Crop News

Green Pea Harvest Has Started!

12
6
English
日本語

United States

Green Pea harvest is now underway in the Pacific Northwest.   High temperatures over the last week has brought on the season quickly.  Dry land pea fields are suffering due to lack of rain, and we may see a 40% to 50% reduction on yields for those that grow on dry land without irrigation.   For sure expect the pea market to remain tight with higher prices this season.

 Sweet corn, green bean, carrots and lima bean plantings now underway with about 65 to 70% of sweet corn in the ground.  Early variety sweet corn should begin harvest about first week July, especially if temperatures continue to rise.

90-day outlook on weather in the Pacific Northwest looks to be a warmer season than last year.

Commodity prices on grain corn and soybean rose sharply in April.   Prices are at levels not seen in a while.   This will impact food processor’s ability to secure land at reasonable prices which in turn will reduce volumes and increase prices for frozen vegetables.

Midwest area pea planting has been ongoing with some delays due to rain and cooler weather.   At this moment about 75% to 80% of the green peas are in the ground.  Green pea harvest is expected to start sometime later this month. 

 Sweet corn plantings are ongoing and to date about 40% planted.    Carrots, lima beans and sugar snaps also being planted.  Cooler spring temperatures slowed down growing, however recent warmer temperatures have helped move the season along.   Overall the Midwest area, based on a 90-day forward forecast is expecting normal weather patterns this season.

The state of Michigan suffered through frost and freeze conditions at the end of April and Early May.   Michigan’s cherry crop will see damage and yields are expected to be below average.

Asparagus season has started in Michigan, with first fields going to fresh market. Volume, quality and price will be similar to last season.  Cooler nighttime temperature delayed the harvest start by about a week.

United States processing potatoes are now planted and potatoes in the Colombia Basin are emerging.  Early varieties are expected to begin harvest in early July.  U.S. acreage as a whole is up this year, however not yet to the pre-pandemic level.  French fry sales have been strong in recent months domestically, but processors are still cautious if this demand will continue due to uncertainties still concerning the covid 19 pandemic.  Also, of concern to growers and processors are the uncertainties of foreign markets in regard to covid 19.  However, with some economies beginning to open up, including the U.S, there may be a shortage of raw product supply through 2020/2021.   Processors/fryers have not been able to keep up with current export orders received within recent weeks.   Domestically, frozen potato sales are rising.

Frozen Fruit stocks in the U.S are down 18% – 20% from last year.  To secure any U.S. offer on strawberries, blueberries, raspberries and blackberries is pretty much impossible at the moment. 

Cold storage holdings on frozen blueberries were down about 13% at end January from the same time last year.   The U.S. has imported about 90,000 tons of frozen blueberries this past year (includes wild and cultivated) and remains the highest imported product to date.

Frozen Blueberry retail sales has grown by about 24% over the past year.   This is due in part to covid related sales as well as blueberry’s high antioxidant properties to boost immune systems.

A disappointing 2020 blueberry season for both cultivated and wild blueberries in conjunction with extreme demand has resulted in more production planned this season.   Expected production increases are up by 14% for cultivated and up 27% for wild blueberries.

The California Strawberry season is ongoing.  Due to consumer demand acreage has been increased and consumer interest is not slowing down.  Anticipation is for a good season, however earlier rains and now drought conditions may affect the outcome of the crop.  Demand remains strong and so do prices.   U.S. strawberry imports rose by 26% over the last year.

Prices for all U.S. berry fruits are up and expected to continue to rise due to smaller crops last season, high demand, and struggles with the berry crops in Chile.

2021 Northwest blueberry and raspberry crops have wintered well with no adverse conditions to report.   Raspberry and blueberry buds have started to show.  Growers are optimistic for a good season.  Estimated start date for early variety raspberries are mid to late June, with later varieties around first week of July.

Blueberries for the frozen market should be processing around end of July, however everything will depend on weather going forward.

Mexico

Harvesting of Broccoli and Cauliflower in the Bajio Valley has now stopped as Mexico’s quarantine becomes effective in May/June.   Transiting to the Northern fields in the state of Guanajuato is now taking place.

Pepper season now ongoing in Mexico and should wind down this month.

Avocado season in Mexico runs July through end May.   A freeze this past winter could affect the volume coming out of the season later this summer.  U.S. consumption continues to increase and prices for fresh and frozen avocado is expected to increase going forward.

Guatemala

Broccoli harvest is now completed, and the season will start up again in July.  Late year rains reduced the volume of broccoli coming into the factories for processing and reduced total production volumes.   Mango, melon, okra season are underway.

Chile

Fruit season in Chile has been very challenging.   A devasting storm at the end of January damage crops.  Grape crops were particularly hit hard, however, blueberries, raspberries and strawberries also suffered much damage. Price are up, and inventories will be very tight moving forward.   It is estimated that damages from this storm will be over US$150 million.   Current prices on all berry fruits are up due to Chile’s crop challenges, lack of labor, and high demand worldwide.

Peru

Avocado season is ongoing.  Yields and quality expected to be good, however labor costs will increase prices.   Mango prices have risen further due to small fruit size and dry weather conditions resulting in a reduced crop.  The season is now completed, and prices will remain firm.

Europe

Green peas and beans remain very short in Europe with no relief in sight until new season.   Spinach and cauliflower are also short and in high demand.

A 2021 spring freeze which struck across Europe has damaged most of the stone fruit crop there.   Cold and rain in Serbia has delayed blackberries, raspberry and cherry crops there by about 14 days.  

Early vegetable crops such as peas were also affected during planting stage and will result in lower yields this season.   Expect the pea market to remain firm.

It has recently been reported that potato growers in Europe will reduce their potato acreage this year in order to rebalance the market.  Expected acreage decline is on average 3% to 5%.   Crop development has had a slow start due to cooler and wet weather.   Potatoes are emerging slower than usual.   Disease and yield production are also of concern.

Potato processers in Europe are facing many challenges aside from the covid challenge.   The 2020 season was the first season in which CIPC was not allowed to be sprayed to prevent sprouting in storage potatoes.   Storage has become more expensive and the new anti-sprouting treatment is expensive and not working as well as CIPC…. some sprouting is still occurring.

Thailand

Raw material price for Thai pineapple expected to decline.   Peak season worries about fruit ripeness may hold price low.  Summer crop will reach its peak in May with volume decline in June

Japan

On April 1, Japan dropped the remaining tariff of 2.1% from all frozen potato products, including frozen French fries.   The original 8.5% tariff gradually went down under an agreement between the U.S. and Japan and as of April 1st is now fully eliminated.  

In 2020 the U.S. exported over 342M of potato products to Japan making Japan the largest overseas market for U.S. frozen potatoes.  The National Potato Council has estimated that with the complete elimination of the tariff the U.S could possibly grow the market by another 150M annually.

China

Pea pod and sugar snap pea season is now underway in China.   Raw material prices were up this year so expect prices to be firm. 

Spring Asparagus season is ongoing.

Edamame, sugar snap peas, green bean season is beginning this month.

Strawberry harvest is ongoing, and prices are expected to be up due to decreased acreage and various effects from covid.   We have heard reports that stock levels ex 2020 season are low and this along with reduced acreage and higher transportation costs will increase prices into the U.S.   The U.S. is the 6th largest importer of Chinese strawberries.

アメリカ合衆国

太平洋岸北西部でグリーンピースの収穫が行われています。先週の暑さでシーズンが早まりました。乾燥地のグリーンピース畑は雨不足で苦しんでいます。灌漑施設のない乾燥地の畑は収穫が40~50%減るかもしれません。グリーンピース市場は間違いなく商品が不足気味となり、今シーズンの価格は上昇するでしょう。

スイートコーンサヤインゲンニンジンライマメは現在植え付けが行われていて、スイートコーンは約65~70%が終了しています。スイートコーンの早生品種は、特にこのまま気温が上がり続ければ、7月第1週にも収穫が始まるでしょう。

太平洋岸北西部の向こう3カ月の予報によると、昨年よりも暖かくなる見通しです。

穀物用トウモロコシ大豆の商品価格は4月に高騰しました。しばらく見なかったような水準になっています。これにより、食品加工業者が手頃な価格で土地を確保するのが難しくなり、結果として冷凍野菜の生産減と値上がりにつながるでしょう。

中西部ではグリーンピースの植え付けが行われていて、雨と低気温のためいくらかの遅れを来しています。現時点でグリーンピースの植え付けは約75~80%の完了率です。グリーンピースの収穫は今月中に始まる見通しです。

スイートコーンは植え付けが続けられていて、約40%が完了しました。ニンジンライマメスナップエンドウも植え付けが行われています。春の低気温で生育が遅れましたが、最近になって暖かくなり、シーズンがやや加速しました。中西部の3カ月予報では、全体として例年並みの天候が予想されています。

ミシガン州では4月終わりから5月初めにかけて霜と凍結が発生しました。ミシガン州産のチェリーに被害が出ると見られ、収穫量が平均を下回るでしょう。

ミシガン州ではアスパラガスのシーズンが始まっていて、最初の収穫は生鮮市場に送られます。質、量、価格は昨シーズンと似た水準になるでしょう。夜間の冷え込みがあったため、収穫は約1週間ほどの遅れです。

米国の加工用ジャガイモは植え付けが終わっていて、コロンビア盆地のジャガイモは発芽しています。早生品種は7月初めに収穫開始の見通しです。今年は米国全体の作付面積が増えていますが、パンデミック前のレベルには達していません。フライドポテトの販売は、国内はここ数カ月にわたり好調ですが、新型コロナの見通しがなおも不透明なため、加工業者は引き続き慎重です。また、新型コロナに伴う外国市場の不確実性も、生産者と加工業者にとって懸念となっています。とはいえ、米国をはじめ経済が再開しつつある国もあるため、原材料不足は2020/2021年のシーズンいっぱい続くかもしれません。フライドポテト加工処理業者は、ここ数週間に受けた輸出注文に対応できずにいます。国内で冷凍ジャガイモの販売高が上昇しつつあります。

米国の冷凍果物の在庫は、昨年と比べて18~20%減っています。米国産のイチゴブルーベリーラズベリーブラックベリーは、現時点で確保がほぼ不可能になっています。

冷蔵倉庫の冷凍ブルーベリーは、今年1月末時点の在庫レベルが前年同時期と比べて約13%減っていました。米国は過去1年間で約9万トンの冷凍ブルーベリー(ワイルドおよび栽培)を輸入し、最も輸入量の多い商品であり続けています。

冷凍ブルーベリーの小売販売は、過去1年間で約24%増加しました。これは部分的にコロナ関連の販売増と言えます。ブルーベリーは抗酸化物質が豊富で免疫力を高めるからです。

2020年は栽培およびワイルドともにブルーベリーのシーズンが残念な結果に終わりましたが、これに加えてきわめて大きな需要があることから、今年は生産増が計画されています。栽培ブルーベリーは14%増、ワイルドブルーベリーは27%増になると期待されています。

カリフォルニア州イチゴのシーズンは継続しています。需要拡大を受けて作付面積が増えていますが、消費者からの関心も減速する気配はありません。良好なシーズンになると期待されていますが、シーズン初期に雨があり、それに今は干ばつですから、結果に影響が出るかもしれません。需要は引き続き好調で、高値を推移しています。米国のイチゴの輸入は、過去1年間で26%拡大しました。

米国のベリー類の価格は上がっています。昨シーズンの収穫量が少なかったうえ、需要が伸びていて、しかもチリでベリー類が不作に終わったため、今後も値上がりするでしょう。

2021年の北西部ブルーベリーラズベリーは、無事に冬を越え、特に問題は報告されていません。ラズベリーブルーベリーの蕾が見え始めています。生産者は、良いシーズンになると楽観しています。早生品種のラズベリーは6月中旬から下旬、晩生品種は7月第1週ごろに始まる見通しです。

冷凍市場向けのブルーベリーは、7月末ぐらいに加工処理が行われる見通しですが、すべて今後の天候次第です。

メキシコ

バヒオバレーのブロッコリーカリフラワーの収穫は終了しました。この地域では5月から6月にかけて検疫が行われるためです。収穫はグアナフアト州北部の産地に移りつつあります。

ピーマンのシーズンは継続していますが、今月中に収束するでしょう。

メキシコのアボカドのシーズンは7月から5月末までです。冬の間に気温が氷点下に下がったため、この夏の収穫に影響があるかもしれません。米国の消費が拡大しているため、生鮮と冷凍のアボカドの価格が今後上がると見られています。

グアテマラ

ブロッコリーは収穫が終了し、7月にシーズンが再開の見通しです。年末の雨で工場に入荷するブロッコリーの量が減り、総生産量が低下しました。マンゴーメロンオクラはシーズンが進行中です。

チリ

チリでは果物のシーズンが非常に苦戦しています。1月終わりの暴風雨で大きな被害が出ました。特に打撃を受けたのはブドウですが、ブルーベリーラズベリーイチゴもかなりの被害となりました。今後価格が上がり、在庫が非常に厳しくなるでしょう。この暴風雨の被害額は、米ドルで1億5,000万ドルを超えると見積もられています。チリの不作、労働力不足、および世界的な需要拡大を受けて、ベリー類はすべて現在値上がりしています。

ペルー

アボカドのシーズンが進行中です。質・量ともに良好になると期待されていますが、人件費の影響で価格が上がるでしょう。マンゴーはさらに値上がりしました。実が小さく、雨不足で収穫が減ったためです。シーズンはすでに終了しましたので、高値が継続するでしょう。

ヨーロッパ

ヨーロッパではグリーンピースサヤインゲンが非常に不足しており、次のシーズンまで解決の見込みはありません。ホウレンソウカリフラワーもやはり不足していて、大きな需要があります。

2021年はヨーロッパ全域が春の霜に見舞われ、ほとんどの核果類に被害が及びました。セルビアでは低気温と雨によりブラックベリーラズベリーチェリーが14日ほど遅れています。

また、グリーンピースをはじめ、早くに収穫される野菜も植え付け段階に影響を受けたため、今シーズンは収穫量が減るでしょう。グリーンピース市場は底堅くなる見込みです。

ヨーロッパのジャガイモ生産者は、市場のバランスを回復するため、今年は作付面積を減らすでしょう。予想作付面積は平均して3~5%減です。雨が多く涼しい日が続いたため、スタート段階で作物の生育が鈍りました。ジャガイモは発芽が例年より遅れています。疫病と生産量も懸念されています。

ヨーロッパのジャガイモの加工業者は、コロナウイルス以外にも多くの困難に直面しています。2020年のシーズンは、貯蔵中の発芽を防止するクロルプロファム(CIPC)の噴霧が禁止された初のシーズンでした。このため貯蔵コストが高くなりました。代替の発芽防止法がCIPCよりも高価なうえ、CIPCほど効果的でなく、一部で発芽が生じたためです。

タイ

タイ産のパイナップルの原材料価格が下がる見通しです。最盛期の完熟度に関する懸念のため、価格が抑え込まれるかもしれません。夏の収穫は5月が最盛期で、6月には収穫量が下がります。

日本

日本は4月1日、フライドポテトをはじめ、すべての冷凍ジャガイモに課していた残りの関税2.1%を廃止しました。当初の関税は8.5%でしたが、日米の協定の下で徐々に引き下げられ、4月1日をもって完全に無関税になりました。

米国から日本に輸出されたジャガイモ製品は2020年、3億4,200万ドル相当を上回り、米国にとって日本は冷凍ジャガイモの最大の輸出先となりました。全米ジャガイモ評議会では、関税の完全撤廃により市場がさらに年間1億5,000万ドル拡大する可能性があると見積もっています。

エジプト

輸送とパンデミックの問題により、イチゴの作付面積が増加しませんでした。ただし、価格は安定しています。

中国

サヤエンドウとスナップエンドウのシーズンが進行中です。今年は原材料価格が上がっていますので、製品価格も高くなるでしょう。

春作のアスパラガスは継続中です。

エダマメスナップエンドウサヤインゲンのシーズンは今月から始まります。

イチゴは収穫が続けられています。作付面積の減少とコロナ禍の様々な影響を受けて、価格は上がる見通しです。2020年シーズンからの在庫レベルが低いという話を聞いていますが、これに加えて作付面積が減少し、輸送費が高騰しているため、米国への輸出価格が上がるでしょう。米国は、中国産イチゴの輸入国として6位の地位にあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.