Food Safety

Increase in Online Food Ordering Prompts FDA Food Safety Review

12
12
English
日本語

There’s no doubt about it. Over the past five years the food delivery market has experienced significant growth. Door Dash and Uber Eats are now household names here in America. China, the U.S., and the U.K are the three largest users of food delivery and in Europe it is primarily popular in Germany, Italy, and Spain. This is a global industry now and China!s food delivery apps have the largest userbase and market penetration reaching over 650 million people!

Ordering online is the new norm

Uber Eats is widely available on six continents, Just Eat is the leader of food delivery in the UK and active in Europe and Australia. Grubhub controlled over 50 percent of the US online food delivery up until 2018 and Doordash is now the current leader in online food delivery in the US. There are many other delivery services throughout the world, too many to mention here. Between 2015 and 2020 the number of food delivery app users in the USA rose from 66 million to 111 million.

Doordash leads delivery market in USA

The U.S. food delivery app revenue is expected to reach $28 billion be this year end and $42 billion by 2025. It!s here to stay thus it!s no wonder that the FDA is working to strengthen food safety protections for the millions of online consumers. And not just in the USA – this is a worldwide endeavor.

FDA 3-Day Summit

The FDA recently held a virtual 3-day summit called FDA New Era of Smarter Food Safety Summit on E-Commerce: Ensuring the Safety of Foods Ordered Online an Delivered Directly to Consumers. Experts from throughout the world shared input at this event. If you missed the event, you could still watch it here. There was input from some of the biggest players like Amazon, Grubhub, Instacart, Wendy!s, Kroger and many more, explaining how they are keeping their products safe and voicing their concerns.

Ghost kitchens were high on the list for needing more food safety training and improvements. International partners were concerned about the lack of consistent standards internationally. The questions arose about how to prevent food tampering and ensure that foods are labelled proeperly? Are allergens and gluten content noted on labels? Will the consumer recognize food that could be of concern when they receive it from the delivery party?

What They Learned – ordering food delivery online is not just for millennials and the younger generation, but it crosses all ages and people of different economic standards. There is a lot more study necessary and discussion of the above-mentioned issues. Consumers must have confidence in the food they receive no matter if it is purchased in a store or delivered to their home.

Lily Noon

Sources:

  1. FDA Works to Strengthen Food Safety Protections as Consumers Increasingly Order Foods Online, www.fda.gov
  2. Online ordering and food delivery statistics, www.fooddeliverynews.com
  3. Food Safety Delivery, www.CDC.gov
  4. Who’s Managing the Safety of Food Delivery?, www.food-safety.com

疑いの余地はありません。過去5年間でフードデリバリー市場は大きく成長しました。米国ではDoorDashやUber Eatsなどが一般家庭でお馴染みの名前になりました。フードデリバリーの3大市場は中国、米国、イギリスで、ヨーロッパの国ではドイツ、イタリア、スペインでよく利用されています。今やこれはグローバルな産業です。中国ではこの種のアプリのユーザー数が6億5,000万人を超えているそうです!

 オンライン注文が今や普通

Uber Eatsは、6大陸で大きく事業展開しています。Just Eatは、イギリス市場でトップの地位にあるほか、ヨーロッパとオーストラリアでも人気です。Grubhubは、2018年までは米国のオンラインフードデリバリーで50%以上の市場シェアを握っていました。米国の現在のトップはDoorDashです。ほかにも世界各地にさまざまなフードデリバリーサービスがあり、ここではとても言及しきれません。2015年から2020年の間に、米国のフードデリバリーアプリのユーザー数は6,600万人から1億1,100万人に増加しました。

米国のフードデリバリー市場のトップはDoorDash

米国のフードデリバリー市場の売上高は、今年280億ドルで、2025年までに420億ドルに成長すると予測されています。この産業が今後もなくなることはありませんから、数百万人というオンライン利用者のために米国の食品医薬品局(FDA)が安全性強化に乗り出すのも驚きではありません。規制強化は、米国だけでなく世界的な流れです。

FDAの3日間の会議

FDAは最近、3日間にわたる会議をバーチャルに開催しました。この会議は「FDA New Era of Smarter Food Safety Summit on E-Commerce: Ensuring the Safety of Foods Ordered Online an Delivered Directly to Consumers(FDAスマートな食品安全性の新時代Eコマースサミット:オンラインで注文され消費者に直接配達される食品の安全性確保)」と称されていました。世界各地の専門家がこの会議に参加して、意見を共有しました。参加できなかった方は、こちらで録画を見られます。Amazon、Grubhub、Instacart、Wendy’s、Krogerをはじめ、大手企業の代表者も参加して、食品安全性の手順を説明するとともに、これら企業が感じている懸念も表明しました。食品安全性の研修の徹底や改善が求められる部分として盛んに挙げられたのが、「ゴーストキッチン」の業態でした。各国のパートナーは、国際的に一貫性のある基準が存在しないことを懸念していました。また、異物混入の防止方法や適切なラベル表示についての疑問も提起されました。アレルゲンやグルテンを含んでいることが、ラベルに記載されているのでしょうか? 配達された食品に懸念があることを、消費者は認識できるのでしょうか?

学んだ教訓 ― オンラインでフードデリバリーを注文しているのは、ミレニアルや若い世代だけではありません。すべての世代のさまざまな所得層に広がっています。上記のような点について、今後もっと調査と議論をする必要があります。店で購入するか自宅に配達されるかにかかわらず、消費者が安心して食べられなければなりません。

Lily Noon

出典:

  1. FDA Works to Strengthen Food Safety Protections as Consumers Increasingly Order Foods Online(食品のオンライン注文の増加を背景としたFDAの食品安全性強化の取り組み)、www.fda.gov
  2. Online ordering and food delivery statistics(オンライン注文とフードデリバリーの統計)、www.fooddeliverynews.com
  3. Food Delivery Safety(フードデリバリーの安全性)、www.CDC.gov
  4. Who’s Managing the Safety of Food Delivery?(フードデリバリーの安全性は誰が管理しているのか)、www.food-safety.com

 

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.