Food Safety

FDA Introduces New Strategies for Evaluating the Safety of Imported Foods

10
4
English
日本語

In February 2019, the U.S. Food and Drug Administration (FDA) published “Strategy for the Safety of Imported Food,” a new resource designed to ensure food safety. The resource is just one part of the larger plan for food safety in 2020 as the FDA requests $6.1 billion to improve its ability to detect and respond to foodborne illness.

The United States imports food from more than 200 countries worldwide, with up to 15 million food shipments that constitute roughly 15 percent of the U.S.’s overall food supply expected to arrive in 2019 alone. Nearly all of America’s seafood is imported, as is much of its produce. More than half of fresh fruit is harvested abroad, along with approximately one-third of all vegetables.

Because safety standards vary between countries of origin, the FDA faces a significant challenge in ensuring that all imported foods uphold the U.S.’s safety standards. To help, the FDA’s imported food safety strategy is organized around four key goals:

  • Goal 1: Food Offered for Import Meets U.S. Food Safety Requirements
  • Goal 2: FDA Border Surveillance Prevents Entry of Unsafe Foods
  • Goal 3: Rapid and Effective Response to Unsafe Imported Food
  • Goal 4: Effective and Efficient Food Import Program

The new strategy document also outlines new oversight tools that will allow regulators to enforce safety standards domestically and abroad.

In addition to the new strategy for imported food safety, the FDA plans to invest in whole genome sequencing (WGS), a groundbreaking technique that will allow food safety investigators to discover and mitigate the effects of contamination.

2019年2月、米国の食品医薬品局(FDA)が、食品安全性を確保するための新しいリソースとして『Strategy for the Safety of Imported Food(輸入食品の安全性のための戦略)』を発行しました。FDAでは、食中毒の検出・対応強化のための予算として2020年に61億ドルを要請していますが、今回発行されたリソースは、食品安全性に関する大きな計画の一部にすぎません。

米国は世界200カ国以上から食品を輸入していて、2019年には最大1,500万個の船荷で到着する食品が、米国の全食品供給の約15%を占めると見られています。米国の魚介類はほぼすべてが輸入品、野菜と果物でも輸入品がかなりの部分を占めており、生鮮果物の半分以上、野菜の約3分の1が外国産です。

原産国によって安全性の基準が異なるため、FDAは、すべての輸入食品が米国の基準を満たすようにするという、非常に大きな課題を抱えています。この業務を支えるため、FDAの新しい戦略では4つの主要目標が定められました。

  • 目標1:輸入用の食品が、米国の食品安全性要件を満たすこと
  • 目標2:FDAの国境監視活動によって、安全でない食品の密輸を防ぐこと
  • 目標3:安全でない食品が輸入された場合に、すばやく効果的に対応すること
  • 目標4:効果的かつ効率的な食品輸入制度を確立すること

また、この新戦略の文書では、新しい監督ツールについても説明しています。規制当局が安全性基準を国内外で徹底できるようにするための方策です。

輸入食品に対するこの新戦略に加えて、FDAは、全ゲノム解析にも投資する計画です。食品安全性の調査官が汚染を発見し、その影響を緩和するうえで、これは画期的な手法です。

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.