Trending

Japanese Blueberry Variety KUNISATO NO. 35 May Play Important Role in Fighting COVID-19!

11
3
English
日本語

Most people today are aware of the basic benefits of blueberries…they’re extremely high in nutrients, delicious to eat and low in calories.  One cup of blueberries contains 24% of the RDI of Vitamin C, 36% of the RDI of Vitamin K, 25% of the RDI of Manganese as well as 4 grams of fiber.  When you eat a cup of blueberries it’s all about good health and you’ll only count 84 calories and 15 grams of carbs. 

In addition, blueberries have one of the highest antioxidant levels of all fruits and vegetables. Other benefits include lowering blood pressure and reducing the risk of heart disease (blueberries are rich in anthocyanins which also helps to lower blood sugar levels). It’s no wonder that they’re considered a superfood and have become very popular.

But there is even more exciting news to share!

Blueberry variety (Kunisato No. 35) leaves

Did you know that there is one blueberry species that is known to have an inactivating (detoxifying) effect on covid-19?  This new inactivating effect recognized in the foliage extract component of the blueberry species Kunisato No. 35 was recently announced by Miyazaki University in Japan.  The cultivation of this variety was originally developed in Miyazaki prefecture and controlled by Nanaha Corporation in conjunction with Miyazaki University.  Their initial efforts incorporate ingredients extracted from the leaf stems of this particular blueberry variety into a crushed powder that is then added to various supplements of the group company – GE Wellness Co.

Blueberry leaf (Kunisato No. 35) crushed powder

In one of the studies, 10 kinds of component samples were made using extractions through hot water method from the leaves and stems. Each of the samples was added to cells cultured from monkey kidneys and they were then infected with COVID-19.  “In one of these, more than 99% of the toxicity was eliminated and inactivity was confirmed.”  Over the years they have also studied the effects of suppressing adult T-cell leukemia (ATL) and hepatitis C virus (HCV) using the leaf stems of blueberries.

EDOBIO Herbal Tea Set with Japanese Blueberry leaf Kunisato No. 35 & Green Tea

Despite the availability of the various covid-19 vaccines in certain countries of the world, it will take many months, even years for all countries to receive them.  Hence it is important to continue with the correct social protocols while building of a healthy immune system.  To this end, GE Wellness is committed to the manufacture of supplements and other products that contain this most important ingredient extracted from the stem leaves of Kunisato No. 35 variety of blueberry.  On February 17, EDOBIO (skincare line in Japan), announced that their herbal tea line now contains the ingredient blueberry leaf Kunisato No 35 that has a strong antiviral efficacy against COVID-19.

We can surely expect more exciting and beneficial products as a result of this study of the blueberry species Kunisato No 35.  We will continue to monitor the development of this blueberry species in Japan!

Lily Noon

Noon International LLC in no way endorses the use of any of the products mentioned above.  This is simply a report on the latest study and findings of the benefits of Blueberry variety Kunisato No. 35.

Sources:

1. Press Release:  EDOBIO Herbal Tea found to contain COVID-19 Resistant Properties, Marketer’s Media, www.marketersmedia.com

2. Japan News:  Miyazaki University Announces a New Coronavirus Inactivating Effect of Blueberry Species (Kunisato No. 35) Foliage Extract, www.miyazaki-u.ac.jp

ブルーベリーの基本的な健康メリットについては、すでにほとんどの人がご存じのことでしょう。栄養価に優れ、おいしくて、低カロリーです。ブルーベリーを1カップ(約240ml)食べれば、ビタミンCは一日の推奨摂取量の24%、ビタミンKは36%、マンガンは25%、食物繊維も4g摂取することができます。体に良いことばかりで、しかもカロリーはたった84カロリー、炭水化物は15gしかありません。

そのうえ、ブルーベリーは、あらゆる野菜と果物のなかでも抗酸化物質の含有量が最も高い部類です。ほかにも、血圧を下げる、心臓病のリスクを減らすなどのメリットがあります(ブルーベリーにはアントシアニンが豊富に含まれていて、これが血糖値を下げる効果もあります)。スーパーフードと称されて、きわめて人気を博しているのは、驚きではありません。

でも、さらにエキサイティングなニュースをお知らせします!

ブルーベリー種「くにさと35号」の葉

あるブルーベリー種に新型コロナウイルスの不活性効果が発見されたことは、ご存じでしたか? 宮崎大学が最近、ブルーベリー種「くにさと35号」の茎葉の抽出成分にこの不活性効果があることを発表しました。これは宮崎県で独自に開発された種で、なな葉コーポレーションと宮崎大学が管理しています。これまでの取り組みでは、このブルーベリー種の茎葉を粉砕末にして抽出した成分を、グループ会社であるGEウェルネスの各種サプリメントに配合しています。

「くにさと35号」の葉の粉砕末

この研究では、茎葉の熱水抽出物を使って10種類の抽出分画を作成し、サルの腎臓上皮由来の培養細胞に添加した後、その細胞を新型コロナウイルスに感染させました。「そのうちのひとつで、毒性が99%以上除去され、不活性が確認された」のです。この研究班は、これまで何年もかけて、ブルーベリーの茎葉を使った成人T細胞白血病(ATL)およびC型肝炎ウイルスの抑制効果を研究してきました。

「くにさと35号」と日本産の緑茶を使用したEDOBIOブレンドハーブティー

世界の一部の国では、新型コロナウイルス感染症のワクチンが流通していますが、すべての国に行き渡るまでには何カ月、何年もかかると見られます。このため、ソーシャルディスタンスなどの正しい予防策を続け、免疫力を高めることが重要です。そこで、GEウェルネスでは、「くにさと35号」の茎葉から抽出した最も重要な成分を配合したサプリメントや他の製品を製造していく計画です。2月17日、EDOBIO(日本のスキンケア製品)は、新型コロナウイルスに対する強い抗ウイルス効果が認められた「くにさと35号」の成分を配合したハーブティーを発表しました。

このブルーベリー種の研究の結果として、エキサイティングなメリットのある製品が今後さらに登場することでしょう。日本産のこのブルーベリーに関する今後のニュースに引き続き注目していきます!

Lily Noon

Noon International LLCは、ここで紹介した製品の使用を推薦しているわけではありません。この記事は、ブルーベリー種「くにさと35号」の効果に関する最新の研究成果について報告することのみを目的としています。

出典:

  1. Press Release: EDOBIO Herbal Tea found to contain COVID-19 Resistant Properties(プレスリリース:EDOBIOのハーブティーに新型コロナウイルスの抗ウイルス効果)、Marketers Mediawww.marketersmedia.com
  2. Japan News: Miyazaki University Announces a New Coronavirus Inactivating Effect of Blueberry Species (Kunisato No. 35) Foliage Extract(日本のニュース:宮崎大学、ブルーベリー種「くにさと35号」の茎葉の新型コロナウイルス不活性効果を発表)、www.miyazaki-u.ac.jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.