Crop News

Northwest Sweet Corn Season Begins!

11
8
English
日本語

United States

Northwest green peas harvest has been completed.   Conditions have been good; however, weather heated up in the middle of the pack which caused bunching for some processors.  Overall budgets were met, however there may be more lower grade peas than desired, with high quality AAA grade product at a premium.   In regard to organic peas we are hearing there were lots of issues this season with weeds, reducing yields so we are expecting organic peas to be in tight supply this year.

Northwest sweet corn has commenced, and so has the true heat of summer!  Temperatures over the last week have climbed to 106 degrees in the Pasco/Tri Cities area.   Overall, everyone is anticipating a favorable pack. The heat moved up the start to corn season by a few days, started a few days but it is still too early to make any predications as we have a long way to go yet in the 100-day season.

Carrot will commence in late September and Lima Bean production is scheduled for the middle of August.

According to North American Potato Market News report, the potato growers and processors have been through a year full of ups and downs.  COVID has really interfered with storage potatoes and new crop pricing.  None-the-less spring of 2020 was cooler than normal during potato planting; however, the crop is fully emerged, and tuber development looks normal.  Early variety Shepodies are being harvested and reports advise that potatoes have good solids, size and yields.   Most factories are now running new season potatoes.

Washington State’s red raspberry crop has been pressured with pest and mold issues of late, the overall crop is short due to these two issues. Raspberry pricing continues to rise because of the crop shortage.

Eastern Washington blueberry harvest is underway with reported good fruit size.

Frozen Blueberry in Washington State are in high demand.  The harvest was delayed this year due to weather and circumstances in the fields.  The blueberry crop has been fighting both pest (SWD) and mold issues.  Growers are anticipating a reduction in yields because of the pest and mold issues.  Early in the season the fresh market had strong sales of the Duke variety.  This along with the issues the growers are faced with may leave a bit of a shortage for frozen blueberries.  The weather in the Northwest both Oregon and Washington state has been warm over the last few weeks and we could see some fruit softening.  The season is not completed at this point and we will continue to monitor the progress.

Washington State and Oregon State cherry growers are contending with “little cherry disease”.   The disease produces a small, pale, low sugar fruit which is not harmful for human consumption, it is just not flavorful and cannot be sold.   Once a cherry tree has this disease it must be cut down.  In regard to fresh cherries, estimates a 20% reduction in product from 2017.  Universities are working with growers to help eliminate trees that are infected thus trying to stop the spread of the disease.

The USA tart cherry harvest continues to struggle.  The early May frost damage that hi Michigan when trees were in bloom reduced the crop from 170 million pounds in 2019 down to 123 million pounds for 2020.  Low temperatures in Utah have also aided to the decrease in pounds (over 20 million pound decrease).  Overall numbers have been released and the USA crop came in 65 million pounds below last year’s harvest.

Midwest region green pea are towards the end of the pack.  Overall the pack is looking to be on budget, but some areas have been affected by heavy rains and then extreme heat; which can cause green peas to mature faster than normal. The Midwest/East coast looks to finish up harvest within a week.

Sweet Corn in the Midwest continues to develop.  Planting has been completed now.  All signs at this time point towards a normal pack year for the processors.  Weather to date has been typical for the time of year.

Mexico

Broccoli and Cauliflower growing regions are in their rainy season and it is in full progress.   Although there has been some flooding, for the most part processors have been able to build up inventories and shipments seem to be going out as scheduled.   Peak harvest and production will start up in October.

Reported by IHS Markit news, Avocado season in Peru has not been keeping up with past years.  Processors who have invested in their equipment and capacity are watching it sit idle until sales increase.  Like most business’s the Covid 19 pandemic has decreased most hotel and foodservice sales and based on lack of employees and social distancing, production is only producing at about 40% capacity.

Guatemala

Broccoli Peak broccoli harvest is ongoing and to date conditions have been good with enough rain to help the crops along.

Argentina

Industrial Peaches grown in Argentina’s Valle de Uco produce upwards of 85% of the raw material (88,289 tonnes in 2019/2020).  These peaches are typically used in the canning market (87%) and for purees (13%).   The overall crop came in mediocre with a dilemma on the horizon.  Trees are ageing faster than new trees are put into production, leaving ageing trees with decreased yields.  New Trees are not only young, but also new varieties which can yield higher tonnes once in full production.  During 2020 they are expecting to replant almost 171 ha out of the 1,000 ha that are being removed.  Also, the number of producers in the region is decreasing as well.

Europe

The season continues to be a bit of a struggle out of Europe.  All due to weather issues as well as strong demands in the retail markets due to Covid 19.

Belgium, Europe’s largest frozen pea producer, will suffer a 15% to 20% reduction in yields this season due to drought and many customers will be prorated.

Green pea season in Hungary this year has been delayed due to weather (the ground is too wet for normal harvest).  Peas in northern Europe have not fully recovered from the drought like conditions.  Green Peas continue to be difficult to find out of Europe for the spot market.

Hungarian sweet corn is off to a slow start by about a week due to weather issues.  Hungarian sweet corn volumes overall can be upwards of 70,000 tones in the frozen market (cob and cut) and 320,000 tonnes of canned product.

Italy’s canned sweet corn season was delayed due to weather; however, they are in full swing now.  The area in northern Italy increased their planting by 6% to help compensate for growth.

Spain has a good start to its broccoli season with good quality and yields, however the later part of the season suffered due to heat and broccoli may be tight due to lower yields and quality.

Sour Cherry crops in Europe (Poland and Hungary) have been better then analyst predicted.  The weather which completely ruined the strawberry crop did not seem to hinder the growth of the cherries.  The price of Sour Cherries is on the incline making them too expensive at the moment for freezing.  These cherries are used in the fresh market, wine and liquor segments as well as compote due to the sweetness.

Serbia:  Based off of HIS Market intl, Serbia’s red raspberry yields are off anywhere from 10-40%.  Estimates early on based the reduction of yields to be off by 10%, due to weather (this was at the time of bloom), but now weather is starting to play a role in this as well and shortages are being reported at 20-40 percent loss based on region and source.

アメリカ合衆国

北西部のグリーンピースは収穫が終わりました。天候には恵まれましたが、シーズンの真っただ中に気温が上がったため、一部の加工業者では原材料の入荷が集中する結果になりました。全体として予算は満たしましたが、オーガニックのグリーンピースは、雑草の問題があったために今シーズンの収穫量が減ったと聞いています。

北西部のスイートコーンは、収穫が始まりました。それと同時に、盛夏の暑さも始まっています! 先週は、パスコとトライシティーズの辺りで気温が41℃以上に達しました。全体として、誰もが良好なシーズンを期待しています。トウモロコシの収穫は7月中旬から下旬に開始されましたので、100日間のシーズンを確実に見通すにはまだ時期尚早です。

ニンジンは、9月終わりに始まります。ライマメの生産は、8月半ばに予定されています。

North American Potato Market Newsによると、ジャガイモの生産者と加工業者は、山あり谷ありの1年になっているとのことです。新型コロナウイルスが、貯蔵ジャガイモと新ジャガイモの価格に大きく影響しました。2020年の春は、植え付けの間に例年より寒い日が続きましたが、十分に生育して、ジャガイモは通常のサイズになっているようです。早生品種のシェポディー種が収穫されていて、固体比重、大きさ、収穫量すべて良好と伝えられています。ほとんどの工場が、今では新規に収穫されたジャガイモで生産を行っています。

ワシントン州のレッドラズベリーは、ここ最近、害虫とカビに見舞われました。このため、全体的に収穫量が少なめです。ラズベリーの価格は、商品不足のため、上昇が続いています。

ワシントン州東部のブルーベリーは、現在収穫されていて、良好なサイズだと伝えられています。

ワシントン州産の冷凍ブルーベリーには、大きな需要があります。今年は天候と畑の状況のために収穫が遅れました。ブルーベリーも、害虫(SWD)やカビの問題と格闘しています。生産者は、この問題のために収穫量が減ると予測しています。生鮮市場のシーズン早期には、デューク種の売れ行きが上々でした。これに加えて、生産者の抱えている問題があることから、冷凍ブルーベリーはやや不足気味になるかもしれません。北西部ではオレゴン州とワシントン州の両方が、過去数週間にわたって暑気に見舞われたため、果実が柔らかくなる可能性があります。今年のシーズンはまだ終了していませんので、今後も状況を見守りましょう。

ワシントン州とオレゴン州のチェリー生産者は、「リトルチェリー病」が発生しているのではないかと考えています。これが発生すると、小粒で色が浅く、甘みの少ない果実になるため、食べても問題ではありませんが、味があまりしないため、販売はできません。チェリーの木に一度これが発生すると、伐採するよりほかに選択肢はありません。生鮮市場向けのチェリーは、2017年と比べて20%減と見積もられています。複数の大学が生産者と協力して、この疫病にかかった木を除去し、拡大を食い止めようとしています。

米国のタルトチェリーの収穫は、苦戦が続いています。ミシガン州で5月初旬の開花期に霜が発生して被害が出たため、収穫量は2019年の1億7,000万ポンド(約7万7,100トン)から2020年は1億2,300万ポンド(約5万5,800トン)に減りました。ユタ州でも低気温のために収穫量が2,000万ポンド(約9,100トン)以上減少しました。米国の全体量はすでに発表されていて、昨年の収穫と比べて6,500万ポンド(約2万9,500トン)減とされています。

中西部のグリーンピースは、収穫が終了間近です。全体としては予算どおりになる見通しですが、一部の地域では大雨と酷暑の影響が出ています。この暑さによりグリーンピースが通常よりも早く成熟する可能性があります。中西部と東海岸では、1週間以内に収穫が終わるでしょう。

中西部のスイートコーンは、生育が続けられています。植え付けはすでに終了しました。現時点では、通常の収穫が期待されています。天候も、これまでのところ、この時期の典型的な天候です。

メキシコ

ブロッコリーカリフラワーの産地は、現在、雨期の真っただ中です。一部で浸水がありましたが、ほとんどの加工業者は十分な在庫を作ることができ、出荷は予定どおり行われているようです。収穫と生産の最盛期は10月に始まります。

IHS Markitによると、ペルーのアボカドのシーズンが、過去数年のレベルを下回っています。設備投資をして生産能力を拡大してきた加工業者は、販売が増えるまでの間、新しい機器を稼働させられずにいます。ほとんどの業者に共通することですが、新型コロナウイルス感染症の流行を受けて、ホテルや外食サービス向けの販売が減少しました。また、従業員不足やソーシャルディスタンスの影響で、生産量は40%程度に留まっています。

グアテマラ

ブロッコリーは、収穫の最盛期が続いていて、これまでのところ、十分な雨に助けられて良好な状況です。

アルゼンチン

アルゼンチンのウコバレーで生産される業務用のモモは、原材料生産の85%以上を占めています(2019~2020年は8万8,289トンでした)。このモモは通常、87%が缶詰、13%がピュレに使われます。全体として可もなく不可もない収穫になったため、今後、ジレンマが発生するかもしれません。新しい木が実を付け始めるよりも前に、既存の木が老木化しているため、収穫量が下がっています。新しい木は若いだけでなく、新種でもあるため、本格的に生産できるようになれば、収穫量が上がる可能性があります。2020年には、老木が除去された1,000ヘクタールのうち171ヘクタール弱に再植樹が行われる見通しです。また、この地域では、生産者の数も減少しています。

ヨーロッパ

ヨーロッパは今シーズンも苦戦が続いています。いずれも、天候の問題と新型コロナウイルス感染症を受けた小売市場からの需要に起因しています。

ヨーロッパ最大の冷凍グリーンピース産地であるベルギーは、雨不足のため、今シーズンの収穫量が15~20%減となり、すべての顧客に比例配分で出荷されるでしょう。

ハンガリーの今年のグリーンピースのシーズンは、天候のために遅れが生じました(土壌水分が高いため、通常どおり収穫できなくなっています)。ヨーロッパ北部のグリーンピースは、干ばつのような状況から完全に回復していません。ヨーロッパ産のグリーンピースは、今後もスポット買いは難しいでしょう。

ハンガリーのスイートコーンは、天候の問題のため、約1週間遅れのスタートとなっています。収穫量は、冷凍向け(丸ごとおよびカット)が7万トン、缶詰向けが32万トンを上回る可能性があります。

イタリアの缶詰スイートコーンも、やはり天候のためにシーズンが遅れましたが、今ではフル操業しています。イタリア北部では、市場の成長に合わせるため、植え付けを6%拡大しました。

スペインでは、ブロッコリーのシーズンが好調なスタートを切り、質・量ともに良好でしたが、シーズン後半に暑気に見舞われたため、品質と生産量が下がる可能性があります。

ヨーロッパ(ポーランドとハンガリー)のサワーチェリーは、アナリストの予測よりも上出来となっています。イチゴを完全に台無しにした天候も、チェリーの生育には影響しなかった模様です。サワーチェリーの価格は上がりつつあり、現時点では冷凍するには高すぎるレベルです。これらのチェリーは、生鮮市場に回されるほか、ワインやリカーで使われたり、甘味のあるコンポートに使われたりします。

セルビア:IHS Markitによると、セルビアのレッドラズベリーは、収穫量が10%から40%も下がっているそうです。早期の見積もりでは、(開花期の)天候のせいで10%減とされていましたが、またも天候が影響を及ぼし始めていて、生産地および関係筋からの報告によると、今では20~40%不足するとされています。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.