Crop News

Severe Heat in Pacific Northwest Hurts Crops

12
7
English
日本語

United States

Green Pea harvest is now on the wind down in the Pacific Northwest.   Continued extreme heat with temperatures between 105 – 117 degrees over the last week will hurt the pea crop outcome. Green Pea conditions are not good as many fields were lost to heat.   Processors had a very difficult time keeping up with production and AAA grade peas will be short this season.  Look for replacing contracts with B and C grade peas.  Dry land pea fields are suffering due to lack of rain, and we will see over a 50% reduction on yields for those that grow on dry land without irrigation.  The pea market officially remains tight with prices on the rise.

With the high heat, processors are now worried about sweet corn pollination.    Sweet corn likes heat. Daytime temperatures of 77 degrees to 91 degrees are optimal with temperatures of 95 degrees and over decreasing growth.   This past week we have seen temperatures rise to 105 degrees to 117 degrees and this will affect pollination, but still too early to tell how much of the crop will be affected.

The 90-day outlook on weather in the Pacific Northwest looks to be a warmer season than last year.

Midwest area peas are estimated to be about 10% less in yield this season due to hot weather Harvest is now ongoing.

Outlook on Midwest sweet corn to date is average.

United States processing potatoes are now planted and potatoes in the Colombia Basin are emerging.  Early varieties are expected to begin harvest early this month.

Potatoes do not like heat!!  The extreme heat in the Pacific Northwest will surely reduce potato yields this season.   High heat causes discoloration inside the potato as well as a lower number of tubers developing.   Researchers have found that potato growth will shut down with temperatures above 95 degrees so a week or two of temperatures over 100 degrees in our potato growing regions here in the PNW will surely affect potato growth.

U.S. potato acreage as a whole is up this year, however not yet to the pre-pandemic level. 

Frozen Fruit stocks in the U.S are down 18% – 20% from last year.  To secure any U.S. offer on strawberries, blueberries, raspberries and blackberries is difficult.  

To make matters worse all throughout the Pacific Northwest fruit growing regions (Oregon and Washington) farmers are struggling due to the high temperatures.   Some fruit growers are mentioning that they may lose 50% of their raspberry crop due to the record-breaking heat wave.   Blueberry yields will also be affected but it is still too early to tell by how much.   

Cherries which are already short in Michigan due to frost and freeze conditions in April/May, will now be short in the Pacific Northwest growing areas due to the heat.  Cherries at the top of the trees have shriveled and high temperatures are known to cause the fruit to temporarily stop cell division and that could prevent them from reaching full size. 

A disappointing 2020 blueberry season for both cultivated and wild blueberries in conjunction with extreme demand has resulted in more production planned this season.   Expected production increases are up by 14% for cultivated and up 27% for wild blueberries.   However, in regard to cultivated blueberries the added increases may be hindered due to potentional crop outcome due to the heat in PNW.

Prices for all U.S. berry fruits are up and expected to continue to rise due to smaller crops last season, high demand, and struggles with the new season berry crops in Chile, Europe, and now in the Pacific Northwest.

Raspberry harvest has started in the Pacific Northwest, but processors are struggling with harvest due to extreme heat.

Blueberries for the frozen market should be processing around end of July, however everything will depend on weather going forward.

Mexico

Harvesting of Broccoli and Cauliflower in the Bajio Valley has now stopped as Mexico’s quarantine becomes effective in May/June.   New season broccoli and cauliflower will commence in October/November in the Bajio Valley, Mexico.

Avocado season in Mexico runs July through end May.   A freeze this past winter could affect the volume coming out of the season later this summer.  U.S. consumption continues to increase and prices for fresh and frozen avocado is expected to increase going forward.

Guatemala

New Season broccoli harvest will commence this month.  

Chile

Fruit season in Chile has been very challenging.   A devasting storm at the end of January damage crops.  Grape crops were particularly hit hard, however, blueberries, raspberries and strawberries also suffered much damage. Price are up, and inventories will be very tight moving forward.   It is estimated that damages from this storm will be over US$150 million.   Current prices on all berry fruits are up due to Chile’s crop challenges, lack of labor, and high demand worldwide.

Peru

Avocado season is ongoing.  Yields and quality expected to be good, however labor costs will increase prices.   Mango prices have risen further due to small fruit size and dry weather conditions resulting in a reduced crop.  The season is now completed, and prices will remain firm.

Europe

Green peas and beans remain very short in Europe with no relief in sight.  Heavy rain and hail have hit most of Europe and crops (peas, corn, beans) are struggling as fields are too wet to harvest.  Both Belgium and the Netherlands are having difficulties with producing their crops and expectation is that we will see a 20% reduction in yields on many products.  

A 2021 spring freeze which struck across Europe has damaged most of the stone fruit crop there.   Cold and rain in Serbia has delayed blackberries, raspberry and cherry crops there by about 14 days.    Both Poland and Serbia will see reduction in their berry fruit yields for the 2021 season.   Prices are rising.

Thailand

Lower volumes of raw material sweet corn being delivered to factories and tin plate prices have risen again.  Some are expecting canned sweet corn prices to be adjusted upward.

China

Temperatures are rising in China as Zhejiang and Fujian Province enter into their rainy season. 

Edamame and Mukimame are being processed with Sugar snap peas and snow peas completed.

Asparagus prices are higher this year due to reduced acreage, reduced volume, and higher transportation costs.

Chinese cherry crop has been hurt by heavy rain and expected yields are low with numerous split fruit.

アメリカ合衆国

太平洋岸北西部のグリーンピースの収穫は終わりつつあります。先週から気温40~47℃という酷暑が続いているため、グリーンピースの最終的な収穫結果に影響するでしょう。この暑さで多くの畑の収穫が失われたため、グリーンピースの状況は以前ほど良くありません。加工業者は生産継続に大変な困難を来しました。今シーズンはAAAグレードのグリーンピースが不足するでしょう。BまたはCグレードのグリーンピースの契約に替えることもご検討ください。乾燥地のグリーンピース畑は雨不足で苦しんでいます。灌漑施設のない乾燥地の畑は収穫が50%以上減る見通しです。グリーンピース市場は公式に供給不足となっていて、価格は上がっています。

スイートコーンは、この酷暑で受粉に懸念が生じています。スイートコーンは暑さを好みます。日中の気温が25~32℃であれば最適ですが、35℃を超えると生育が衰えます。先週は40~47℃でしたから、これは受粉に影響するでしょう。ただし、どれだけの影響になるかは、現時点では分かりません。

太平洋岸北西部の向こう3カ月の予報によると、昨年よりも暖かくなる見通しです。

中西部グリーンピースは、やはり暑さのため、今シーズンの収穫量が約10%減になると予想されています。今ちょうど収穫が行われています。

中西部のスイートコーンの見通しは、これまでのところ例年並みです。

米国の加工用ジャガイモは植え付けが終わっていて、コロンビア盆地のジャガイモは発芽しています。早生品種は今月初めに収穫開始の見通しです。

ジャガイモは暑いのが嫌いです!  太平洋岸北西部の酷暑は、間違いなく今シーズンのジャガイモの収穫量を減らすでしょう。高温になるとジャガイモの内部が変色してしまい、また実の数も減ります。気温が35℃を超えるとジャガイモの生育が完全に停止することが、これまでの研究で分かっています。ここ太平洋岸北西部の私たちのジャガイモ生産地では過去1、2週間の気温が37℃以上でしたから、ジャガイモの生育に影響することは疑いの余地がありません。

今年は米国全体でジャガイモの作付面積が増えていますが、パンデミック前のレベルには達していません。

米国の冷凍果物の在庫は、昨年と比べて18~20%減っています。米国産のイチゴブルーベリーラズベリーブラックベリーは、確保が困難です。

しかも、太平洋岸北西部の果物の生産地(オレゴン州とワシントン州)全域に酷暑が困難をもたらしています。この記録破りの熱波でラズベリーが50%失われるかもしれないと話している生産者もいます。ブルーベリーの生産量にも影響があるはずですが、被害のほどを見極めるには時期尚早です。

チェリーは、ミシガン州で4、5月に発生した霜と凍結を受けてすでに不足気味でしたが、今後は酷暑の影響を受けた太平洋岸北西部の生産地でも不足するでしょう。木の上部にあるチェリーは、実に皺が寄ってしまいました。高温になるとチェリーは一時的に細胞分裂が停止することが分かっていますから、十分なサイズに到達しない可能性があります。

2020年は栽培およびワイルドともにブルーベリーのシーズンが残念な結果に終わりましたが、これに加えてきわめて大きな需要があることから、今年は生産増が計画されています。栽培ブルーベリーは14%増、ワイルドブルーベリーは27%増になると期待されています。しかし、栽培ブルーベリーの生産増は、太平洋岸北西部の酷暑により収穫の結果に影響が及ぶかもしれません。

米国のベリー類の価格は上がっていますが、今後も値上がりするでしょう。昨シーズンの収穫量が少なかったうえ、需要が伸びていて、しかもチリとヨーロッパ、さらに今度は太平洋岸北西部でもベリー類の新シーズンが苦戦しているためです。

太平洋岸北西部ラズベリーは収穫が開始されましたが、加工業者は酷暑のため困難を来しています。

冷凍市場向けのブルーベリーは、7月末ぐらいに加工処理が行われる見通しですが、すべて今後の天候次第です。

メキシコ

バヒオバレーのブロッコリーカリフラワーの収穫は終了しました。この地域では5月から6月にかけて検疫が行われるためです。ブロッコリーカリフラワーの新しいシーズンは、バヒオバレーでは10月から11月にかけて開始されます。

メキシコのアボカドのシーズンは7月から5月末までです。冬の間に気温が氷点下に下がったため、この夏の収穫に影響があるかもしれません。米国の消費が拡大しているため、生鮮と冷凍のアボカドの価格が今後上がると見られています。

グアテマラ

ブロッコリーの新しいシーズンが今月から始まります。

チリ

チリでは果物のシーズンが非常に苦戦しています。1月終わりの暴風雨で大きな被害が出ました。特に打撃を受けたのはブドウですが、ブルーベリーラズベリーイチゴもかなりの被害となりました。今後価格が上がり、在庫が非常に厳しくなるでしょう。この暴風雨の被害額は、米ドルで1億5,000万ドルを超えると見積もられています。チリの不作、労働力不足、および世界的な需要拡大を受けて、ベリー類はすべて現在値上がりしています。

ペルー

アボカドのシーズンが進行中です。質・量ともに良好になると期待されていますが、人件費の影響で価格が上がるでしょう。マンゴーはさらに値上がりしました。実が小さく、雨不足で収穫が減ったためです。シーズンはすでに終了しましたので、高値が継続するでしょう。

ヨーロッパ

ヨーロッパではグリーンピースサヤインゲンが非常に不足しており、解消の見込みはありません。ヨーロッパのほぼ全域が大雨と雹に見舞われ、作物(グリーンピース、トウモロコシ、サヤインゲン)が苦戦しています。畑の水分が高すぎて、収穫できない状況です。ベルギーとオランダはどちらも収穫に困難を来していて、多くの作物で生産量が20%減になる見通しです。

2021年はヨーロッパ全域が春の霜に見舞われ、ほとんどの核果類に被害が及びました。セルビアでは低気温と雨によりブラックベリーラズベリーチェリーが14日ほど遅れています。ポーランドセルビアは、2021年のベリー類の生産量が下がるでしょう。価格は上昇中です。

タイ

工場に入荷する原材料スイートコーンが減っていて、ブリキ板金の価格は上がっています。缶詰スイートコーンの価格の上方修正が一部で予想されています。

中国

中国では気温が上昇していて、浙江省と福建省は雨期に入りました。

エダマメムキマメは加工が行われています。スナップエンドウサヤエンドウは終了しました。

アスパラガスは、今年は値上がりしています。作付面積が減って、生産量が減り、輸送費が上がったためです。

中国産のチェリーは、大雨で被害を受けました。実割れが大量に発生して、生産量は下がる見込みです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.