Crop News

April Freeze Plus Snow Hurt Northwest Vegetable And Fruit Crops

12
5
English
日本語

United States

Green pea planting is completed. Recent cold weather and snow delayed plantings and we could see some reduced crop yields due to the unusual weather conditions in April. We do not anticipate a start date on green pea harvest until the early part of June.

Sweet corn plantings are underway and to date about 25% to 30% of the crop has been planted in the Pacific Northwest. Reports indicate that the April cold and snow will not affect the sweet corn crop.

Securing enough contracted acreage has been a struggle as growers have many other more profitable options to consider and processors are paying more to the growers this year. Double cropping with corn after peas for late season corn has not been as attractive to growers this season. Most processors are planning on same volumes as last season or even a little less.

Grower contracts are placed for potatoes, peas and corn and grower prices are up between 30% to 40% in the Northwest. Higher grower prices, higher fertilizer prices, higher energy costs, increased transportation costs and lack of labor, are pointing to a .10/lb. to .15/lb. rise in prices. Securing labor continues to be an issue and it is becoming more difficult to employ enough combine drivers to harvest the crops.

Grower contracts in the Colombia Basin for 2022 season potatoes are completed with the increase in volume focused on early variety potatoes. Input costs for the 2021 season were up by about 15% to 20%. 2022 will bring costs up another 18% to 22%. The 2022 potato crop will be the most expensive potato crop ever planted due to grower concerns about rising costs.

Potatoes plantings in Idaho and the Colombia Basin have resumed after a stop due to the cold and freeze in April and crop development has been set back.

 Raw product supplies could fall short this coming season due to the high demand both domestically and abroad for French fries and all types of processed potatoes. As well growers may choose not to grow as much due to the continually rising costs. The Colombia Basin has less potatoes in storage compared to last season at this same time and had been bringing in raw material storage potatoes from the East. Processors were hoping to fill the gap with early variety potatoes, however with the unusual cold and snow in April which has delayed growing and planting we could see some processors harvesting early variety potatoes before they are ready. Potato processors are facing one of the most challenging years in a very long time.

Onion yields are down 20% – 40% in Oregon and Idaho this past season due to the unusual higher heat. While the quality is reported as average the onions did not size up due to the heat, causing reduction in yields. U.S. suppliers are sold out.

Asparagus season in the Northwest is delayed by about 2 weeks and much of the fields are lost and will not be harvested due to temperatures as low as 24F to 25F and snow.

Washington State will most likely see a smaller cherry crop this coming season. The late April cold temperatures and snow will damage some of the cherry crop. Predications are that the middle of the season will be the most difficult.

Michigan area fruit crops will be hurt by record cold temperatures. Cherries, apricots and peaches will all see some losses.

Canada

North American Potato Market News has reported that Canada is expected to see a 5,000 acre reduction in potato planting for 2022. Most contracts are completed with many growers reluctant to grow potatoes due to rising input costs. Contract prices were up by about 20% for 2022.

Mexico

Broccoli and cauliflower are underway. It was a very rainy summer season in Mexico causing lots of mold, undesirable quality, and low yields to both broccoli and cauliflower. The excess rain also hindered new season plantings which resulted in a late start to the new season. Cooler weather has also slowed the crop.

In addition, recent weather events such as changes in average temperatures, rainfall and wind has reduced yields. Mexico has suffered through the last two years of increased costs for fertilizers, chemicals, fuel, electricity and labor. High grain prices have moved many growers away from growing broccoli and cauliflower as well as other vegetables. As a result processing volumes are stuggling and prices are high.

Pepper season is ongoing in Mexico with cool weather and a slow start to the season.

Mexico’s mango season is underway and will run through May. Both Tommy and Kent varieties are available.

 The Mexican government implemented a mandatory minimum wage increase of 22% effective January 1, 2022.

Guatemala

Cooler weather affected yields for both snow peas and sugar snap peas this season in Guatemala. Mango season ongoing.

Chile

Chile continues to struggle with all fruit and vegetable crops due to recent drought issues and water shortages.Some factories are only running at 75% to 80% capacity. Temperatures are warm and manual labor has been difficult to come by. With few mechanical harvesters available it has proven to be a difficult berry season. Raspberries especially are in tight supply.

Colombia

Heavy rains impacted the mango season with lower volumes. Avocado season has been reported as a good one in Colombia.

Peru

Peru plans to increase its avocado production and its share of the global market. Avocado shipments to international markets grew by about 30% in 2021. The Netherlands is the main destination for this fruit, followed by Spain and the North American market. Peru’s mango prices have increased recently due to high demand, rising production and transportation costs.

Europe

Green peas and beans still remain short in Europe until the new season commences in June/July. Last season heavy rain and hail hit most of Europe and crops (peas, corn, beans) struggled as fields were too wet to harvest. Both Belgium and the Netherlands had difficulties with producing their crops in 2021.

Raspberries in short supply ex Serbia due to heat and rain during the 2021 season. Demand is high as well.

North Western Europe had one of its most humid summers (2021) in the last decade. Some areas of Belgium and Western Germany experienced historic high rainfall. Lower yields caused by blight, hollow hearts, and cracks hindered Europe’s 2021 potato crop.

Predications mention that European growers could reduce their potato acreage in 2022. High costs for fuel, fertilizer, chemicals and labor are encouraging growers to plant other crops which benefit from less capital and lower risk. Some of the strongest grain prices in years is enticing growers to switch from potatoes to grains.

Hungary

Due to very strong European retail demand the price for raw material sweet corn used for canning and freezing has gone up by 50%. Some say as high as 60%. There has also been an acreage reduction of 20%, due primarily to growers having other crops to grow which command higher prices with less input costs. These factors will increase prices for canned and frozen corn coming out of Hungary. Price increases could be as high as 50% for canned corn, especially considering the increased cost for tin plate of almost 50% higher compared to last year.

China

Prices for Strawberries out of the Sichuan China region have almost tripled due to the cold weather there and a reduced crop.

Onion is at the end of its off season. Peak season will commence middle July.

Queues of container ships still sit outside of major Chinese Ports. China is experiencing its biggest spike in Covid – 19 infections since the initial outbreak.

With a now 0 covid policy, manufacturing and logistic issues continue to mount.

With many remaining home due to covid restrictions there is a limited amount of truck drivers. Drivers must have a negative covid test for 48 hours in order to drive and this is complicating matters more. Truck costs are skyrocketing, and prices continue to go up. It is very difficult to get products in and out of China, especially in Shanghai where a complete covid lockdown is causing severe supply chain disruptions

アメリカ合衆国

グリーンピースの植え付けは完了しました。最近の冷え込みと雪で植え付けに遅れが生じました。この季節外れの4月の天候のせいで、収穫が多少減るかもしれません。グリーンピースの収穫は、6月前半まで始まらないでしょう。

スイートコーンは植え付けが進行中で、太平洋岸北西部ではこれまでに25~30%が植え付けられました。4月の冷え込みと雪はスイートコーンの収穫には影響しないだろうと伝えられています。

十分な作付面積の契約を確保するのが困難になっています。生産者にはもっと収益の見込める選択肢がたくさんあり、今年は加工業者が高い価格を生産者に払っているためです。グリーンピースの後にトウモロコシのシーズン後期に向けて二毛作をするのが、今年は生産者にとって魅力的な選択肢ではなくなっています。ほとんどの加工業者は昨シーズンと同量か、場合によってはやや少なめの生産を予定しています。

ジャガイモグリーンピーストウモロコシは生産者契約が結ばれていて、北西部では生産者価格が30~40%高になっています。生産者価格だけでなく、肥料と燃料、それに輸送のコストも上がっていて、しかも労働力が不足しているため、価格は1ポンドあたり10~15セントの値上がりとなる見込みです。労働力の確保が引き続き問題となっていて、収穫用コンバインの運転手を雇うのがますます難しくなっています。

コロンビア盆地ジャガイモの2022年シーズンの生産者契約は完了しました。契約量の増加は、主に早生品種のジャガイモに集中しています。2021年には投入コストが約15~20%上昇しましたが、2022年はさらに18~22%高くなるでしょう。2022年に収穫されるジャガイモは、史上最高値となるでしょう。生産者がコスト増を懸念しているためです。

アイダホ州とコロンビア盆地のジャガイモは、4月に気温が氷点下に下がった後に再開されましたが、生育に遅れが出ています。

フライドポテトとあらゆるタイプの加工済みジャガイモに対して国内外の両方から大きな需要があるため、今シーズンは原材料供給が不足するかもしれません。コストが引き続き上昇しているため、生産者がそもそも栽培しないことを選ぶ可能性があります。コロンビア盆地では、この時期のジャガイモの在庫が昨シーズンに比べて少なく、原材料用の貯蔵ジャガイモを東部から仕入れています。加工業者は、早生品種のジャガイモで不足分を補うことを期待していましたが、季節外れの冷え込みと雪が4月にあったことで生育に遅れが生じたため、一部の加工業者は、早生品種のジャガイモが完全に生育する前に収穫するかもしれません。ジャガイモの加工業者にとって、ここ数年間は、かなり長い間にわたって経験したことのない困難な状況となっています。

タマネギは、昨シーズン、異常な暑さのせいでオレゴン州とアイダホ州の収穫が20~40%減となりました。品質は平均的と伝えられていますが、暑さによりサイズが小さくなったため、生産量に響きました。米国のサプライヤーは完売となっています。

北西部のアスパラガスのシーズンは、2週間ほど遅れています。気温が氷点下4℃前後にまで下がり、雪にも見舞われたせいで、畑の大部分が失われてしまい、収穫はできないでしょう。

ワシントン州のチェリーは、今シーズンは減産になる可能性が大です。4月末に発生した寒気と雪が、チェリーに被害をもたらすでしょう。シーズン中盤が最も難しくなるはずです。

ミシガン州の地域では、記録的な寒さを受けて、果物に影響が出るでしょう。チェリーアプリコットモモがいずれも、何らかの被害を出しています。

カナダ

North American Potato Market Newsによると、2022年はカナダのジャガイモの作付面積が5,000エーカー(約2,000ヘクタール)減少する見込みです。契約はほぼ完了しています。投入コストの高騰を受けて、多くの生産者がジャガイモの植え付けに消極的です。2022年の契約価格は約20%値上がりしました。

メキシコ

ブロッコリーカリフラワーのシーズンが進行中です。メキシコは非常に雨の多い夏になりました。カビが発生して品質が下がり、ブロッコリーカリフラワーとも収穫が減っています。この雨は新シーズンの植え付けにも影響し、開始時期が遅れました。低気温でその後の生育も減速しました。

加えて、平均的な気温、降雨量、風の変化といった最近の天候を受けて、生産量が下がっています。メキシコでは過去2年間にわたり、肥料、化学品、燃料、電力、人件費の高騰が問題となってきました。穀物価格が高いため、多くの生産者が、ブロッコリーカリフラワー、その他の野菜から切り替えています。この結果、生産量の確保に困難が生じて、価格が高くなっています。

ピーマンはシーズンが継続していて、涼しいため今年は遅めの開始です。

メキシコのマンゴーのシーズンは現在進行中で、5月いっぱい続きます。トミー種とケント種の両方が入手可能です。

メキシコ政府は、2022年1月1日以降、最低賃金の22%引き上げを義務付けました。

グアテマラ

涼しい天候のせいで、今シーズンのサヤエンドウスナップエンドウの両方の収穫量に影響が及びました。マンゴーのシーズンは継続中です。

チリ

すべての果物野菜が苦戦していて、最近の干ばつと水不足の影響を受けています。一部の工場では、稼働率が75~80%に留まっています。気温が高く、労働力の確保が難しい状態が続いています。機械で収穫している畑はほとんどないため、ベリー類は困難なシーズンになっています。ラズベリーは特に供給不足です。

コロンビア

多雨の影響を受けて、マンゴーの収穫量が減りました。コロンビアのアボカドのシーズンは順調だと伝えられています。

ペルー

ペルーでは、アボカドの生産を増やして、世界市場でのシェアを拡大しようとしています。国際市場へのアボカドの出荷量は、2021年に約30%増となりました。主な出荷先はオランダで、次いでスペイン、北米となっています。ペルーのマンゴーは、最近、値上がりしました。需要が拡大したことに加え、生産コストと輸送コストが上昇したことが原因です。

ヨーロッパ

ヨーロッパでは、依然としてグリーンピースサヤインゲンが不足しています。6月から7月にかけて新シーズンが開始されるまでは、この状況が続くでしょう。昨シーズンは、ヨーロッパのほぼ全域が大雨と雹に見舞われ、作物(グリーンピース、トウモロコシ、サヤインゲン)が苦戦しました。畑の水分が高すぎて収穫できなかったためです。ベルギーとオランダはどちらも、2021年の収穫に困難を来しました。

セルビア産のラズベリーは供給不足で、これは2021年シーズンの暑さと多雨によるものです。需要も大きい状態です。

ヨーロッパ北西部では、2021年、過去10年間で最も湿気の高い夏のひとつとなりました。ベルギーとドイツ西部の一部の地域が、歴史的な大雨に見舞われました。ヨーロッパのジャガイモは、胴枯れ病や中空、実割れといった問題が生じて、2021年の収穫量が下がりました。

ヨーロッパでは2022年のジャガイモの作付面積が減るという予測が見られます。燃料、肥料、化学品のコストが上がり、人件費も高騰しているのを受けて、資本をあまり必要とせず、リスクも低い他の作物を植える生産者が出るでしょう。穀物価格が過去数年で最高水準になっていることから、ジャガイモから穀物への切り替えに追い風が吹いています。

ハンガリー

ヨーロッパの小売市場で需要が非常に拡大しているため、缶詰および冷凍の原材料となるスイートコーンの価格が50%値上がりしました。一部には60%だという声もあります。また、作付面積も20%減少しています。生産者にとって比較的少ない投入コストで有利な価格を付けられる他の作物があることが主な原因です。これらの要因から、ハンガリー産の缶詰・冷凍トウモロコシは値上がりするでしょう。値上がり率は缶詰トウモロコシが最大50%に達するかもしれません。特に今年は、ブリキの価格が昨年に比べ50%近く上がっているためです。

中国

四川省産のイチゴの価格は、ほぼ3倍に上がりました。寒気に見舞われ、生産量が減ったためです。

タマネギは、オフシーズンが終わろうとしています。最盛期は7月半ばから始まります。

中国の主要港では、今も沖合に貨物船が列を成して停泊しています。中国では、新型コロナウイルス感染症が当初の発生時以来、最多の状態にあります。

「ゼロコロナ」政策を取っているため、製造や物流の問題が膨れ上がる一方です。

コロナ規制で多くの人が家から出られず、トラック運転手の数に限界が生じています。運転手は48時間以内に検査を受けて陰性を証明する必要があるため、これが事態をさらに複雑化しています。トラック輸送費が高騰していて、他の物価も上がり続けています。輸出も輸入も非常に難しくなっていて、特に完全にロックダウンされている上海では、サプライチェーンに深刻な問題が発生しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.