and have the results within seconds.”  Amine Raji

Spore.Bio was founded in 2023 by Amine Raji and is based in Paris, France. His food and beverage manufacturing experience include work at more than 50 factories around the world with companies like Nestle. Spore.Bio aims to help food and beverage manufacturers ensure the safety of their products and avoid expensive recalls.  They have built a device for detecting pathogens immediately – right on the factory floor.  In a recent pre-seed funding round $8 million was raised led by London-based Local Globe VC.  With this funding, Spore.Bio will scientists, researchers, engineers, and industrial teams, and focus its efforts on R&D to help deploy prototypes in processing plants.

This company’s technology uses artificial intelligence and although it is still in development and being constantly updated, it should be ready for use by mid-2025.  It trains its system using advanced learning models to find the concentration of bacteria in food, drink, pharmaceuticals, and cosmetics prior to advising producers of the potential risks.

Our technology combines a photonics innovation with innovative, deep learning models; we take a snapshot of lots of samples of a food product, contaminated and not, and train our algorithm to recognize the microorganism signature,” said Mr. Raji.

Previously sampling would take time and considerable expense – between 5-20 days to get results from external labs, but this technology allows for almost real-time results that are highly accurate.  This gives manufacturers time to address potential problems quickly before going to market with their products.

The company is currently working with food manufacturers who send samples to the lab where the machine learning models are trained on them and validate the performance criteria on their products.  Once this phase is complete those same companies will have first use of the new technology directly at their plants. The waitlist for the first prototypes is already oversubscribed and Spore plans to send hardware and software systems globally in 2025.

AI continues to play an important in solving the risks around pathogens and Spore’s innovative approach is “not just a technological advancement; it’s a stride towards a safer, healthier society and a clear case of how AI can solve real, industrial problems,” giving consumers and manufacturers more confidence in the safety of food today.

Noon International brings you informative and important developments in food safety through monthly reports such as this and is not connected financially or otherwise with Spore.Bio.

Lily Noon

Sources:
1. Food safety startup raises $8 million in pre-seed funding by Brooke Just, January 2, 2024, Food Entrepreneur, foodbusinessnews.net
2. Spore.bio

食品安全性のスタートアップSpore.Bio800万ユーロを資金調達

微生物試験の迅速な結果提供を目指す

「(食品・飲料メーカーの)ほとんどは、微生物試験の施設を社内に持っていません。そこでどうするかというと、サンプルを取得して社外の試験施設に送り、何日も待ってようやく結果を知らされます。このため、本当に複雑な状況が生じます。微生物試験の結果が出る前に製品を市場に送らなければならないからです。そして試験で陽性の結果が出た場合は、製品回収を手配しなければなりません。(Spore.Bioの)この技術は、その場で試験を行って、数秒以内に結果を見られるようにします」― Amine Raji

Spore.Bio2023年にAmine Raji氏が設立した会社で、フランスのパリにあります。Raji氏は、Nestleなどの食品・飲料メーカーに勤め、世界各地の50カ所以上の工場に携わった経験を有しています。Spore.Bioでは、食品・飲料メーカーが製品の安全性を確保し、高価な製品回収を回避できるようにしようとしています。工場のフロアで即座に病原体を検出するための装置を構築しました。そして、ロンドンのLocalGlobe VCが率いたシード前段階の資金調達で800万ユーロを調達しました。この資金を手に、研究者やエンジニア、また業界担当チームを増員して、研究開発を加速し、食品・飲料の加工処理工場に試作品を導入していく計画です。

同社の装置は人工知能を活用していて、今も開発段階にあるため常に変更されていますが、2025年半ばには実用段階に進むと見込まれています。高度な学習モデルを使用してシステムをトレーニングすることで、食品、飲料、医薬品、化粧品の細菌密度を測定し、潜在的なリスクをメーカーに知らせます。

「当社の技術は、フォトニクスのイノベーションと画期的な深層学習モデルを組み合わせています。汚染された食品とそうでない食品のサンプルを大量に使用して、微生物の特徴を認識するためのアルゴリズムに学習させています」と、Raji氏は説明しています。

従来のサンプル試験では、社外の試験施設から結果を聞くまでに5日から20日かかり、それに伴う費用も相当です。しかし、Spore.Bioの技術を使えば、ほぼリアルタイムに結果が得られ、しかも非常に正確です。結果として食品・飲料メーカーは、製品を市場に送り出す前に潜在的な問題にすばやく対応できるようになります。

Spore.Bioは現在、複数の食品メーカーと協力関係にあり、これらのメーカーからサンプルを受け取って機械学習モデルに学習させ、パフォーマンスの規準を検証しています。この段階が終われば、これらのメーカーが導入第1号となって、この技術を工場で使用するようになります。この初代の試作品に対して、すでに予約が殺到しています。Spore.Bioでは、2025年にこのハードウェアとソフトウェアのシステムを世界各地に出荷する予定です。

人工知能は病原体にかかわるリスクを解決するうえで引き続き重要な役割を担っていますが、Spore.Bioの画期的なアプローチは、「技術進歩であると同時に、より安全で健康な社会に向けた大きな一歩であり、また人工知能が産業界の現実の問題をどのように解決できるかを示す好例」でもあります。現代の食品安全性に関して、消費者とメーカーに自信をもたらしています。

Noon Internationalでは、この記事をはじめとする毎月の記事を通じて、食品安全性に関する重要な展開についての情報をお届けしています。Spore.Bioとの財務的な関係やその他の関係はいっさい有していません。

出典:

  1. Food Entrepreneurwww.foodbusinessnews.net/articles/25278-food-safety-startup-raises-8-million-in-pre-seed-funding
  2. Food Business News、Food Safety Startup Raises 8 Million in Pre-Seed Funding(食品安全性のスタートアップがシード前段階で800万ユーロを調達)、著:Brook Just、2024年1月2日
  3. Spore.Bio ― http://www.spore.bio

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.