Crop News

Raspberry Season Begins in PNW

10
7
English
日本語

United States

Northewest green pea harvest is underway. To date harvest seems to be going well with no major issues to report.  The season began later than usual and some were worried about bunching. Quality is reported as good, although some are expecting a decline in yields by about 10%. Future weather conditions along with plant capacities will dictate whether we have a tight pea market or not, however either way expect pea prices to be up. Pea season should be wrapping up middle to late July.

It has been difficult for most processors to secure sweet corn acreage this season due to competition with more profitable crops, such as hemp, and we are hearing there will be a reduction in corn production by approximately 15% to 20%. Corn harvest should begin middle to late July and to date growing conditions are good.

Northwest vegetable prices to be up by  .03/lb. to .07/lb. this season.  Many reasons reflect the higher prices, however increased labor cost is at the top of the list.

Potatoes, Wet weather in the beginning of April slowed plantings.   However, weather has been good and ideal for potato growing. We expect the first early potatoes to be harvested the week of July 22nd or earlier. Currently there is enough inventory to keep plants running. Demand for frozen potato products domestically is continuing to increase with a projected growth of 2.1% this coming year. More capacity coming on line in the states of Washington and Idaho.

Northwest berries are doing okay to date. There will be some reduced yields on raspberries due to the cold winter and freeze although in recent weeks the Washington crop has seemed to improve slightly. Washington raspberry season should commence  this month. The blueberry crop looks to be okay with a start date of late July. Cooler tempertures and recent rain has slowed crop development.

Weather in the Midwest area has not been ideal with much rain and various storms. Plantings on all crops there have been slow and delayed. The shorten planting window could reduce crop size.  Suppliers there are on the market for green peas as yields in the mid west will be reduced. The harvest should begin this month. Sweet Corn has been planted and although wet conditions have slowed plantings the season should be pretty much on schedule.

California strawberry processing season is now completed.

Mexico

Mexico still seems to be struggling with production of broccoli and cauliflower.  Cauliflower especially is in tight supply with some saying it is due to the explosive popularity of rice cauliflower. While we have been optimistic, it is still not a perfect situation for processors in Mexico. The months of February and March brought in less than budgeted packs, with much going to fresh market.  With the start of July the official rainy season has commenced and the situation will be touch and go until peak season arrives in October/November.

Guatemala

Peak Broccoli season has now commenced. Lack of rain has slowed harvest a bit , however forcasters are calling for more rain which will speed up the harvest and good yields are expected soon.

Europe

An unprecendented heat wave has hit Europe with tempertures as high as 106 degrees F.   The heat wave has spread from Spain to Switzerland, including France, Germany and Belgium.  Crops will be affected but it is too early to tell the extent of damage.

Prices expected to rise again for European processing potatoes. Due to the poor growing season last summer there is low inventory, including low seed inventory for plantings this season. Raw product stocks are down in all potato growing countries in Europe, with the largest decline in Belgium. Even with a decline in seed production last season, growers are expected to plant approximately 2% more acreage compared to last season. Ground water was depleted last season and in some areas they are still facing issues with water supply, however some plentiful rainfall in recent weeks has improved the situation, although crop development is still behind normal rates.

Serbia

Raspberry crop is 70% to 80% reduced due to poor weather (snow, hail and rain) and also some of the crop has been hit with disease.

China

Zhejiang Province

Edamame and Mukimame harvest just beginning and to date conditions look good.   Season for sugar snap peas was excellent this season and prices are currently very competitive

Fujian Province

Edamame and Mukimame harvest is underway.   Bamboo shoots will start harvest in August.

アメリカ合衆国

北西部のグリーンピースは収穫が行われています。これまでのところ順調に進んでいて、大きな問題はありません。例年よりも遅いシーズン開始となったため、一気に集中することが懸念されました。品質は良好と伝えられていますが、一部では収穫量が約10%減になる見通しです。今後の天候と作物の状況次第で、グリーンピース市場が品薄となるかどうかが決まってきます。とはいえ、どちらにしても価格は上がる見通しです。グリーンピースのシーズンは、7月中旬から下旬には終了するでしょう。

今シーズンはほとんどの加工業者が、スイートコーンの作付面積を確保するのに苦労しています。ヘンプをはじめ、より大きな収益が見込める他の作物との競争があるためです。このためトウモロコシの生産量は15~20%減になるという話も聞こえてきます。トウモロコシの収穫は、7月中旬から下旬にかけて開始されるでしょう。これまでのところ、状況は良好です。

北西部の野菜の価格は、今シーズン、1ポンド(約454g)当たり3~7セント値上がりしています。これには多くの理由がありますが、人件費の高騰が最大の要因です。

ジャガイモは、4月初めの多雨で植え付け作業が減速しましたが、天候は回復して、ジャガイモの生育に理想的なお天気が続いています。7月22日の週かそれ以前にも、最初の収穫が期待されます。現在は、工場を稼動させ続けるのに十分な在庫がありません。冷凍ジャガイモ製品の国内需要は引き続き伸びていて、今年は2.1%増と予想されています。ワシントン州とアイダホ州では生産能力が拡大されつつあります。

北西部のベリー類は、これまでのところまずますです。ラズベリーは、冬の寒気と凍結があったため、収穫がやや減少するでしょう。ただし、ここ数週間でワシントン州の状況はわずかに改善したようです。ワシントン州のラズベリーのシーズンは、今月から開始されます。ブルーベリーもまずまずで、収穫は7月末からの予定です。涼しい日が続いているうえ、最近の雨もあり、作物の生育が減速しました。

中西部では天候が理想的とは言えず、雨が多く、さまざまな荒天に見舞われました。すべての作物の植え付けが遅々として進まない状況です。植え付けの期間が短くなったことで、作物の大きさに影響する可能性があります。中西部のサプライヤは、地域内の収穫が減るのを見越して、グリーンピースを市場で買い付けています。収穫は今月から始まるでしょう。スイートコーンは、植え付けられました。雨のせいで植え付け作業が遅れましたが、収穫はおおむね予定どおりです。

カリフォルニア州のイチゴは、加工が終了しました。

メキシコ

メキシコは、なおもブロッコリーカリフラワーの生産で苦戦しているようです。特にカリフラワーは供給が不足していて、ライスカリフラワーの爆発的な人気が理由だという声もあります。私たちは楽観していますが、メキシコの加工業者にとっては理想的とは言えない状況が続いています。2月、3月は予算を満たさない収穫量で、そのほとんどが生鮮市場に回りました。7月の開始とともに正式に雨期となりましたので、10月、11月に最盛期が訪れるまでは、不安定な状況が続くでしょう。

グアテマラ

ブロッコリーが最盛期に入っています。雨不足で収穫がわずかに遅れましたが、今後は雨の予報も出ているため、作業が加速し、まもなく十分な収穫量が出始めるでしょう。

ヨーロッパ

ヨーロッパは異例の熱波に見舞われ、気温が最高41℃に達しました。この熱波はスペインからスイスにまで広がり、フランス、ドイツ、ベルギーを包み込みました。作物に影響すると思われますが、被害の程はまだ分かりません。

ヨーロッパの加工用ジャガイモは、再び値上がりする見通しです。昨夏の不作で現在は在庫レベルが低いため、今シーズンの植え付け用の種イモの在庫も下がっています。生の在庫は、ヨーロッパのすべてのジャガイモ生産国で下がっていますが、最も顕著なのはベルギーです。昨シーズンは種イモの生産が減少しましたが、今シーズンは作付面積が昨シーズンに比べて約2%増となる見通しです。昨シーズン中に土壌の水分が枯渇してしまったため、一部の地域では今も用水供給の問題に直面しています。ここ数週間は十分な降雨があったため、状況は改善しましたが、なおも作物の生育は例年より遅れています。

セルビア

ラズベリーの収穫が70~80%減となっています。悪天候(雪、雹、雨)に見舞われたうえ、一部では疫病の被害が出ました。

中国

浙江省

エダマメムキマメの収穫が始まりつつあります。これまでのところ、状況は良好です。今シーズンのスナップエンドウは上出来でした。現在の価格は非常に競争力があります。

福建省

エダマメムキマメは収穫中です。タケノコは8月から収穫開始です。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.