Crop News

Green Pea Season Starts

11
6
English
日本語

United States

Most Northwest Green Pea processers will begin harvest this coming week.  Conditions have been perfect for pea growing in the Northwest and yields and quality expected to be excellent.

Northwest corn plantings began in April and approximately 50% of crop is now planted, with an expected harvest date of end July.  The weather has been a bit cooler than normal for this time of year and corn has not silked yet so depending on future weather conditions the season may start a few days later than usual, however this could change quickly if weather warms up.

Carrot and Lima Bean plantings are underway.

Due to the Covid-19 virus and the abrupt challenges it has created in the market – foodservice sales are down, while retail sales are up – (this is the same situation for all frozen vegetables and fruits, however it seems that potatoes have been hit the hardest.

It is estimated that North American potato contract volumes for raw material are down by about 15% – 25% compared to last year. Many contracts were quickly cancelled as the effects of the virus became known.  As well, we heard that one large producer has returned a large volume of 2019 storage potatoes back to grower.   Processors will be running on past years storage potatoes longer than they ever have in the past.

Freezer storage is filled with finished product and processors are cutting back on production.    On a more positive note, with the opening of some parts of the country, we expect the situation to gradually improve.   It was also announced this month that the USDA will award a $50 million-dollar purchase in order to help the potato industry during the Covid – 19 pandemic.    New season harvest is expected to begin in July.

Washington State’s red raspberry crop was reduced by about 12% compared to last year due to rain during the harvest season which sent more product to juice.   I.Q.F Raspberry prices are on the rise and most processors are sold out.   The season this year is coming along nicely in British Colombia and Washington state with good soil moisture and mild weather conditions.

Blueberry bushes in Oregon have completed pollination and favorable weather conditions make it look as though a good season is on the horizon.

Eastern Washington blueberry harvest will begin middle of this month and, again due to mild weather we look forward to a budget crop in this area.

Western Washington and British Colombia currently in bloom stage.   Some inconsistent pollination but overall, we expect a good blueberry season.

Frozen Blueberry is currently in demand in the retail market, for both conventional and organic as sales continue to climb due to the Covid -19 pandemic.   Consumers look to blueberries due to their health benefits of high antioxidants levels and low calories and frozen can be held for long periods of time; fresh cannot.  While much of the foodservice category was lost and freezers were full, much of the inventory was quickly moved into the retail market. This may firm up the blueberry market sooner than later.

Washington State cherry growers are contending with “little cherry disease”.   The disease produces a small, pale, low sugar fruit which cannot be used.   Once a cherry tree has this disease it must be cut down.   In regard to fresh cherries, estimates are that 2.5 – 3 million boxes of fruit will be lost.

Midwest peas are about 70% into the ground.  Freeze and rain could affect the early peas in regard to maturity.  Sweet corn continues to be planted, however cooler temperatures and rain have slowed down planting progress

The USDA announced in May it will purchase $470 million in surplus food for distribution to communities nationwide.   This will help growers and communities during this pandemic.

Mexico

Broccoli and Cauliflower growing regions are coming into their rainy season.   Factories in Mexico are running as much product as possible due to the huge demand caused by the corona virus.   Repack rooms are running at capacity in order to fill demands.

Guatemala

Broccoli season in Guatemala will begin end June first week of July.

Chile

Raspberry season was disappointing this year due to weather conditions including a drought.  Prices on Chilean raspberries have risen, and shortages are expected by about 30%.  Blueberry season is completed.

Philippines:  Pineapple raw material for can market is very tight and processors there are not accepting any new buyers

Europe

A lack of seasonal workers in Europe due to travel restrictions are making it difficult to harvest and labor many berry and vegetable crops there, while Belgians are being called upon to eat more French fry’s due to the glut in the market caused by foodservice shops closing due to Covid – 19.   75% of Belgium’s potatoes are used for the freezers and 25% are used for snacks and as fresh.  Those two markets have been good as people are cooking more at home and eating snacks such as potato chips.

In the Netherlands the government there has provided 650 million euros to save farmers from losses caused by the pandemic of which 50 million euros will go to potato farmers.

Thailand

Prolonged drought has reduced the raw material yields for sweet corn.  Prices remain high.   Thailand’s worst drought in 4 decades will affect all crops, including rice and sugar.   It will cost the economy US$1.9 billion, equivalent of 0.34% of Thailand’s gross domestic products.

Australia

Tasmania, the island state of Australia, which produces the majority of the French fry’s for Australia, are experiencing large losses in crops this season.   Due to many months of wet weather it is making is difficult to get into the fields to harvest the crop and many farmers are leaving crops in the ground to rot.   It is estimate that 60,000 tones of potatoes will be lost but the estimate could be much higher.

With this shortfall many are concerned that Europe will begin to dump potatoes on the Australian market.

China

Edamame season will begin June/July.   Sugar snap season is now completed.

アメリカ合衆国

北西部のグリーンピースの加工業者は、ほとんどが今週から収穫を開始します。この地域はグリーンピースの生育にとって申し分のない条件に恵まれたため、質・量ともに非常に良好になると期待されています。

北西部のトウモロコシは、4月に植え付けが開始され、現時点で約50%が終了しました。収穫は7月末の見通しです。天候は例年よりやや涼しく、トウモロコシの柱頭はまだ出ていません。このため、今後の天候次第では、シーズンの開始が例年より数日遅れるかもしれません。とはいえ、暖かくなれば、すぐに状況が変わるでしょう。

ニンジンライマメは、植え付けが行われています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連の突然の変化を受けて、市場にも困難が生じています。外食産業向けの販売高が落ち込む一方で、小売店向けの販売高は上がっています(すべての冷凍野菜・果物に共通していますが、最も打撃を受けているのはジャガイモのようです)。

北米のジャガイモ原材料の契約量は、昨年と比べ約15~25%減になると見積もられています。ウイルスの影響が明らかになるや否や、多くの契約がキャンセルされました。また、ある大手メーカーが2019年分の貯蔵ジャガイモを大量に生産者に返品したという話も聞いています。加工業者は、例年よりも長期にわたり、前年からの貯蔵ジャガイモで工場を稼動させ続けるでしょう。

冷凍倉庫は完成品でいっぱいになっていて、加工業者は生産を抑えています。明るいニュースとしては、米国の一部の地域でさまざまな店舗が営業を再開しつつあるため、状況は徐々に改善すると思われます。また今月、パンデミックの影響を受けたジャガイモ業界のための救済策として米国農務省(USDA)が5,000万ドル分の買い上げを行うことも発表されました。新しいシーズンは、7月から開始される見込みです。

ワシントン州のレッドラズベリーは、収穫が昨年と比べ約12%減となりました。収穫シーズンに雨に見舞われ、ジュース加工用に回された作物が多くなったためです。IQF(個別急速冷凍)加工用のラズベリーは、価格が上がっていて、ほとんどの加工業者で品切れの状態です。ブリティッシュコロンビア州とワシントン州の今年のシーズンは良好です。土壌に十分な水分があり、穏やかな天候に恵まれています。

ブルーベリーは、オレゴン州では授粉が完了し、天候にも恵まれて、良好なシーズンが期待されています。

ワシントン州東部では、今月半ばからブルーベリーの収穫が始まります。こちらも穏やかな天候が続いているため、予算どおりになると思われます。

ワシントン州西部とブリティッシュコロンビア州は、現在、開花期です。授粉状況に一部ばらつきがあるものの、全体としては良好なブルーベリーのシーズンになる見込みです。

冷凍ブルーベリーは、パンデミックの影響を受けて、現在、小売市場の需要があり、オーガニックと非オーガニックの両方の販売が伸び続けています。ブルーベリーは、抗酸化物質が豊富で低カロリーといった健康メリットがあるうえ、冷凍であれば生鮮よりも賞味期限が長いことから、消費者に人気です。外食産業の需要がほぼ完全に失われ、冷凍倉庫は在庫でいっぱいでしたが、そのほとんどがすぐに小売市場に回されました。この結果、ブルーベリーの市場は、まもなく堅くなる可能性があります。

ワシントン州のチェリー生産者は、「リトルチェリー病」が発生しているのではないかと考えています。小粒で色が浅く、甘味の少ない果実になるため、販売はできません。チェリーの木に一度これが発生すると、伐採するよりほかに選択肢はありません。生鮮市場のチェリーは、250~300万箱が失われると見積もられています。

中西部のグリーンピースは、約70%が植え付けを完了しました。霜と雨が早期のグリーンピースの生育に影響する可能性があります。スイートコーンは植え付けが続けられていますが、涼しくて雨も降っているため、遅れが生じています。

USDAは5月、4億7,000万ドル相当の余剰食物を買い上げ、国内各地のコミュニティに配給すると発表しました。パンデミックの間、生産者とコミュニティを支援するためです。

メキシコ

ブロッコリーカリフラワーの生産地は、雨期に入りつつあります。メキシコの工場は、新型コロナウイルスの影響による大きな需要に応えるため、生産量を最大限に高めています。パッケージングを替えるための作業場がフル稼働しています。

グアテマラ

グアテマラのブロッコリーのシーズンは、6月終わりから7月第1週にかけて開始されます。

チリ

ラズベリーは、今年は不作となりました。雨不足をはじめ、天候によるものです。チリ産ラズベリーは値上がりしていて、約30%の不足が見込まれています。ブルーベリーのシーズンは終了しました。

フィリピン

缶詰パイナップル用の原材料市場が非常にひっ迫しているため、フィリピンの加工業者は新規の購入者は受け付けていません。

ヨーロッパ

ヨーロッパでは、移動制限のため季節労働者が不足していて、多くのベリー類や野菜の収穫が困難になっています。ベルギーでは、フライドポテトをもっと食べるよう国民に呼びかけています。新型コロナウイルスの影響で外食産業が閉鎖され、市場が飽和状態になっているためです。ベルギー産のジャガイモは、75%が冷凍市場向け、25%がスナック菓子と生鮮市場向けです。これら2つの市場は良好です。自宅で調理することが増え、ポテトチップの消費も増えているためです。

オランダでは、パンデミックで損失を出した農業生産者を救済するため、政府が6億5,000万ユーロを拠出しました。そのうち5,000万ユーロはジャガイモ生産者に割り当てられます。

タイ

長期にわたる干ばつで、スイートコーンの原材料供給が減少しました。高値が続いています。過去40年間で最悪の干ばつは、砂糖を含むすべての作物に影響するでしょう。米ドルにして19億ドル、タイのGDPの0.34%に相当する被害となる模様です。

オーストラリア

オーストラリアでは、南島のタスマニア州がフライドポテトの大半を生産していますが、今シーズンは大きな損失に見舞われています。何か月にもわたる降雨のせいで畑に入って収穫するのが難しくなり、多くの生産者が作物を土中に放置して腐敗させています。6万トンのジャガイモが失われると見積もられていますが、もっと多くなるかもしれません。

この不足状況を受けて、ヨーロッパ産のジャガイモが安値でオーストラリア市場に流れ込むことを、多くの人が懸念しています。

中国

エダマメのシーズンは、6月か7月に始まるでしょう。スナップエンドウのシーズンは終了しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.