Food Safety

Local Grocery & Restaurant Deliveries Food Safety Protocol

12
11
English
日本語

It’s so easy these days to have our food delivered from a local grocery store or restaurant.  During the recent covid pandemic, more and more consumers have began to rely on home-delivery services like Doordash, Grubhub, and Uber Eats rather than eating out or shopping for their weekly food supplies.  Yet, 18% of consumers still view delivery/take-out as being too risky!

How sure are you that the food delivered to your door has been handled properly according to food safety protocols?  This is especially important to prevent food-borne illnesses in older members of the family, young children, those with compromised immune systems and pregnant women.

Restaurant Deliveries

Check the company before buying: Call the company you are buying from and ask about food safety practices.  They will probably be shocked as not many people take this precaution. Does the staff preparing the foods regularly perform quality assurance checks?  Who is responsible if the food is delivered at an unacceptably high temperature?  Do they provide information with each shipment about safe handling and preparation of the food, including cooking temperatures? How do their delivery drivers handle the orders?  Do they have an efficient delivery tracking system?  What is the maximum delivery time (duration)?

Ensure foods are prepared properly prior to delivery

Check Inspection Scores:  Check a restaurant’s inspection report at your health department’s website before purchasing.

Accepting the delivery:  Be sure someone is home when delivery is expected so that perishable foods such as frozen vegetables and meat, seafood, or items prepared with dairy can be quickly placed in the refrigerator or freezer.  Food should not be left outside until someone returns home. If you simply cannot be home at the expected time of delivery, specify a safe location away from pets and rodents.  Be sure to let the company know this location.

Once you receive the goods, examine the items and packaging to ensure it is what you ordered, and the packaging material is appropriate. Is the packaging insulated to keep your food warm?  Diid they use dry ice of frozen gel packs to keep food cold or frozen?  Check for labels that say “Keep Refrigerated” or Keep Frozen” if the food is perishable.  Note that 56% of consumers say that factory-sealed sauces and dressings are the safest type of packaging for take-out and delivery orders.

Is food delivered in insulated container?

Frozen Foods:  Perishable food should arrive frozen or partially frozen with ice crystals still visible or at least as cold as it would be in your refrigerator (40 degrees F or below.)  Even if the product is smoked, cured or vacuum-packed or fully cooked, it must still be kept cold.   Once you confirm it is still at an acceptable temperature, place it in the refrigerator or freezer as soon as possible.

Do not eat, sample or even just taste” any food that arrives above 40 degrees F to see if it is still good.  Notify the company where you purchased the food and request a refund.  Although foods may look and smell alright, they can still be unsafe. Cooked meals can make you sick if they sit out for more than 2 hours or as little as 1 hour if the weather is hot outside (90 degrees F).

Local Grocery Deliveries

Many of the same procedures apply as with restaurant delivery.  In the case of groceries, hot food should arrive hot and cold food should arrive cold.  Perishable foods must arrive at a safe temperature. Food should not be kept at room temperature for more than 2 hours in the winter and not more than one hour if temperatures are hot outside.  Hot and cold foods should be separated from each other.

As with restaurants, check with your local grocery about their food safety policies as they apply to food delivery.

Report Foodborne Illnesses Immediately:  If you think the food delivered to your home has caused someone to become ill, contact your local health department to report it.  Give them information about the order and the symptoms the sick person is experiencing. 

Lily Noon

Sources:

  1. Food Delivery Safety – CDC – Centers for Disease Control and Prevention, cdc.gov
  2. Food Safety & Food Delivery – Tips, Tricks and How to get ServSafe Certified –  www.unileverfoodsolutions.us

最近では近くのスーパーやレストランから食べ物を配達してもらうのが本当に簡単になりました。新型コロナのロックダウンの間、今まで以上に多くの消費者が、レストランでの外食や週1回のスーパーへの買い出しをやめて、代わりにDoordash、Grubhub、Uber Eatsなどの宅配サービスを利用するようになりました。とはいえ、今でもデリバリーやテイクアウトを危険すぎると見ている消費者が18%います!

自宅に届けられる食べ物が食品安全性の手順に則って適切に取り扱われていることを、どうすれば確信できるのでしょうか。これは、高齢者、子供、免疫力の低下している人や妊婦を食中毒から守るうえで、とりわけ重要です。

レストランのデリバリー

事前に会社を確認する:注文する前に会社に電話して、食品安全性の慣行について尋ねるべきです。このような照会をしてくる人はそれほど多くないため、おそらく驚かれることでしょう。食事を準備するスタッフは、定期的に品質保証の確認をしていますか? 保冷が十分でない状態で配達された場合は、誰が責任を負うのですか? 調理の際の温度をはじめ、安全な準備と取り扱いについての情報が毎回の配達ごとに提供されますか?配達する運転手は、食事をどのように取り扱いますか? 効率的なトラッキングのシステムを持っていますか? 配達までに最大でどれだけ時間がかかりますか?

配達前に食事が適切に準備されたことを確認

検査スコアを確認する:事前に地元の保健所のウェブサイトで、レストランの検査レポートを確認します。

配達を受け取る:必ず誰かが家にいて配達を受け取るようにします。冷凍の野菜、肉類、魚介類、乳製品を使用したものなど、常温保存の利かない食べ物をすぐに冷蔵庫か冷凍庫に入れられるようにするためです。誰かが帰宅するまでドアの前に置きっ放しにすべきではありません。配達予定時刻に家にいられないのであれば、ペットやネズミなどが侵入しない安全な場所を指定して、その場所を会社に必ず知らせておきます。

配達を受け取ったら、内容物と梱包を入念に確認して、正しい注文品が適切な方法で梱包されていることを確かめます。保温袋などを使って温かく保たれていますか? 冷たいものはドライアイスや保冷剤で保冷されていますか? 傷みやすい食べ物の場合は、「要冷蔵」や「冷凍保存」のラベルがきちんと貼られていることを確認します。消費者の56%は、工場で密封されたソースやドレッシングが、テイクアウトやデリバリーの注文にとって一番安全なパッケージングだと考えています。

保冷・保温容器で配達されていますか?

冷凍食品:常温保存ができない食べ物は、冷凍されたままの状態で、または多少解けていても表面に霜が付いた半冷凍の状態で配達されるべきです。受け取った後に冷蔵庫に入れるのであれば、冷たい状態(4~5℃以下)も許容できます。燻製や塩漬けで保存された食品、真空パックの食品、さらには完全に調理済みの食品ですら、冷蔵する必要があります。許容できる温度で配達されたことを確認したら、できるだけ早く冷蔵庫か冷凍庫に入れてください。

45よりも高い温度で配達された場合は、絶対に食べてはなりません。食べられるかどうかを確認するための「味見」も厳禁です。会社に連絡して、返金を求めてください。見た目や匂いが大丈夫そうでも、安全でないことがあります。調理済みの食事は、2時間以上放置されれば、または外の気温が高い(32以上)場合はわずか1時間後でも、食中毒の原因になる可能性があります。

近くのスーパーからの配達

レストランのデリバリーと同じ手順の多くが、ここでも当てはまります。温かい食品は温かく、冷たい食品は冷たい状態で配達されるべきです。常温保存の利かない食品は、安全な温度で配達されなければなりません。冬であれば常温で2時間以上、外が暑い場合は室内の温度で1時間以上、放置されるべきではありません。温かい食品と冷たい食品は、別々に分けるべきです。

レストランと同様に、店に連絡して、食品安全性のポリシーについて確認します。これらのポリシーは配達にも適用されます。

食中毒はすぐに報告する:配達された食べ物で食中毒になったと思ったら、すぐに地元の保健所に連絡して、食べたものと症状についての情報を報告してください。

Lily Noon

出典:

  1. Food Delivery Safety(フードデリバリーの安全性) – CDC(米国疾病予防管理センター)、gov
  2. Food Safety & Food Delivery – Tips, Tricks and How to get ServSafe Certified(食品安全性とフードデリバリー―注意点、コツ、ServSafe認証の取得方法) – www.unileverfoodsolutions.us

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.