Crop News

Flooded Fields Could Take A Toll On British Columbia’s 2022 Berry Crop

13
1
English
日本語

United States

Early summer heat took its toll on the Green Pea crop and all processors are 20% to 50% below budget. Temperatures between 105 – 117 degrees made it difficult to keep up with the harvest and many processors had to leave their peas in the ground. Dry land pea fields suffered the most. The pea market continues to remain tight with prices high.

Sweet corn suffered under unusual summer heat which affected the growth of sweet corn and most processors are 15% to 20% under budget. The market is tight with demand domestically and globally very high. Processors are off the market on kernel and cob but those who are not are naming their price.

Yield reductions on potatoes in both the U.S. and Canada have created supply challenges. Quality issues have further reduced the potato yields this season.

 Extreme heat in the Pacific Northwest in June, July, and continuing into August, with unusually high nighttime temperatures, affected potato size and quality. We expect a 15% to 20% reduction in the potato’s for processing this season.

In reference to quality, potatoes are smaller and misshapen which makes it much more difficult to process. Expect 2021 season French fries to be darker in color, have dark tips and be shorter. Some processors are modifying their specifications to be more in line with the quality outcome of the 2021 potato harvest.

Because of the heat stress to potatoes, storage potatoes are not expected to store well over the year which could further reduce yield and production volume. Staffing factories continues to be difficult and will also hinder production volumes this season.

Processors are still trying to buy raw potatoes on the open market, but it is proving difficult with logistic challenges ongoing.

Grower contracts in the Colombia Basin for 2022 season are now completed. We have heard that a 20% increase in raw material price has been contracted.

It is certain that raw product supplies will fall short this year due to the high demand both domestically and export for French fries and all types of processed potatoes.

Onion yields are down 20% – 40% in Oregon and Idaho this season due to the unusual higher heat. While the quality is reported as average the onions did not size up due to the heat causing reduction in yields. U.S. suppliers are sold out.

Fruit growers in the Pacific Northwest (Oregon and Washington) are reporting Raspberry yields off by 30% to 50%. Blackberry yields may be down by 80%. Raspberry crumble volumes are limited due to the smaller size of the crop and also the smaller size of the fruit which reduces the crumbling.

Blueberry crop will be reduced by 20% to 40% depending on the area and grower. All in all, the berry crops in the PNW have been hit hard by the heat and the frozen berry market remains very firm moving forward. Contracts will most likely be prorated and prices increased.

More on Raspberries: Whatcom County harvested approximately 44.5 million lbs. of raspberries this season. This is down about 30.2% compared to the 2020 harvest and down 40% compared to the peak year in 2018. The second lowest total was 45.9 million in 2004. Extreme heat turned raspberries to mush and much of the harvest went to juice. Towards the end of June temperatures in the area rose to 106 degrees F. Overall, U.S. industry yields are down by 40% and prices are at all-time highs with little or no inventory available for sale.

Severe flooding in November and freeze in December may affect the outcome of the upcoming 2022 season in the Pacific Northwest. Flood losses in Whatcom county will result in an estimated 50 Million dollars in overall damages.

While in British Columbia, Canada approximately 1000 acres of blueberry fields still remain under water. Severely impacted growers may need to pull out their plants and replant which will be a large financial expense as well as put pressure on the industry in general. Damage to fields in British Columbia will be assessed after the water recedes. The past few years have been difficult for British Columbia growers with unpredictable weather events and pollination challenges which have resulted in less blueberry yields.

Cherries which are already short in Michigan due to frost and freeze conditions in April/May, are also short in the Pacific Northwest growing areas due to the heat. The high heat stopped the cherries from reaching their full size as well as causing cherries at the top of the trees to shrivel.

U.S. cranberry production is reduced this year due to heavy rains in August and September and lower than expected volumes produced in Wisconsin and Massachusetts.

Prices for all berry fruits worldwide are up and expected to continue to rise due to low inventories coming into the new season and smaller crops this season globally. Covid is still an issue with labor difficult to find and labor costs continuing to rise.

Midwest USA

Higher than normal temperatures during part of the season brought the corn on quickly resulting in bunching hence reducing yields. Pea and beans both came in under budget this past season.

Beet harvest has wrapped up and yields and quality are reported as very good.

Canada

Rain has helped favorably move long season potato varieties such as Russet Burbank along in Eastern Canada, while high heat and dry weather has hurt the Western Canadian potato crop resulting in quality issues and smaller size potatoes.

Wild Blueberry crop in Quebec area was affected by adverse weather conditions and the crop there is projected to be reduced by approximately 50% for conventional and 85% for organic product.

Quebec, Canada’s cranberry production is estimated to be 25% to 30% lower than average due to a cold spring which hindered the crop development.

Mexico

New season broccoli and cauliflower are underway. It was a very rainy summer season in Mexico causing lots of mold, undesirable quality, and low yields to both broccoli and cauliflower. The excess rain also hindered new season plantings which resulted in a late start to the new season. Processors are struggling to meet customer demands and most Mexico processors of broccoli and cauliflower are sold out and not taking on any new business. Processors are being very cautious with any available inventories.

Fertilizer and labor costs are up. The Mexican government implemented a mandatory minimum wage increase of 22% effective January 1, 2022. This along with much higher fertilizer costs and tight inventories have forced all Mexican supplier to increase prices going into 2022.

Avocado production in Mexico is expected to reduce by 8% compared to last year. Due in part to less tree productivity as well as insufficient rain amount and high heat in some areas. International demand for Mexican avocado’s continues to increase.

Raspberry harvest has begun in Mexico with high prices right out of the gate.

Guatemala

Broccoli season continues with good yields and quality due to ample rain needed to grow the crops. Melon season is now underway.

Chile

Blueberry and strawberry season underway. Temperatures are warm and manual labor has been difficult to come by. With few mechanical harvesters available it will prove to be a difficult berry season. Prices are high on all the berry fruits and if product is required, buyers will need to make decisions now to secure product. Coming into fruit season with little or no inventory from last season’s berry crop failures due to heavy rain and frost, Chile is highly anticipating the commencement of their new season crop. However, the struggles are already beginning with high temperatures, lack of labor, social political unrest and Covid making a comeback.

Colombia

Mango season is expected to run through the end of this month. Heavy rains impacted the season and lower volumes are expected. Most processors are sold out.

Europe

Green peas and beans remain very short in Europe with no relief in sight. Heavy rain and hail hit most of Europe and crops (peas, corn, beans) struggled as fields were too wet to harvest. Both Belgium and the Netherlands had difficulties with producing their crops and expectation is that we will see a 20% or more reduction in yields on many products.

North Western Europe had one of its most humid summers in the last decade. Some areas of Belgium and Western Germany experienced historic high rainfall. Lower yields caused by blight, hollow hearts, and cracks have hindered the European potato crop. Processors may be unable to meet customers’ expectations unless demand falls short of last year’s production.

Predications mention that European growers could reduce their potato acreage in 2022. High costs for fuel, fertilizer, chemicals and labor are encouraging growers to plant other crops which benefit from less capital and lower risk. Some of the strongest grain prices in years is enticing growers to switch from potatoes to grains.

A 2021 spring freeze which struck across Europe has damaged most of the stone fruit crop there. Cold and rain in Serbia has delayed blackberries, raspberry and cherry crops by about 14 days. Both Poland and Serbia will see reduction in their berry fruit yields for the 2021 season. Serbian raspberry crop may see a 30,000-ton reduction compared to previous years and prices for blackberries have tripled. The countries of Greece, Germany and France all suffered losses of their cherry crop.

News From Hungary

Low temperatures in June and very warm temperatures in August has affected Hungary’s sweet corn crops and an 18% lower harvest is expected. Prices are on the rise for Hungary’s canned sweet corn due to lower yields and extreme demand in the European retail sector both last year and continuing this coming year.

Thailand

Raw material pineapple is coming into processing facilities; however, the lack of labor is hindering full output of canned pineapple volume.

China

Water chestnut season is underway. However, with logistic challenges ongoing it will be difficult to receive product this month. Prices are higher this season due to demand, a smaller crop and increased freight costs.

Overall adverse weather in Northern China during sowing and harvest led to quality issues and high crop losses of various vegetables. China’s largest vegetable growing province, Shandong, reported large losses due to heavy rainfall and flooded fields. This along with logistic struggles has exerted upward pressure on prices coming out of China.

アメリカ合衆国

初夏の熱波でグリーンピースに被害が及び、すべての加工業者が20~50%、予算を下回っています。40~47℃という暑さのせいで収穫がおぼつかなくなり、多くの畑にグリーンピースが残されました。乾燥地のグリーンピースが最も被害甚大でした。グリーンピース市場は引き続き供給不足で、高値を推移しています。

スイートコーンは、夏の酷暑の影響を受けて、ほとんどの加工業者が15~20%、予算を下回っています。米国でも世界的にも需要が高く、供給が不足しています。丸ごとのどちらも販売を終了していますが、まだ在庫がある業者は、言い値で販売できる状況にあります。

ジャガイモは、米国でもカナダでも生産量が下がり、供給に困難が生じています。品質問題も相まって、今シーズンはジャガイモの生産量がさらに下がりました。

 太平洋岸北西部は6月、7月が異常な暑さで、それが8月まで続き、夜間も気温が高い状態でした。これがジャガイモのサイズと品質に影響しました。今シーズンの加工用ジャガイモは15~20%減になると予想されます。

品質という点では、ジャガイモの実が小さく、形もいびつなものが多いため、加工処理がはるかに困難です。2021年シーズンのフライドポテトは色が濃く、両端が茶色っぽくなり、長さも短くなるでしょう。一部の加工業者では、仕様を変更して、2021年のジャガイモの品質に合わせようとしています。

酷暑のストレスを受けたジャガイモは、貯蔵にも向かなくなり、向こう1年間の保存状態があまり良好でなくなると見られています。このため、生産量・加工量にさらに影響する可能性があります。工場は引き続き人手不足で、これも今シーズンの生産量に響くでしょう。

加工業者は今もオープン市場で原材料ジャガイモを買い付けようとしていますが、物流問題の継続により難しくなっています。

コロンビア盆地の2022年シーズンの生産者契約はすでに完了しました。契約分の原材料価格が20%上がったと聞いています。

フライドポテトとあらゆるタイプの加工済みジャガイモに対して国内と輸出市場の両方から大きな需要があるため、今年は間違いなく原材料供給が不足するでしょう。

タマネギは、暑さのせいでオレゴン州とアイダホ州の今シーズンの収穫が20~40%減です。品質は平均的と伝えられていますが、暑さによりサイズが小さくなったため、生産量に響きました。米国のサプライヤーは完売となっています。

太平洋岸北西部(オレゴン州とワシントン州)の果物生産者からは、ラズベリーの収穫量が30~50%下がったという声が聞こえてきています。ブラックベリーは80%減となるかもしれません。ラズベリーは実崩れの「クランブル」の供給があまりありません。今年の収穫は全体として果実が小さく、実崩れしたものが減ったためです。

ブルーベリーの収穫量は、地域や生産者にもよりますが、20~40%減となるでしょう。全体として、太平洋岸北西部のベリー類の収穫は、暑さで打撃を受けています。冷凍ベリー類の市場は、今後も引き続き非常に堅調です。契約分の出荷はおそらく比例配分となり、価格も上がる見通しです。

ラズベリーについての詳細: ワシントン州ワットコム郡の今シーズンのラズベリーの収穫量は約4,450万ポンド(約2万185トン)でした。これは2020年と比べて約30.2%減、最も多かった2018年と比べて40%減です。これまでの最低記録は2004年の4,590万ポンド(約2万820トン)でした。酷暑のせいで実が柔らかくなってしまい、収穫分のほとんどはジュース用に回されました。6月末にかけて、気温が41℃に達することもありました。米国全体の収穫量は40%減で、史上最高水準の価格を推移しています。販売できる在庫はほとんど、あるいはまったくありません。

太平洋岸北西部の畑では、11月に深刻な浸水、12月に凍結が発生したため、2022年のシーズンに影響する恐れがあります。ワシントン州ワットコム郡では、浸水による総被害額が5,000万ドルに達すると見積もられています。

カナダ・ブリティッシュコロンビア州では、ブルーベリー畑およそ1,000エーカー(約400ヘクタール)が今も水に浸ったままです。深刻な被害のあった生産者は、木を引き抜いて植え直さなければならないかもしれず、そうなれば多大なコストになるうえ、業界全体にプレッシャーをかけるでしょう。ブリティッシュコロンビア州の被害状況は、水がはけた後で評価される予定です。ブリティッシュコロンビア州の生産者にとって、過去数年間は厳しい状況が続いてきました。異常気象と受粉の問題に見舞われ、ブルーベリーの生産量が減っています。

チェリーは、ミシガン州で4、5月に発生した霜と凍結を受けてすでに不足していましたが、酷暑の影響を受けた太平洋岸北西部の生産地でも不足しています。高温により生育が止まってしまい、大きくならなかったうえ、木の上部にあるチェリーは実に皺が寄ってしまいました。

米国のクランベリーは今年、8月と9月の大雨の影響で生産量が下がり、ウィスコンシン州とマサチューセッツ州で予想を下回りました。

世界中すべてのベリー類が値上がりしていて、今後も上がる見通しです。新シーズンの開始に際して在庫が少なかったうえ、今シーズンの収穫が世界的に少なくなっているためです。新型コロナは、労働力不足と人件費高騰という点で、なおも問題であり続けています。

米国中西部

シーズンの途中で例年を上回る暑さとなり、トウモロコシが急速に生育した結果、収穫が一時に集中して量が減りました。グリーンピースサヤインゲンはどちらも、昨シーズンは予算を下回りました。

ビーツは収穫が終了し、質・量ともに非常に良好と伝えられています。

カナダ

東部では、雨が降ったおかげで、ジャガイモのラセットバーバンク種など生育期間の長い種がかなり進展しました。一方、西部では、暑さと雨不足によりジャガイモに影響が及んでいて、品質とサイズに問題が見られます。

ケベック州のワイルドブルーベリーは、天候に恵まれなかったため、オーガニックが約85%減、非オーガニックが約50%減となる模様です。

ケベック州のクランベリーの生産は、例年を25~30%下回ると予想されています。春の寒さが作物の成長に影響しました。

メキシコ

ブロッコリーカリフラワーの新しいシーズンが進行中です。メキシコは非常に雨の多い夏になりました。カビが発生して品質が下がり、ブロッコリーカリフラワーとも収穫が減っています。この雨は新シーズンの植え付けにも影響し、開始時期が遅れました。加工業者は顧客の需要に応えるのに苦心しています。メキシコのブロッコリーカリフラワーの加工業者のほとんどは完売していて、新規の注文は受け付けていません。加工業者は、在庫を非常に慎重に見守っています。

肥料の価格と人件費が高騰しています。メキシコ政府は、2022年1月1日以降、最低賃金の22%引き上げを義務付けます。これに加えて、肥料の価格が大幅に上がっていて、在庫も不足気味のため、メキシコのすべてサプライヤーが2022年にかけて値上げを余儀なくされるでしょう。

メキシコのアボカドの生産は、昨年比8%減になると予想されています。果樹の生産性が下がったこと、また一部の地域では雨不足と高温に見舞われました。メキシコ産のアボカドに対して、世界各国からの需要が拡大しています。

メキシコのラズベリーは収穫が始まりましたが、すぐさま高値となっています。

グアテマラ

ブロッコリーのシーズンが継続していて、必要な雨が十分にあったため、質・量ともに良好です。メロンも生産されています。

チリ

ブルーベリーとイチゴのシーズンが進行中です。気温が高く、労働力の確保が難しい状態が続いています。機械で収穫している畑はほとんどないため、ベリー類は困難なシーズンになるでしょう。すべてのベリー類が高値になっていますが、調達が必要な場合は、すぐにも決定を下して商品を確保する必要があるでしょう。チリは昨シーズン、大雨と霜でベリー類が壊滅的な状況となり、在庫がほぼまたはまったくない状態で果物のシーズンに入ったため、新シーズンの開始に高い期待がかかっています。しかし、高温と労働力不足ですでに困難が見受けられます。社会・政治情勢が不安なうえ、新型コロナも再び増加しています。

コロンビア

マンゴーのシーズンは今月いっぱい続く見通しです。多雨の影響を受けて、収穫量は減る見通しです。ほとんどの加工業者は完売しています。

ヨーロッパ

ヨーロッパではグリーンピースサヤインゲンが非常に不足しており、解消の見込みはありません。ヨーロッパのほぼ全域が大雨と雹に見舞われ、作物(グリーンピース、トウモロコシ、サヤインゲン)が苦戦しました。畑の水分が高すぎて収穫できなかったためです。ベルギーとオランダはどちらも収穫に困難を来しました。多くの作物で生産量が20%以上、落ち込む見通しです。

ヨーロッパ北西部では、過去10年間で最も湿気の高い夏のひとつとなりました。ベルギーとドイツ西部の一部の地域が、歴史的な大雨に見舞われました。ヨーロッパのジャガイモは、胴枯れ病や中空、実割れといった問題が生じて、収穫量が下がりました。今年の需要が昨年の生産量を下回らないかぎり、加工業者は顧客の期待を満たせないかもしれません。

ヨーロッパでは2022年のジャガイモの作付面積が減るという予測が見られます。燃料、肥料、化学品のコストが上がり、人件費も高騰しているのを受けて、資本をあまり必要とせず、リスクも低い他の作物を植える生産者が出るでしょう。穀物価格が過去数年で最高水準になっていることから、ジャガイモから穀物への切り替えに追い風が吹いています。

2021年はヨーロッパ全域が春の霜に見舞われ、ほとんどの核果類に被害が及びました。セルビアでは低気温と雨によりブラックベリーラズベリーチェリーが14日ほど遅れました。ポーランドセルビアは、2021年のベリー類の生産量が下がるでしょう。セルビアラズベリーは、昨年と比べ3万トンの収穫減になるかもしれません。ブラックベリーは価格が3倍に上がっています。ギリシャ、ドイツ、フランスはいずれも、チェリーが不作となりました。

ハンガリーからのニュース

6月の低温と8月の高温でスイートコーンに影響が出ました。収穫量が18%減となる見通しです。ハンガリー産の缶詰スイートコーンは値上がりしています。収穫減に加え、ヨーロッパの小売市場からの需要がきわめて大きいためで、これは昨年から今年、そして来年も続く見通しです。

タイ

原材料パイナップルは加工工場に入荷しつつありますが、労働力不足のため、缶詰パイナップルの生産能力がフルに達していません。

中国

シログワイの生産が進められています。ただし、物流の問題が継続しているため、今月中に納品を受けるのは難しいでしょう。今シーズンは価格が高くなっています。需要が拡大した一方で、実が比較的小さく、輸送コストが上がっているためです。

全体として中国北部は、播種と収穫の時期に天候に恵まれなかったため、さまざまな野菜に品質問題が生じ、かなりの収穫減となりました。中国最大の野菜の生産地である山東省は、大雨と畑の浸水で大規模な損失が出たと伝えられています。これに加えて物流の問題があるため、中国産の野菜の価格に上昇圧力がかかっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.