Crop News

Challenges Face European Potato Growers and Processors

12
1
English
日本語

United States

With sweet corn shortages in the Midwest region and Europe, coming into season with lower than usual inventories, plus some loss of yields here in the Pacific Northwest, expect for a tight sweet corn market with prices firm going forward.  Most Northwest suppliers are officially off market, for the time being.

Carrot harvest came in on budget.

Potato market conditions still uncertain due to covid.  While retail sales for frozen potatoes has surged by about 19%, foodservice sales are still looking dim compared to a year ago.    Processors are hesitant to buy potatoes on open market due to covid related declines in foodservice, however if the industry picks up, there may well be a shortage down the road.   Between June 1 and November 30, 2020 there was a 10% to 12% decline in the amount of potatoes used in the U.S. processing industry.

 The cooler temperatures and wet weather slowed down green bean progress in the Midwest this season and there may be some shortages of beans coming out of this area.

Maine’s Wild Blueberry season was a disaster this year.  Struggling with an unusual frost in June, then drought conditions during summer and labor disruptions due to the Covid pandemic, the season estimate is between 50 to 60 million pounds.  A normal year will produce an 84-million-pound crop.   Demand is high and so will be the prices at least until new season arrives in summer 2021.

While we reported previously that the U.S. cranberry season was expected to be a good one, the situation changed due to drought conditions in parts of Massachusetts and harvest could be down by approximately 10% in that state.  Also, in Wisconsin the largest grower of cranberries in the U.S., the outcome is also anticipated to be lower than expected due to small size fruit.  

USDA figures have reported that the overall fruit stocks in the U.S. are 15% down from the same period one year ago.   Strawberry stocks are at an 18-year record low, while the sour cherry market suffers with a 25% drop in harvest due to frost.

Canada

Potato growing conditions varied in Canada.   Eastern Canada struggled through a very hot and dry season while Western Canada fared much better and has reported good yields and quality.   Overall Canadian potato production is expected to be down.    The Canadian potato industry is experiencing all of the same challenges as their American neighbors due to the Covid pandemic.

Mexico

Now in peak production for both broccoli and cauliflower, quality and yields are reported as good and factories are running at capacity.   Weather conditions are warm and sunny.

Spinach season in Mexico is now underway and is expected to run through April/May.  

Blueberries and raspberry season are ongoing.

Guatemala

Broccoli harvest for most in this area is winding down.  Conditions were good with plenty of rain to push crops along.   Guatemala’s okra season has begun and will continue through middle of this month.

Ecuador

Much rain and cooler temperatures have affected the output of Ecuador’s broccoli crop, both conventional and organic.  

A drop in mango harvest has also been a result of the recent wet and cooler weather.

Peru

Reports from Peru indicate that mango season may be lower than normal.  Kent variety processing began in November.   Late flowering due to cool weather in summer (June/July) and drought conditions most recently will surely lower mango yields.   One processor mentioned that fruit size and quality will be affected as well.  Expect mango prices to go up.  Most recent reports indicate a 25% drop compared to last season.

Peru’s frozen strawberry exports are doing well.   It has been reported that Peru doubled their exports of frozen strawberries in the last few years.   Most of the volume is shipped into the U.S.A. with Canada and Korea buying some as well. 

Chile   Some lower temperatures in blueberry regions have delayed fruit ripening, while the increased number of orchards should keep volumes high.  Blueberry season is underway and to date it is reported that conditions have been favorable with good yields and high-quality fruit.  

As well Chile expects a high yielding strawberry season due to increased acreage.   Strawberry season should run through March.

Europe

Brussel Sprout season has commenced in Belgium with a good season anticipated.   Carrot and green bean season are now completed and has been disappointing with lower yields due to weather related issues.   The market will be tight on most carrots and green beans.

In the global frozen French fry market there is stiff competition from Europe due to the volume of processing potatoes harvested this season.   Prices are low coming from Europe.   Due to covid 19 virus the demand in Europe for potatoes on open market are extremely low causing prices to drop.   Most processors are running factories at 80 to 90% capacity.  NEPG has reported that contracts with farmers for the coming year will be negotiated after the first of the year and it is expected that grower contract volumes will be down and estimated planted acreage will be reduced by 15% to 20%.

Potato processers in Europe are facing many challenges aside from the covid challenge.   The 2020 season was the first season in which CIPC was not allowed to be sprayed to prevent sprouting in storage potatoes.   Storage has become more expensive and the new anti-sprouting treatment is expensive and not working as well as CIPC…. some sprouting is still occurring.

China

Sweet Corn was affected by strong weather patterns.  Wind and Rain were reported in the growing regions.  Raw Product has been forecasted to be lower than predicted. 

Edamame season in China has been affected by heavy rains and flooding and reduced yields are anticipated.  Prices have increased dramatically, and limited product is available.

Water Chestnut season is underway, but the outlook is not good.   Due to low prices last year, acreage was cut by approximately 1/3 and weather-related problems such as rain will affect the yields.

アメリカ合衆国

中西部とヨーロッパでスイートコーンが不足していて、シーズン開始前の在庫量がすでに例年より低かったうえ、ここ太平洋岸北西部で一部に被害が出たことから、今後スイートコーン市場は引き締まり、価格も底堅くなるでしょう。北西部のほとんどのサプライヤーは、当面の間、正式に販売を停止しています。

ニンジンは予算どおりの収穫となりました。

ジャガイモの市場は、パンデミックの影響で依然として不透明です。冷凍ジャガイモの小売販売高は19%前後の成長となっていますが、外食産業の販売高は依然として前年同期の水準を下回っています。加工業者はオープン市場でのジャガイモの買い付けには消極的です。外食産業の需要減があるためです。しかし、外食産業が回復すれば、今後、品不足も起こるかもしれません。2020年の6月1日から11月30日までの間に米国の加工業界が使用したジャガイモの量は10~12%減少しました。

中西部のサヤインゲンは、気温が低く雨が多かったために遅れが生じ、今シーズンはやや不足するかもしれません。

メイン州の天然ブルーベリーは、今年は惨憺たる結果になりました。6月に季節外れの霜が降り、夏の間は雨不足で、コロナ禍の労働力不足にも苦しみました。今シーズンの収穫量は、5,000万~6,000万ポンド(約2万2,700~2万7,200トン)と見積もられています。例年であれば8,400万ポンド(約3万8,100トン)に達するところです。需要が高いため、少なくとも2021年夏に次のシーズンが始まるまでの間、価格も高くなるでしょう。

米国クランベリーは豊作になる見込みだと以前にお伝えしましたが、状況が変わりました。マサチューセッツ州の一部で雨不足となり、同州の収穫量が約10%減となる可能性があります。また、クランベリーの米国最大の生産地であるウィスコンシン州でも、果実が小さくなったため、当初の予想を下回ると見られています。

米国農務省によると、米国の果物の在庫が全体として前年同期比15%減となっています。イチゴの在庫は過去18年間で最低レベルにあり、サワーチェリーは霜のため収穫量が25%減となりました。

カナダ

カナダではジャガイモの生育状況にばらつきがあります。東部は非常に暑く乾燥したシーズンに苦しみましたが、西部ははるかに良い状況で、質・量ともに上々と伝えられています。全体としてカナダのジャガイモ生産量は下がる見通しです。カナダのジャガイモ業界は、新型コロナウイルス感染症のため、お隣の米国とまったく同じ困難に直面しています。

メキシコ

ブロッコリーカリフラワーが最盛期を迎えていて、質・量ともに良好と伝えられています。工場はフル操業をしています。天候は晴れて暖かです。

ホウレンソウは現在シーズンが進行中で、4月または5月いっぱい続く見通しです。

ブルーベリーラズベリーも収穫が行われています。

グアテマラ

この地域のほとんどの生産者でブロッコリーの収穫が終わりつつあります。状況は良好で、雨も十分にあり、作物が成長しています。オクラはシーズンが始まっていて、今月中旬まで続きます。

エクアドル

低気温と降雨によりブロッコリーの生産に影響が出ました。オーガニック非オーガニックの両方です。

マンゴーは収穫が減っていて、これもやはり最近の雨と寒さのせいです。

ペルー

ペルーからの報告によると、マンゴーのシーズンは例年を下回る可能性があります。ケント種の加工が11月に始まりました。夏場(6~7月)に涼しく開花が遅れたうえ、最近は雨が少なかったため、マンゴーの収穫量は間違いなく下がるものと見られます。ある加工業者は、果実のサイズと品質にも影響が出るだろうと説明しています。マンゴーは今後値上がりするでしょう。最近の報告によると、昨シーズンと比べて25%減だとされています。

ペルーの冷凍イチゴの輸出は好調です。過去3年ほどで冷凍イチゴの輸出が2倍に増えたと伝えられています。そのほとんどは米国に出荷されていて、カナダと韓国からもいくらか買い付けがあります。

チリ

ブルーベリーの生産地では、一部で気温が下がり、実の成熟に遅れが出ましたが、果樹園の数が増えているため、高い生産量を推移するでしょう。ブルーベリーのシーズンは進行中で、これまでのところ順調です。良い品質で十分な量が収穫されています。

また、チリでは、イチゴも作付面積が増えているため、生産量が多くなる見通しです。イチゴのシーズンは3月いっぱい続くでしょう。

ヨーロッパ

ベルギーでメキャベツが始まっていて、良いシーズンが期待されています。ニンジンサヤインゲンはシーズンが終了しましたが、生産量が減って残念な結果となっています。天候の問題によるものです。ほとんどのニンジンサヤインゲンが底堅い市場となるでしょう。

冷凍フライドポテトの市場は世界的に競争が激化しています。ヨーロッパで今年収穫されたジャガイモの加工量が増えたためです。ヨーロッパ産の価格は低めです。パンデミックの影響で、オープン市場のジャガイモに対するヨーロッパからの需要がきわめて低く、価格が下落しています。ほとんどの加工業者は、工場の稼働率が80~90%です。北西ヨーロッパジャガイモ生産者協会(NEPG)によると、2021年の生産者契約は年明け以降に交渉されますが、生産者契約量が減少し、作付面積も15~20%減少すると見込まれています。

ヨーロッパのジャガイモの加工業者は、コロナウイルス以外にも多くの困難に直面しています。2020年のシーズンは、貯蔵中の発芽を防止するクロルプロファム(CIPC)の噴霧が禁止された初のシーズンでした。このため貯蔵コストが高くなりました。代替の発芽防止法がCIPCよりも高価なうえ、CIPCほど効果的でなく、一部で発芽が生じたためです。

中国

スイートコーンは、悪天候の影響を受けました。生産地で暴風雨が報告されています。原材料は、予想を下回る見込みです。

中国のエダマメのシーズンは、豪雨と浸水の被害を受けました。生産量が下がる見通しです。価格が劇的に上昇し、品薄の状態です。

シログワイのシーズンは進行中ですが、展望は明るくありません。昨年の低価格を受けて、作付面積が約3分の1減らされたうえ、雨などの天候の問題があったため、生産量に影響するでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.