Crop News

Maine’s Wild Blueberry Season Disappointing

11
10
English
日本語

United States

Northwest sweet corn is full steam ahead. The season is expected to be a tight one both on conventional corn and organic corn. The smoke cover in the Pacific Northwest from fires cooled the air and delayed the growth of much of the harvest. Processors are scrambling to finish up the season before a frost sets in, however the 10 day forward forcaste calls for warm weather and sun. In order to process all fields, the season is expected to extend through middle October.

A recent wind storm knocked down various corn fields and was more apparent in the Pasco/TriCity area where some were hit harder than others. We have heard at least 1500 acres were lost. A few processors have advised that yields are slightly off this season but nothing very dramatic. With corn shortages in the Midwest region and Europe, coming into season with lower than usual inventories, plus some loss of yields here in the Pacific Northwest, expect for a tight sweet corn market with prices firm going forward. As of today most Northwest suppliers are off the market, for the time being, on both conventional and organic corn. 

Carrot harvest has commenced in the Pacific Northwest.

North American Potato Market News has reported, that raw potato contracts were reduced by 15% – 20% for 2020. North American processors expected to use 2019 storage potatoes through the month of September/October however stocks were depleted sooner than anticipated (by end August/first of September). Most processors were planning to purchase open market potatoes if and when sales began to improve, however most growers opted not to plant potatoes on their ground once contracts were released due to the covid pandemic. Now that sales are slightly improving for most processors there is a question whether or not processors will now be able to secure enough potatoes on the open market to meet the improved demand.

Potato yields are good and finished product has excellent fry color and high solids.

Midwest region is expected to be under budget for sweet corn due to various unfavorable weather conditions. Cooler weather and rain have delayed the season which is expected to run though middle October if possible.

Midwest Green Bean season is winding down. The cooler temperatures and wet weather slowed down progress and there may be some shortages of beans coming out of this area.

Maine’s Wild Blueberry season has been a disaster this year. Struggling with an unusual frost in June, then drought conditions during summer and labor disruptions due to the Covid pandemic, the season estimate is between 50 to 60 million pounds. A normal year will produce an 84-million-pound crop. Demand is high and so will be the prices.

U.S. cranberry season has begun and will continue through November.   Estimates are for increased yields this season.  

The U.S. government announced on September 17, 2020 it will provide an expansion to the Coronavirus Food Assistance Program with an additional US$14 billion for the agricultural industry to help with disruptions due to the Covid 19 pandemic. To see if you qualify you can go to farmers.gov/cfap/commodities.

Canada

Potato growing conditions vary in Canada. Eastern Canada struggled through a very hot and dry season while Western Canada fared much better and is reporting good yields and quality. Overall Canadian potato production is expected to be down.  The Canadian potato industry is experiencing all of the same challenges as their American neighbors due to the Covid pandemic.

Mexico

Rainy season has taken its toll on broccoli and cauliflower crops with lower yields and some lower quality product. The good news is that weather conditions are now improving and new season fields which will be coming to harvest in late October look very good and have not been hindered by the past rainy weather. The forward forecast in Mexican agricultural regions is for warm weather and sunny skies.

Guatemala

Peak broccoli harvest is ongoing and to date conditions have been good with enough rain to help the crops along.   

Europe

The season has been a struggle in Europe. All due to weather issues as well as strong demands in the retail markets due to Covid.

Hungarian sweet corn continues to be a topic of concern. The price is reported to be up by 18% compared to last year. This is all due weather-related issues in the field. Weather has been unfavorable for both first and second planting cycles, however there have been reports that second cycle harvest has seen an improvement recently resulting in better corn yields.

Reported by the North Western European Potato Growers Association the season in the 5 largest potato producing countries (Belgium, the Netherlands, France, Germany and Great Britain) should increase by about 1.4% to 27.9 million tons although the yields vary from country to country.  Belgium continues to struggle due to lack of rain and all of Europe is experiencing the same challenges due to the Covid pandemic as U.S. processors.

Wild Blueberry production out of Europe is expected to be short his season due to lack of labor, again based on Covid 19 restrictions.

Asia

China

Sweet Corn was affected by strong weather patterns.  Wind and Rain were reported in the growing regions.  Raw Product has been forcasted to be lower than predicted. 

Pear production across China is expected to be approximately 15% lower this season due to poor weather in the Northern part of the country, however in the Korla region, the Korla pears, known for their fragrance is expected to have a very good season with an increase in yields of almost 20%.

アメリカ合衆国

北西部のスイートコーンは、収穫の真っただ中です。今シーズンは、オーガニック非オーガニックともに不足気味になると見られています。山火事の煙が太平洋岸北西部一帯の上空を覆ったため、気温が下がり、収穫期の成長の大半に遅れが出ました。加工業者は、霜が降りる前にシーズンを終了しようと躍起になっていますが、この先10日間の予報は暖かく好天です。畑の収穫をすべて終えるため、10月半ばまでシーズンが延長される見込みです。

最近の強風により各地の畑でトウモロコシがなぎ倒されましたが、パスコとトライシティーズの地域が特に大きな被害を受けました。少なくとも1,500エーカーが失われたと聞いています。2、3の加工業者から、今シーズンの収穫量がわずかに変わるものの、それほど大きな変更ではないとの連絡を受けました。中西部とヨーロッパでトウモロコシが不足していて、シーズン開始前の在庫量がすでに例年より低かったうえ、ここ太平洋岸北西部で一部に被害が出たことから、今後スイートコーン市場は引き締まり、価格も底堅くなるでしょう。現時点で北西部のほとんどのサプライヤは、オーガニック・非オーガニックともに、販売を当面停止しています。

ニンジンは、太平洋岸北西部で収穫が始まっています。

North American Potato Market Newsによると、生ジャガイモの契約量が今年は15~20%減となっています。北米の加工業者は、9、10月は2019年からの貯蔵ジャガイモを使用すると見られていましたが、思ったよりも早く(8月末か9月第1週までに)在庫が尽きてしまいました。大半の加工業者は、ジャガイモの販売が開始され改善した時点でオープン市場での買い付けを予定していましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で契約が解約されたのを受けて、ほぼすべての生産者がジャガイモの植え付けを見合わせました。今ではほとんどの加工業者で販売がわずかに改善しているため、この改善した需要を満たすだけの十分なジャガイモをオープン市場で買い付けられるかどうかが、目下の問題になっています。

ジャガイモの生産量は良好で、フライドポテト製品は美しい揚げ物の色に仕上がっていて、固体比重も高くなっています。

中西部では、さまざまな悪天候に見舞われたせいで、スイートコーンが予算を下回る見通しです。低温と降雨のせいでシーズンが遅れたため、可能であれば10月中旬まで続く見通しです。

中西部のサヤインゲンは、シーズンが終わりつつあります。気温が低く雨が多かったために遅れが生じ、この地域のサヤインゲンはやや不足するかもしれません。

メイン州の天然ブルーベリーは、今年は惨憺たる結果になっています。6月に季節外れの霜が降り、夏の間は雨不足で、コロナ禍の労働力不足にも苦しみました。今シーズンの収穫量は、5,000万~6,000万ポンド(約2万2,700~2万7,200トン)と見積もられています。例年であれば8,400万ポンド(約3万8,100トン)に達するところです。需要が高いため、価格も高くなるでしょう。

米国のクランベリーのシーズンは始まっていて、11月いっぱい続くでしょう。今シーズンは収穫量が増える見込みです。

米国政府は2020年9月17日、新型コロナウイルス食料支援制度を拡大し、パンデミックで影響を受けた農業を支援するため追加で140億ドルを拠出すると発表しました。この制度の適用条件や申込資格は、farmers.gov/cfap/commoditiesで確認できます。

カナダ

カナダではジャガイモの生育状況にばらつきがあります。東部は非常に暑く乾燥したシーズンに苦しみましたが、西部ははるかに良い状況で、質・量ともに上々と伝えられています。全体としてカナダのジャガイモ生産量は下がる見通しです。カナダのジャガイモ業界は、新型コロナウイルス感染症のため、お隣の米国とまったく同じ困難に直面しています。

メキシコ

雨期がブロッコリーカリフラワーに影響しました。収穫量が減って、品質の低下も一部に見られます。朗報としては、現時点でお天気が改善していて、新しいシーズンの畑で10月末にも収穫が始まると見られ、これらが非常に良い状況にあり、これまでの雨の影響を受けていないことです。メキシコの農業生産地の今後の予報は、暖かな晴天とのことです。

グアテマラ

ブロッコリーは、収穫の最盛期が続いていて、これまでのところ、十分な雨に助けられて良好な状況です。

ヨーロッパ

ヨーロッパは困難なシーズンとなっています。いずれも天候の影響で、新型コロナウイルスを受けた小売市場からの大きな需要も加担しています。

ハンガリーのスイートコーンは、心配な状況が続いています。価格は昨年から18%上がっていると伝えられています。これはすべて天候に関係した畑の問題によるものです。植え付けが第1期、第2期ともに天候に恵まれませんでしたが、第2期の収穫は最近になって改善が見られ、トウモロコシの収穫量は上がっているとのことです。

ヨーロッパ北西部ジャガイモ生産者協会によると、ジャガイモの5大生産国(ベルギー、オランダ、フランス、ドイツ、イギリス)の今シーズンの生産量は、約1.4%増で2,790万トンになると見られています。ただし、国によってばらつきはあります。ベルギーは引き続き苦戦していて、雨不足によるものです。また、パンデミックの影響により、ヨーロッパ全域が米国の加工業者と同じ困難を経験しています。

ヨーロッパ産の天然ブルーベリーの生産は、短いシーズンになると見られています。原因は労働力不足ですが、やはりパンデミックを受けた移動制限が関係しています。

アジア

中国

スイートコーンは、悪天候の影響を受けました。生産地で暴風雨が報告されています。原材料は、予想を下回る見込みです。

中国全土のナシの生産は、約15%減となる見込みです。北部で天候に恵まれなかったことが原因ですが、香高い「コルラ香梨」の特産地として知られるコルラ地方は、非常に良いシーズンが期待されていて、生産量が20%近く高くなる見通しです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.