Trending

State of the Specialty Food Industry Report

11
7
English
日本語

Each year the Specialty Food Association publishes a detailed industry report – it is a joint research project prepared by Mintel and SPINS/IRI.  The report covers the three most recent calendar years of sales data and has figures for 63 specialty food categories. In addition, it includes data and insights from a 23-question customer survey conducted in January 2020 among 1630 adults, as well as interviews with members of the supply chain including retailers, food service operators, specialty food manufacturers, brokers and distributors.

Here are some highlights that may be of interest to you:

Size of Specialty Foods Category:  By end of 2019 specialty food sales totaled 158.4 billion, a 10.7 percent increase since 2017.  The specialty food and beverage market outpaced the sales of all foods, growing three times faster than the entire food and beverage market during 2017-2019. Sales at brick and mortar retailers hit 118.1 billion (dominated by conventional supermarkets and mass merchandisers), food service channels reached 34.8 billon and online sales were 5.4 billion (pre-pandemic). Note that Walmart and Target have publicly states that they plan to “go deeper with specialty assortments across various food and beverage categories.”

Specialty Food – What’s Selling Now:  There is continuing consumer interest in plant-based, refrigerated/fresh frozen and health.  The top 10 categories in retail sales are: cheese and plant based cheese, meat, poultry and seafood (refrigerated and frozen), chips, pretzels, snacks; coffee and hot cocoa (non-RTD), bread and baked goods, chocolate and confectionary, refrigerated entrees, frozen desserts, water, frozen entrees (lunch and dinner).

Plant based meat alternatives are top sellers

Top 10 Categories with Highest Dollar Growth: Refrigerated plant-based meat alternatives, shelf-stable creams and creamers, refrigerated creams and creamers, refrigerated RTD tea and coffee, frozen breakfast foods, frozen juices and beverages, water, jerky and meat snacks, rice cakes and baby food.

Water moved from number 12 to number 9 in top 10

Who is buying and what do they want?  The survey data shows that younger millennials ages 26-34 are the core specialty food consumer.  The next group most likely to buy are the Gen Z’s (ages 18-25). Gen-X’s and Baby Boomers are trending down.  Millennials and Gen Z’s are looking for convenience, value, quality and healthy options when shopping for groceries. If they are going out to eat, these two groups prefer restaurants that clearly identify menu options that align with special diets, allow them to customize their orders, explain the ingredients.

In total specialty food consumers spend about 30 percent more on food than non-specialty consumers weekly, $228 compared to $176.

Millennials & Gen Z love specialty foods

Impact of COVID-19: The impact of COVID-19 on the food industry in retail, foodservice and in the supply chain has been enormous and will continue for some time.  In March there was panic buying and shelves were quickly emptied of staples like baking mixes, flour, pasta, pizza sauces, soups and shelf- stable entrees and mixes.  After this initial spike, consumers once again started buying specialty products, but some traded down or out of the market until economic conditions improve. As a result, some specialty brands are temporarily SKUing down while at the same time ramping up production of their best sellers.

Consumers also shifted away from food service to eating at home with many restaurants closed or having limited take-away offerings. Restauranteurs say they have only a 15 percent survival chance if the COVID-19 crisis lasts another 6 months considering the social distancing requirements and other required precautions. At the same time, a shift to online shopping took place (51 percent of consumers ordered groceries online in month ending April 7, 2020) and while it remains to be seen if this trend will continue, many shoppers indicate they’ll continue ordering online. Online sales of specialty food and beverage items grew 55 percent in 2018 and 50 percent in 2019 to 5.4 billion.

The above is only a small sample of the extensive information available to those interested in specialty food. You can download the full 125 page State of the Specialty Food Industry report and 10-Year Category Tracking and Forecasts, 2020-2021 Edition at: www.specialtyfood.com/state2020 

Lily Noon

Source: The State of the Specialty Food Industry 2020-2021 Edition

スペシャリティフード協会では、毎年、詳細な業界レポートを発行しています。調査会社のMintelとSPINS/IRIが共同プロジェクトとして手がけているもので、63種類のスペシャリティフードを対象とし、過去3年の販売データを報告しています。また、23問からなる顧客アンケート調査の結果も含まれていて、今年は1月に1,630人を対象に行われました。さらに、小売店、外食店、スペシャリティフードのメーカー、仲介業者や流通業者など、サプライチェーン関係者の聞き取り調査から得た洞察も盛り込まれています。

今年のレポートから、いくつか興味深い点をご紹介します。

スペシャリティフードの市場規模:2019年末時点で、スペシャリティフードの販売高は1,584億ドルに達し、2017年から10.7%増となりました。スペシャリティフードおよび飲料の市場は、食品・飲料市場全体よりも速いペースで成長していて、2017~2019年の成長率は食品・飲料市場全体の3倍でした。実店舗を持つ小売店(従来型のスーパーや大型店が大半)の販売高は1,181億ドルで、外食店は348億ドル、オンラインの販売高は54億ドルでした(いずれも新型コロナウイルス感染症が発生する前のデータ)。ウォルマートとターゲットは、「各種の食品・飲料カテゴリー全体にわたってスペシャリティ商品の品揃えを拡大する」という計画を打ち出しています。

最近よく売れているスペシャリティフード:植物由来の食品、冷蔵・冷凍食品、およびヘルシーな食品が、引き続き消費者の関心を集めています。小売販売高でトップ10のカテゴリーは、チーズおよび植物由来のチーズ、肉類・鳥肉・魚介類(冷蔵および冷凍)、チップス・プレッツェル・スナック類、コーヒーおよびココア(レディ・トゥ・ドリンクではないもの)、パンおよび焼き菓子、チョコレートおよび糖菓、冷蔵ミール、冷凍デザート、水、冷凍ミール(ランチおよびディナー)です。

植物由来の肉代替品が売れ行き好調

金額の伸びが著しいトップ10カテゴリー:冷蔵保存する植物由来の肉代替品、常温保存のクリームとクリーマー、冷蔵保存のクリームとクリーマー、冷蔵保存のレディ・トゥ・ドリンクのお茶とコーヒー、冷凍ブレックファスト、冷凍ジュースおよび飲料、水、ジャーキーおよび肉スナック、ライスケーキ、ベビーフード。

水は昨年の12位から9位に上昇

主な消費者層とその嗜好:この調査によると、26~34歳のミレニアル世代がスペシャリティフードの主な消費者層です。次にスペシャリティフードを買う可能性が高いのはZ世代(18~25歳)。X世代とベビーブーマー世代が占める割合は減少傾向です。ミレニアルとZ世代は、手軽でお得感があり、品質の良いヘルシーな商品を食料品店で買い求めます。外食の場合は、特別な食生活のスタイルに合ったアイテムをメニューに明記していて、注文をカスタマイズでき、食材を説明してくれるレストランを好みます。

スペシャリティフードの消費者が食品に費やす金額は週228ドルで、そうでない食品の消費者の176ドルと比べて30%高くなっています。

ミレニアルとZ世代はスペシャリティフードを愛用

新型コロナウイルス感染症の影響:新型コロナウイルス感染症は、小売店から外食店まで、食品のサプライチェーンに甚大な影響を及ぼしました。これは今後もしばらく続くでしょう。3月にはパニック買いが発生して、ベーキングミックス、小麦粉、ピザソース、スープ、常温保存できるミールやミックスなど、定番商品が食料品店の棚から消えてなくなりました。この当初の殺到の後、スペシャリティ商品の販売は戻り始めましたが、なかには景況が改善するまで代わりに安いものを買っている人や、スペシャリティ商品を買っていない人もいます。この結果、一部のスペシャリティ商品のブランドでは、一時的に商品のラインナップを減らして、売れ筋の商品のみ生産量を増やしています。

 

消費者も、外食から内食に移行しました。多くのレストランが休業したり、テイクアウトのみの営業になったりしたためです。レストランは、このパンデミックがあと6か月続けば、事業存続の確率は15%だとしています。ソーシャル・ディスタンスや他の予防措置の負担があるためです。同時に、オンライン・ショッピングへの移行も起こりました(2020年4月7日までの1か月間にオンラインで食料品を注文した消費者は51%に上りました)。このトレンドが定着するかどうかは現時点では不明ですが、多くの人がオンラインでの買い物を続けるとしています。スペシャリティフードおよび飲料のオンライン販売高は、2018年に55%増、2019年に50%増で54億ドルに達しました。

これらはほんの「さわり」にすぎず、ほかにもスペシャリティフードに関心のある人向けに膨大な情報が提供されています。全125ページのレポート『The State of the Specialty Food Industry, 2020-2021 Edition』と過去10年間のカテゴリー別統計および展望は、次のサイトで入手できます:www.specialtyfood.com/state2020 

Lily Noon

出典:The State of the Specialty Food Industry 2020-2021 Edition(スペシャリティフード業界の現状、2020~2021年版)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.