Crop News

Water Chestnut Season Underway in China

11
2
English
日本語

United States

Potato market conditions still uncertain due to covid.  While retail sales for frozen potatoes has surged by about 19%, foodservice sales are still looking dim compared to a year ago.  U.S. frozen product production declined by about 8% during the 12 months ending November 30th.   There could be some processing supply constraints for fryers/processors in the Columbia Basin and Idaho, unless open market potatoes are used.   Idaho has been moving potatoes to Midwest and Canada to cover shortages in those area.

 The cooler temperatures and wet weather slowed down green bean progress in the Midwest this season and there will be shortages of beans coming out of this area.

Frozen Fruit stocks in the U.S are down 18% – 20% from last year.

Specifically, cherries show a 25% decrease from last year due to a frost in Michigan in May.  Michigan is the largest cherry producing state in the U.S.  

Raspberries are reported as being down by about 12% with most of this being puree and juice stock.  

The blueberry number is a 4% decrease with most of this being wild blueberries which produced a 20% lower volume crop this past season.  

Strawberry stocks are at a 29% decrease compared to last year and due to the popularity of this item demand is expected to continue through 2021.

Mexico

Now in peak production for both broccoli and cauliflower, quality and yields are reported as good and factories are running at capacity.   Weather conditions are warm and sunny.

Spinach season in Mexico is now underway and is expected to run through April/May.  

Blueberries and raspberry season are ongoing.

Guatemala

Broccoli harvest for most in this area is winding down.  Conditions were good with plenty of rain to push crops along.   Guatemala’s okra season has begun and will continue through middle of this month.   Sugar snap pea season is underway.

Chile

Blueberry harvest in the North and Central Zone are now completed.   Drought, warm temperatures and shortage of labor will keep blueberry prices firm.   The South region had rain which interrupted the harvest for a while, but things are now back on track. 

Storage stocks of frozen raspberries are 15% lower than last year, this in combination with difficultly in securing seasonal workers due to covid related issues will keep raspberry stocks low and prices high.

Europe

Green peas and beans remain very short in Europe with no relief in sight until new season.   Spinach and cauliflower are also short and in high demand.

In the global frozen French fry market there is stiff competition from Europe due to the volume of processing potatoes harvested this season.   Prices are low coming from Europe.   Due to covid 19 virus the demand in Europe for potatoes on open market are extremely low causing prices to drop.   Most processors are running factories at 80 to 90% capacity.  NEPG has reported that contracts with farmers for the coming year will be negotiated after the first of the year and it is expected that grower contract volumes will be down and estimated planted acreage will be reduced by 15% to 20%.

Potato processers in Europe are facing many challenges aside from the covid challenge.   The 2020 season was the first season in which CIPC was not allowed to be sprayed to prevent sprouting in storage potatoes.   Storage has become more expensive and the new anti-sprouting treatment is expensive and not working as well as CIPC…. some sprouting is still occurring.

Japan

Based on a recent GAIN Report, on January 7th, Japan announced a state of emergency as a third wave of Covid -19 infections hit that country.   Government programs to support domestic tourism have been suspended which will negatively impact hotel, restaurant and institutional sales.   Retail sales continue to be strong, while restaurant bankruptcies hit an all-time high.  Business travel and tourism has been halted at least until February 7th.   Royal Holdings has closed 90 stores, while Skylark Holdings has closed about 200 stores.

In regard to convenience stores, Rytusu News reported that December year on year sales were 5.7% lower at Lawson, down 5.2% at Family Mart, and 5.1% down at Ministop.   It is the 10th month in a row of decreasing sales.

Japan foresees continued difficulty in the foodservice and tourism industry while retail sales are expected to remain strong.

China

Sweet Corn was affected by strong weather patterns.  Wind and Rain were reported in the growing regions.  Raw Product has been forecasted to be lower than predicted. 

Edamame season in China has been affected by heavy rains and flooding and reduced yields are anticipated.  Prices have increased dramatically, and limited product is available. Water Chestnut season is underway, but the outlook is not good.   Due to low prices last year, acreage was cut by approximately 1/3 and weather-related problems such as rain will affect the yields.

アメリカ合衆国

ジャガイモの市場は、パンデミックの影響で依然として不透明です。冷凍ジャガイモの小売販売高は19%前後の成長となっていますが、外食産業の販売高は依然として前年同期の水準を下回っています。米国の冷凍製品の生産は、11月30日までの12カ月間に約8%減となりました。コロンビア盆地とアイダホ州のフライドポテト加工業者は、オープン市場のジャガイモを使用しないかぎり、原材料不足に見舞われる可能性があります。中西部とカナダでジャガイモが不足しており、それを補うためにアイダホ州からジャガイモが送られています。

中西部のサヤインゲンは、気温が低く雨が多かったために遅れが生じ、今シーズンは不足するでしょう。

米国の冷凍果物の在庫は、昨年と比べて18~20%減っています。

特にチェリーは、昨年5月にミシガン州で発生した霜のため、25%減となっています。ミシガン州は、米国最大のチェリーの生産地です。

ラズベリーは約12%減とされていて、ほとんどはピューレまたはジュース用の在庫です。

ブルーベリーは4%減で、そのほとんどは先のシーズンに20%減となった天然ブルーベリーによるものです。

イチゴの在庫は昨年と比べて29%減です。これは人気が高まっているためで、需要は2021年いっぱい伸び続ける見通しです。

メキシコ

ブロッコリーカリフラワーが最盛期を迎えていて、質・量ともに良好と伝えられています。工場はフル操業をしています。天候は晴れて暖かです。

ホウレンソウは現在シーズンが進行中で、4月または5月いっぱい続く見通しです。

ブルーベリーラズベリーも収穫が行われています。

グアテマラ:この地域のほとんどの生産者でブロッコリーの収穫が終わりつつあります。状況は良好で、雨も十分にあり、作物が成長しています。オクラはシーズンが始まっていて、今月中旬まで続きます。スナップエンドウもシーズンが進行中です。

チリ

北部と中部のブルーベリーの収穫は終了しました。高気温と雨不足、それに労働力不足が重なっているため、ブルーベリーは高値を推移するでしょう。南部は雨で収穫が一時中断しましたが、今では再開されています。

冷凍ラズベリーの在庫は昨年より15%減っています。これに加えて、コロナ禍の影響で季節労働者が見つかりにくくなっていることから、ラズベリーの在庫レベルは今後も低く、価格は高めになるでしょう。

ヨーロッパ

ヨーロッパではグリーンピースサヤインゲンが非常に不足しており、次のシーズンまで解決の見込みはありません。ホウレンソウカリフラワーもやはり不足していて、大きな需要があります。

冷凍フライドポテトの市場は世界的に競争が激化しています。ヨーロッパで今年収穫されたジャガイモの加工量が増えたためです。ヨーロッパ産の価格は低めです。パンデミックの影響で、オープン市場のジャガイモに対するヨーロッパからの需要がきわめて低く、価格が下落しています。ほとんどの加工業者は、工場の稼働率が80~90%です。北西ヨーロッパジャガイモ生産者協会(NEPG)によると、2021年の生産者契約は年明け以降に交渉されますが、生産者契約量が減少し、作付面積も15~20%減少すると見込まれています。

ヨーロッパのジャガイモの加工業者は、コロナウイルス以外にも多くの困難に直面しています。2020年のシーズンは、貯蔵中の発芽を防止するクロルプロファム(CIPC)の噴霧が禁止された初のシーズンでした。このため貯蔵コストが高くなりました。代替の発芽防止法がCIPCよりも高価なうえ、CIPCほど効果的でなく、一部で発芽が生じたためです。

日本

日本では1月7日に緊急事態宣言が再発令されました。観光業支援事業のGo Toトラベルキャンペーンは全国で一時停止されており、ホテルやレストランの売り上げに影響が出るでしょう。小売業は以前として好調ですが、レストランの倒産は史上最多となっています。Go Toトラベルの一時停止措置は3月7日まで延長されました。ロイヤルホールディングスは90店、すかいらーくグループは200店を閉店する計画です。

コンビニ業界の12月の売上高は、ローソンが前年同月比5.7%減、ファミリーマートが同5.2%減、ミニストップが同5.1%減だったと、流通ニュースで報じられました。10カ月連続の売上縮小です。

日本では今後も外食産業と観光業の不振が続き、一方で小売業は好調が続くと予想されています。

中国

スイートコーンは、悪天候の影響を受けました。生産地で暴風雨が報告されています。原材料は、予想を下回る見込みです。

中国のエダマメのシーズンは、豪雨と浸水の被害を受けました。生産量が下がる見通しです。価格が劇的に上昇し、品薄の状態です。

シログワイのシーズンは進行中ですが、展望は明るくありません。昨年の低価格を受けて、作付面積が約3分の1減らされたうえ、雨などの天候の問題があったため、生産量に影響するでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.