Trending

CHINESE FARMERS TURN TO ALIBABA FOR HELP

11
3
English
日本語

Alibaba is helping China’s farmers survive the COVID-19 (Corona Virus) outbreak.

Many brick and mortar businesses in China have recently turned to video live streaming on “Taobao Live” to sell their products…and it’s working. Livestream sessions in February increased by 110% compared to same period last year.  With physical businesses closed in many cities and consumers confined to their homes, many in the farming community have turned to using online platforms.  Sales of fresh fruits and vegetables that otherwise would have gone to waste are now making it home to consumers through Alibaba’s Rural Support Program that was launched on February 6, 2020.

For NO CHARGE, farmers can use the Taobao Live platform to sell their fresh produce, and farmers across China now have the ability to connect with Taobao’s 41 million followers through its Foodie Livestream Channel.

But how about delivery? Alibaba’s logistic arm called Cainiao recently opened up new delivery routes for agricultural products through its network of truckers and logistic experts so that orders placed via Taobao Live ship within 72 hours to over 50 major cities in China.

Cainiao said it has mobilized 34 partners to create new and direct routes to transport truckloads of mangoes and melons from the southernmost tip of China all the way to cities like Beijing in three days and to Shanghai in just two.” 

For those consumers that don’t want human contact…shoppers can place orders with Freshippo (Alibaba’s retail driven grocery chain) by using the Freshippo app and choosing the “non-contact” delivery option.

Anything else Alibaba?  Well – they’ve hired thirty renowned agricultural experts in China to identify and recommend solutions in the areas that are most affected by the Corona Virus.  And along with it, set up a RMB1billion fund (approximately US142 million) and another 10 measures to support farmers which includes a DINGTALK number for agricultural related issues! Since the launch of the Rural Support Program on February 6, 2020, an estimated 18,000 tons of agricultural products have been sold.

Teacher live streaming on Taobao education

Alibaba also encourages the use of live streaming for business to help more small and medium sized entrepreneurial businesses through Taobao University – it’s educational platform for e-commerce operators.  They provide free online courses for online marketing and live-hosting techniques to name just some of the offerings.

References:

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大するなか、中国ではアリババが農業生産者にとって必須のツールとなっています

実店舗を持つ小売店の多くが、アリババグループのライブビデオストリーミングサービス「Taobao Live(タオバオライブ、淘宝直播)」を使って商品を販売するようになっていて、実際に効果を挙げています。2月のライブストリーミングのセッション数は、昨年同月と比べ2倍以上に増えました。多くの都市でさまざまな店が休業を余儀なくされ、消費者が自宅に閉じ込められている状況を受けて、農業コミュニティでも、各種のオンラインプラットフォームを活用する人が増えています。アリババは2020年2月6日に「農村支援制度」を導入しましたが、このおかげで、ゴミ箱行きになっていたであろう青果物が消費者に届くようになりました。

Taobao Liveでは、農業生産者が手数料なしで青果物を販売できるようにしていて、今では中国全土の農家が、食べものをテーマにしたライブストリーミングチャンネルのフォロワー4,100万人とつながれるようになっています。

でも、配達はどうするのでしょうか。アリババには「ツァイニャオ(Cainiao、菜烏網絡)」と呼ばれる物流事業部門があり、最近、そのトラック輸送網を通じて農作物を配達するルートを新たに開設しました。この結果、50以上の主要都市に向けて、Taobao Liveの注文から72時間以内に商品が配達されています。

ツァイニャオは、次のように説明しています。「パートナー企業34社と協力して、トラック輸送の新しい直通ルートを開設したため、中国本土の最南端の地域で生産されるマンゴーやメロンを、北京などの北部の都市でも3日、上海なら2日で配達できます」。

また、人と接触したくないという消費者には、アリババの食料品チェーン店「フレシッポ(Freshippo、盒馬鮮生)」で買い物するという手段もあります。アプリで注文して、「接触なし」の配達方法を選べるのです。

アリババは、ほかにも大奮闘しています。例えば、著名な農業専門家を30人雇い入れて、新型コロナウイルスの影響が最も深刻な地域での対応策について助言を受けています。さらに、10億元(米ドルにして約1億4,200万ドル)の基金を設置して、10項目の対応策を講じることで、農家を支援しようとしています。その一環として、農業に関する相談を電話で受け付けるサービス「DingTalk(ディントーク、釘釘)」も導入しました。この農村支援制度を2月6日に導入して以来、1万8,000トンの農作物が販売されたと見積もられています。 

Taobaoの使い方もライブストリーミングで指導

アリババは、Eコマース業者向けの教育プラットフォーム「Taobao University(タオバオユニバーシティ、淘宝大学)」でライブストリーミングの使い方を教えるサービスも提供して、中小の事業主をサポートしています。無料のオンラインコースで、オンラインのマーケティング方法やライブホスティングのテクニックなどを伝授するほか、さまざまな支援を行っています。

参考資料:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.