Crop News

Peak Asparagus Season Continues In South America

10
12
English
日本語

United States

Diced Carrots are being processed and to date the yields and quality are normal.    Our overall vegetable season in the Pacific Northwest was good with no major hiccups to report, however the market is farily tight due to demand from the Midwest region and Europe.

Potatoes in the Northwest began about a week later than usual.   Autumn wet and cool weather set in during the last days of September into October.  The season in Washington and Oregon are completed with average yields and good quality.  There are still potatoes in the ground in Idaho that will not be harvested as winter weather has already set in and this may affect the availability of Idaho potatoes.

Weather in the Midwest area has not been ideal with much rain and various storms in spring and early summer. Plantings on all crops there were slow and delayed.  Sweet corn harvest in the Midwest ended 3 weeks later than last season and overall many of the crops in the Midwest this season proved to be a challenge.   Processors throughout the Midwest are on the market for green peas and corn and the struggle will be to get to 2020 season as all products are in short supply.

Canada

Rain and cold weather slowed down much of the Canadian potato crop.   The province of Manitoba ended their potato harvest sooner than anticipated due to frost hitting the area in early November.   The rains in that area delayed harvest and prevented farmers from getting all of the crop out of the ground before the frost arrived.  Two processors in the area will be affected by this outcome and surplus potatoes coming from Idaho to make up the shortage is unlikely this season due to winter weather arriving in Idaho early this season.

Mexico

Broccoli and Cauliflower growing regions are coming out of their rainy season with the forward forecast calling for sun and warm temperatures.  Transplantations were ramped up in an effort to be in peak production during the very busy holiday season November / December.   However earlier rains have affected the cauliflower crop reducing the early yields of cauliflower and supply is still not where processors would like to see it.

Guatemala

Peak Broccoli season in Guatemala has been difficult this year.   There was drought at the beginning of the season and then rain during middle late season.   Some factories are only running at 50% capacity and the broccoli season will end sooner this season.   We expect broccoli harvest to wind down this month.

Peru

Mango season in Peru is beginning and all indications point to a good season this year.

Chile

Asparagus season continues in Chile, while the outlook for Chile’s blueberry season is excellent this year due mostly in part to the addition of hectares of plants that are now bearing fruit.   Strawberry season is also underway, and demand is high due to the poor strawberry season in Mexico and California this year.

Japan

Reported by NAPMN, Japan imported 1.8 million pounds more french fries than its previous July – September 2018 quarter making the total imported amount from North America 188.8 million pounds.   Potatoes from Europe to Japan dropped approximately 3%.  Japan has been the largest french fry importer on the global market, however during the last 5 years, Brazil is now proving to gain this position.

Europe

Potato yields are reported to be down, however not as low as last season.  Hard soil, results from the dry, hot summer, has slowed down harvest progress and another factor are that potatoes have not bulked up as anticipated which means lower yields.  Storage pipelines were empty when new season began, along with a growing demand from Eastern Europe for fresh potatoes will affect the volume of potatoes necessary to fill the factories at capacity.    Harvest movement has been slower than usual, particularly in The Netherlands and Belgium due to excessive recent rains and it seems that the harvest could keep going thru part of November when there is a threat of frost which could further reduce yields and damage quality.

Corn Peas and Beans will also be in tight supply from Europe due to the severe heat and drought over the summer months. Many processors there are out looking to buy these items.

Thailand

Reported by Food news, Thailand’s raw material supply for can sweet corn is expected to be reduced by 20% – 30% due to the drought effects of the El Nino phenomenon.     Peak season corn, April to September was impacted due to lack of rain which reduced corn yields.   Dry weather is expected again commencing October which will impact other crops in Thailand.   Thailand’s sweet corn prices are expected to rise.

China

Zhejiang Province

Lotus root harvest has begun, with peak season ongoing.   Both broccoli and cauliflower are in the transplant stage with harvest of some early fields commencing. Plantings for sugar snap peas and pea pods has begun.

Fujian Province

Autumn crop edamame season is ongoing. Water chestnut season is now underway.

Shandong Province

Fall broccoli and cauliflower season now being harvested.

アメリカ合衆国

ダイスカット用ニンジンは加工処理が行われていて、これまでのところ質・量ともに通常どおりです。太平洋岸北西部の野菜のシーズンは、全体として良好で、特筆すべき大きな問題はありませんでした。ただし、中西部とヨーロッパからの需要があるため、市場は品薄です。

北西部のジャガイモの収穫は、例年より1週間遅れで始まりました。9月末と10月初めの数日間は、秋雨で気温も低い日が続きました。ワシントン州とオレゴン州のシーズンは終了し、量は例年並み、質は良好です。アイダホ州では収穫の済んでいないジャガイモがまだありますが、すっかり冬の気候になったため、このまま収穫されないでしょう。これがアイダホ産ジャガイモの流通量に影響するかもしれません。

中西部では天候が理想的とは言えず、春から初夏にかけて雨が多く、さまざまな荒天に見舞われました。すべての作物の植え付けが遅々として進みませんでした。中西部のスイートコーンの収穫は、昨年より3週間遅れで終了しました。全体として、中西部の作物の多くが、今年は難しいシーズンとなりました。中西部の加工業者は、グリーンピーストウモロコシを市場で買い付けていますが、すべての作物が不足しているため、2020年のシーズンまで持ち越せるかどうか、厳しいところでしょう。

カナダ

雨と寒気で、カナダのジャガイモ生産の大半が減速しました。マニトバ州では、11月初めに霜が降りたため、予定よりも早く収穫が終わりました。雨のせいで収穫が遅れていたため、すべて収穫し終わらないうちに霜が降りてしまいました。同州の2件の加工業者が、この影響を受けるでしょう。しかも、アイダホ州から余剰分のジャガイモが入ってきて不足分を補うということも、今シーズンはなさそうです。アイダホ州でも、今年は早くに冬の天候が訪れたためです。

メキシコ

ブロッコリーカリフラワーの生産地では、雨期が終わりつつあります。今後の天候は晴れて暖かくなるとの予報です。11月から12月の繁忙期に生産の最盛期をぶつけるべく、植え替えが加速しました。しかし、初期の雨でカリフラワーに影響が出たため、当面はカリフラワーが品薄で、加工業者の望むような供給量には至っていません。

グアテマラ

今年のグアテマラは、ブロッコリーの最盛期に困難を来たしています。シーズン初めに雨不足に見舞われ、シーズンの中盤から終盤にかけては雨が続きました。一部の工場はわずか50%の稼働状況で、今年のブロッコリーのシーズンは早めに終わりそうです。ブロッコリーの収穫は今月、徐々に終わっていくでしょう。

ペルー

ペルーではマンゴーのシーズンが始まりつつあり、今年は良いシーズンになりそうです。

チリ

チリではアスパラガスのシーズンが続いていて、またブルーベリーの見通しも今年は非常に良好です。作付面積が増え、それが実りを迎えていることが大きな理由です。イチゴも生産が行われています。今年はメキシコとカリフォルニア州のイチゴが不作だったため、需要が高まっています。

日本

North American Potato Market Newsによると、日本の今年第3四半期のフライドポテトの輸入量は、前年同期よりも180万ポンド(約816トン)多くなりました。北米からの総輸入量は1億8,880万ポンド(約8万5,600トン)に上っています。ヨーロッパからの輸入ジャガイモは、約3%減となっています。日本は世界最大のフライドポテト輸入国であり続けてきましたが、過去5年間はブラジルがこの地位を奪っています。

ヨーロッパ

ジャガイモの収穫量は下がっているとのことですが、昨シーズンほどではありません。雨不足と猛暑の夏を経て土壌が固くなっていたため、収穫が減速しています。また、ジャガイモが思ったほど大きくならなかったため、収穫量が下がる見通しです。新しいシーズンが始まった時点で在庫はゼロだったうえ、生鮮ジャガイモに対するヨーロッパ東部からの需要が拡大しているため、工場をフル操業するのに必要な量に影響するでしょう。収穫の動きは例年より緩慢で、特にオランダとベルギーは最近の多雨で遅れが生じています。収穫が11月まで続く可能性がありますが、そうなると霜の恐れが生じます。霜が降りれば、収穫量はさらに減り、品質にも影響が及ぶでしょう。

トウモロコシグリーンピースサヤインゲンも、供給が少なくなる見通しです。ヨーロッパは夏の間に酷暑と日照りで影響を受けたためです。多くの加工業者が、これらの原材料の買い付けを模索しています。

タイ

Foodnewsによると、タイ産の缶詰用スイートコーンの原材料が20~30%減になると予想されています。エルニーニョによる雨不足の影響です。トウモロコシの最盛期は4月から9月ですが、雨不足の影響を受け、収穫量が減りました。10月以降も乾燥した天候が続くという予報のため、タイ産の他の作物にも影響するでしょう。タイのスイートコーンの価格は上がる見通しです。

中国

浙江省

レンコンの収穫が始まり、最盛期が続いています。ブロッコリーカリフラワーは、植え替えが行われていて、一部で早期の収穫が始まっています。スナップエンドウとサヤエンドウは、植え付けが始まっています。

福建省

エダマメの秋作が続いています。シログワイもシーズンに入りました。

山東省

ブロッコリーカリフラワーの秋作分が収穫されています。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.