Crop News

Reduced Mango Season in Mexico

11
7
English
日本語

United States

Northwest green peas are in peak harvest.   Conditions have been good; however, weather has heated up in the last week which may affect grades coming out of the fields.  Depending on who you speak with, some processors have been unable to keep up with harvest as peas are coming in quickly due to recent warmer weather in the Northwest.  The season should be winding down in the next few weeks and we expect to see a higher than normal volume of AAC grade green peas.

Northwest sweet corn plantings began in April and plantings are almost completed.   We should see the first sweet corn coming out of the ground mid to end July.  The recent warmer weather should be favorable for a budget crop.

Carrot and Lima Bean plantings are underway.

Due to the Covid-19 virus and the abrupt challenges it has created in the market – foodservice sales are down, while retail sales are up – (this is the same situation for all frozen vegetables and fruits, however it seems that potatoes have been hit the hardest, although based on more recent news in the last few weeks the situation may be rebounding.

It is estimated that North American potato contract volumes for raw material are down by about 15% – 25% compared to last year. Many contracts were quickly cancelled as the effects of the virus became known.  As well, we heard that one large producer has returned a large volume of 2019 storage potatoes back to grower.   Processors will be running on past years storage potatoes longer than they ever have in the past.

In most recent weeks, with the opening of restaurants the situation has been getting slightly better and some processors have gone back to growers to retrieve some of the potatoes they released.   To their surprise the majority of the raw potatoes which were given back have been used – some went to Midwest processors who were short before the pandemic began and some to food banks or potatoes were simply dumped back onto fields for compost.

Washington State’s red raspberry crop was reduced by about 12% compared to last year due to rain during the harvest season which sent more product to juice.   I.Q.F Raspberry prices are on the rise and most processors are sold out.

The meeker raspberry season in Northern WA is expected to be underway this week.   Due to earlier rains there is some concern of rot.

Strawberry season in Northern WA is also underway with good size fruit and nice quality.

Eastern Washington blueberry harvest is underway with reported good fruit size.

Frozen Blueberry is currently in demand in the retail market, for both conventional and organic as sales continue to climb due to the Covid -19 pandemic.  Sales of frozen blueberry increased by 79% in week ending March 14th and 116% in week ending March 21 based on information obtained from IHS Markit news.  Consumers look to blueberries due to their health benefits of high antioxidants levels and low calories and frozen can be held for long periods of time; fresh cannot.  While much of the foodservice category was lost and freezers were full, much of the inventory was quickly moved into the retail market. This may firm up the blueberry market sooner than later.

Washington State cherry growers are contending with “little cherry disease”.   The disease produces a small, pale, low sugar fruit which cannot be used.   Once a cherry tree has this disease it must be cut down.   In regard to fresh cherries, estimates are that 2.5 – 3 million boxes of fruit will be lost.

The USDA estimates of tart cherry harvest has been announced at 127.5 million pounds.   This is the smallest harvest in the last 10 years.   Price quotations will be available at the end of July to give growers/processors time to assess the crop condition and volume.    The state of Michigan leads the United States in volume produced.

Midwest region currently has good soil moisture.   Green pea harvest is now underway, and conditions are reported as average.

Sweet Corn plantings are close to being completed.   With the recent higher heat in corn growing areas the crop is emerging, tasseling and generally coming along nicely.   The harvest of sweet corn is expected to begin towards the end of July depending on future weather conditions.

Mexico

Broccoli and Cauliflower growing regions are now in their rainy season.  Factories in Mexico are running as much product as possible due to the huge demand caused by the corona virus.   Repack rooms are running at capacity in order to fill demand.

Reported by IHS Markit news, Mango season in Mexico is expected to produce a lower volume of fruit this season due to the natural fluctuation of larger and smaller crops.   Mexico is expecting a 20% reduction in mango harvest.  The lower crop, higher raw material prices and a very strong demand will raise prices.   As with other fruits the Covid 19 pandemic has increased mango sales in the U.S.A.   After strawberries, frozen mango is the second largest imported fruit into the U.S.A.

Guatemala

Broccoli season in Guatemala is now underway.

Philippines

Pineapple raw material for can market is very tight and processors there are not accepting any new buyers

Europe:   It may be another tough year for European vegetables.   A very hot and dry spring may affect many of the crops there.   Some say the more recent rains have helped but some say it is too little too late.

Green pea season began in Belgium a few weeks ago and the outlook there as well as in Northern France does not look promising due to drought and the lack of irrigation.   The current yields on green peas are low (some say as much as a 30% – 50% drop in yields).  We expect Europe to be very tight on green peas this season.

It is a little too early to know how the Hungary corn season will go but there is talk that Hungary will struggle with their sweet corn season and product will be short.

Strawberry and Raspberry crops in Europe (Serbia) have not been good.   A warm spring and drought and recent rains have taken a toll on both of these crops. Product is expected to be short and prices will increase.    Cold storages are empty of product and the season is uncertain.

Thailand

Prolonged drought has reduced the raw material yields for sweet corn.  Prices remain high.   Thailand’s worst drought in 4 decades will affect all crops, including rice and sugar.   It will cost the economy US$1.9 billion, equivalent of 0.34% of Thailand’s gross domestic products.

Australia

Tasmania, the island state of Australia, which produces the majority of the French fry’s for Australia, are experiencing large losses in crops this season.   Due to many months of wet weather it is making is difficult to get into the fields to harvest the crop and many farmers are leaving crops in the ground to rot.   It is estimate that 60,000 tones of potatoes will be lost but the estimate could be much higher.

With this shortfall many are concerned that Europe will begin to dump potatoes on the Australian market.

Japan

Farmers in Japan have been struggling to harvest due to limited number of seasonal workers.   Many of the seasonal workers are from aboard and are students from local universities.   With schools closed and travel restricted the impact has been felt.  Vegetable peak harvest is July through September/October.   Without these workers some crops may not be harvested or planted.   Some of the fresh onion and spinach crop has been destroyed due to closed restaurants.

The foodservice sector along with school lunch, bento box, vending machine, and restaurants have been the hardest hit.   As everywhere, Japan’s retail business is booming as more people are staying and eating at home.

China

Edamame season now underway in China.

アメリカ合衆国

北西部のグリーンピースは、収穫の最盛期を迎えています。状況は良好ですが、先週、暖かくなったため、現在収穫中の作物の品質に影響する可能性があります。誰と話すかにもよりますが、北西部では最近の気温上昇でグリーンピースの収穫のペースが上がったため、一部の加工業者では対応が追い付かなくなっています。収穫は向こう数週間で収束するでしょう。AACグレードのグリーンピースの量が例年よりも多くなると期待されています。

北西部のスイートコーンは、植え付けが4月に始まり、現時点でほぼ完了しています。スイートコーンの最初の収穫は、7月中旬から下旬になる見通しです。最近の暖かな天候が好影響を及ぼし、予算通りになるでしょう。

ニンジンライマメは、植え付けが行われています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連の突然の変化を受けて、市場にも困難が生じています。外食産業向けの販売高が落ち込む一方で、小売店向けの販売高は上がっています。すべての冷凍野菜・果物に共通していますが、最も打撃を受けているのはジャガイモのようです。ただし、過去2、3週間のニュースを聞くかぎり、状況は改善しているかもしれません。

北米のジャガイモ原材料の契約量は、昨年と比べ約15~25%減になると見積もられています。ウイルスの影響が明らかになるや否や、多くの契約がキャンセルされました。また、ある大手メーカーが2019年分の貯蔵ジャガイモを大量に生産者に返品したという話も聞いています。加工業者は、例年よりも長期にわたって前年からの貯蔵ジャガイモで工場を稼動させ続けるでしょう。

ここ数週間はレストランが営業を再開しつつあるため、状況はやや改善しています。加工業者のなかには、生産者に再び連絡を取って、いったんキャンセルしたジャガイモをあらためて入手しようとしている業者もいますが、意外にも、返品されたジャガイモ原材料の大半はすでに使用されました。パンデミックの発生前から品薄に見舞われていた中西部の加工業者に回されたり、フードバンクに送られたりしたためです。また、単に畑に戻されて有機肥料にされたジャガイモもありました。

ワシントン州のレッドラズベリーは、収穫が昨年と比べ約12%減となりました。収穫シーズンに雨に見舞われ、ジュース加工用に回された作物が多くなったためです。IQF(個別急速冷凍)加工用のラズベリーは、価格が上がっていて、ほとんどの加工業者で品切れの状態です。

ワシントン州北部のミーカー種のラズベリーは、今週にも収穫開始の見通しです。先の雨で、腐敗の懸念も生じています。

ワシントン州北部のイチゴは、シーズンが進行中です。サイズも品質も良好です。

ワシントン州東部のブルーベリーは、現在収穫されていて、良好なサイズだと伝えられています。

冷凍ブルーベリーは、パンデミックの影響を受けて、現在、小売市場の需要があり、オーガニックと非オーガニックの両方の販売が伸び続けています。IHS Markitのニュースから得た情報によると、冷凍ブルーベリーの販売高は、3月14日締めの週に79%増、3月21日締めの週に116%増になりました。ブルーベリーは、抗酸化物質が豊富で低カロリーといった健康メリットがあるうえ、冷凍であれば生鮮よりも賞味期限が長いことから、消費者に人気です。外食産業の需要がほぼ完全に失われ、冷凍倉庫は在庫でいっぱいでしたが、そのほとんどがすぐに小売市場に回されました。この結果、ブルーベリーの市場は、まもなく堅くなる可能性があります。

ワシントン州のチェリー生産者は、「リトルチェリー病」が発生しているのではないかと考えています。小粒で色が浅く、甘味の少ない果実になるため、販売はできません。チェリーの木に一度これが発生すると、伐採するよりほかに選択肢はありません。生鮮市場のチェリーは、250~300万箱が失われると見積もられています。

米国農務省は、タルトチェリーの収穫量が1億2,750万ポンド(約5万7,800トン)になるとの見積もりを発表しました。過去10年間で最も少ない数値です。価格の見積もりは7月末に入手できるでしょう。その頃までには生産者と加工業者が収穫の状況と量を評価できるはずです。米国で最も生産量が多いのはミシガン州です。

中西部は、土壌の水分が良いレベルにあります。グリーンピースの収穫が行われていて、例年並みと伝えられています。

スイートコーンは、植え付けが終了間近です。トウモロコシの産地で最近、気温が上がったため、発芽し雄穂も出るまでになっていて、全体として良好な生育です。スイートコーンの収穫は7月末にかけて始まる見通しですが、今後の天候にもよるでしょう。

メキシコ

ブロッコリーカリフラワーの生産地は、現在、雨期です。メキシコの工場は、新型コロナウイルスの影響による大きな需要に応えるため、生産量を最大限に高めています。パッケージングを替えるための作業場がフル稼働しています。

IHS Markitによると、メキシコのマンゴーは、今シーズンは収穫量が少なめになる見込みです。収穫が多い年と少ない年を繰り返す自然な変動によるものです。メキシコのマンゴーは、20%減になると見られます。この収穫減で原材料価格が上がるうえで、需要がきわめて好調なため、値上がりするでしょう。他の果物と同様にマンゴーも、新型コロナウイルス感染症の影響により米国での販売量が増えています。冷凍マンゴーは、イチゴに次いで2番目に米国への輸出が多い果物です。

グアテマラ

グアテマラではブロッコリーのシーズンが進行中です。

フィリピン

缶詰パイナップル用の原材料市場が非常にひっ迫しているため、フィリピンの加工業者は新規の購入者は受け付けていません。

ヨーロッパ

ヨーロッパの野菜は、今年も厳しい状況になるかもしれません。非常に暑くて雨の少ない春だったため、多くの作物に影響する可能性があります。最近の雨で状況が改善したという声がある一方、この雨は遅すぎたという声もあります。

ベルギーでは、グリーンピースのシーズンが数週間前に始まりました。フランス北部と同様に、ベルギーも展望は明るくありません。雨不足と灌漑水不足のためです。現在のグリーンピースの収穫量は低いレベルを推移しています(場合によっては30~50%減と言われています)。ヨーロッパでは今シーズン、グリーンピースが非常にひっ迫する見通しです。

ハンガリーのトウモロコシのシーズンを見通すにはまだ尚早ですが、スイートコーンが苦戦し、生産が短期になるという情報も入っています。

ヨーロッパ(セルビア)のイチゴラズベリーは、芳しくない状況が続いています。春の高温と日照り、それに最近の雨が、これらの作物に被害をもたらしました。生産期間が短くなり、価格は高騰するでしょう。冷蔵倉庫は空っぽで、シーズンは不透明な状況です。

タイ

長期にわたる干ばつで、スイートコーンの原材料供給が減少しました。高値が続いています。過去40年間で最悪の干ばつは、砂糖を含むすべての作物に影響するでしょう。米ドルにして19億ドル、タイのGDPの0.34%に相当する被害となる模様です。

オーストラリア

オーストラリアでは、南島のタスマニア州がフライドポテトの大半を生産していますが、今シーズンは大きな損失に見舞われています。何か月にもわたる降雨のせいで畑に入って収穫するのが難しくなり、多くの生産者が作物を土中に放置して腐敗させています。6万トンのジャガイモが失われると見積もられていますが、もっと多くなるかもしれません。

この不足状況を受けて、ヨーロッパ産のジャガイモが安値でオーストラリア市場に流れ込むことを、多くの人が懸念しています。

日本

日本では、季節労働者の不足が農業に困難をもたらしています。季節労働者の多くは、外国からの出稼ぎ者と地元の大学生です。このため、休校と渡航制限が影響しました。野菜の収穫の最盛期は7月から9月か10月にかけてです。この貴重な労働力が不足した状態では、一部の作物の収穫や植え付けが行われない可能性もあります。生鮮のタマネギホウレンソウの収穫は、飲食店の営業自粛によって一部失われました。

外食産業、学校給食、お弁当、自動販売機、飲食店、特に打撃を受けています。他の国と同じで、日本でも自宅で食事をする人が増えたため、小売店ルートは活況です。

中国

中国ではエダマメのシーズンが進行中です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.