Trending

7 Food Trends to Watch For in 2019

9
1
English
日本語

The predictions are in, and 2019 is shaping up to be an adventurous time to browse supermarket aisles and restaurant menus in America.

Global flavors predominantly Indian and Middle Eastern, meat and dairy alternatives, and wellness trends are expected to boom in the new year. Above all, people want to consume foods that promote health and reduce environmental impact.

  1. Pacific Rim Flavors and Fruits
    Pacific Rim fruits and flavors have been predicted to be top trends in 2019.   Guava, Pineapple, Passionfruit and Dragon Fruit to name a few. These will be used in dressings, frozen fruit bars, deserts and sparkling waters.
  2. New Plant-Based Dairy Products
    Almond milk can now safely be considered a mainstream product, and 2019 will build on Americans’ appetite for plant-based, non-dairy milks by bringing new options.In particular, pea milk offers more protein than other plant-based milks. Meanwhile, creamy oat milk has become so popular that there is currently a shortage of it.Food producers are also exploring new non-dairy options for ice cream. In addition to nut-based ice cream products, you can now find ice cream containing hummus, coconut water, avocado, and tahini. Coconut-based desserts are especially popular.
  3. Shelf-Stable Probiotics
    Probiotic foods can aid digestion, help the body absorb nutrients, and even protect tooth health – and they’re becoming more popular than ever among mainstream supermarket shoppers.In 2019, fermented and probiotic foods will no longer be limited to sauerkraut, kimchi, and kombucha. Food producers have developed shelf-stable probiotics such as Bacillus coagulans GBI-30 and Bacillus coagulans MTCC 5856 that don’t require refrigeration.This means there are more options for including probiotics in foods than ever. Expect to see probiotic snacks such as granola and nutrition bars, as well as probiotic oatmeal, soups, and nut butters.
  4. Celtuce and Sea Greens, New types of Green
    With multiple lettuce scares behind us, consumers are curious about alternatives to their usual salad choices. Americans are now catching on to wosun, a Chinese vegetable also known as stem lettuce, asparagus lettuce, celery lettuce, or simply celtuce.Celtuce does have kale-like leaves, but they tend to be bitter. Instead, chefs focus on stripping away the stem’s tough exterior to reveal a crisp, delicate interior that’s reminiscent of jicama or water chestnuts.Celtuce also packs a big nutritional punch, offering more vitamin C, folates, and fiber than most lettuces.Expect to find more items from the sea in your grocery stores.  Seaweed butters, kelp noodles, snacks made from water lily’s and others.  Move over Bacon, now there is crispy salmon skins and kelp jerkies!
  5. CBD Products
    By now, you’ve probably heard of CBD products. CBD (short for cannabidiol) is a hemp derivative that typically does not contain the intoxicating effects of THC.CBD oil is not currently legal in all 50 states, yet CBD products are being hyped for their alleged ability to reduce pain, relieve anxiety, aid sleep, and more.CBD oil is commonly added to bath and body products such as lotions, but it’s present in food as well. You can now find CBD oil in cocktails, desserts, smoothies, and even beer, and experts predict more products will become available in 2019.
  6. Faux Meat
    The rise of plant-based milks correlates with a broader interest in plant-based nutrition. Food producers are looking beyond tofu to discover new meat alternatives that offer the same savory, umami flavors people love in meat.Mushrooms are an increasingly important source of non-meat umami, with varietals such as the king trumpet taking center stage in products like vegetarian jerky. Additionally, jackfruit, a popular Asian ingredient, is showing up as an alternative to pulled pork.
  7. Lab Grown Meat
    In 2018, objections to commercial farming grew louder. Consumers are less comfortable eating meat if they believe the animals were treated harshly or if they’re aware of the environmental impact of large-scale cattle, chicken, and pig farming.Scientists have now developed a way to grow meat from cultured cells in a laboratory. Heralded as “clean meat,” these products aren’t mainstream yet but are poised to gain new ground in 2019 however scientists still need to figure out how to introduce fat into the muscle tissue samples they’re growing.Still, one tissue sample can produce as many as 80,000 servings of meat, by some estimates – making lab grown meat one of the most promising environmental and cruelty-free solutions to solving hunger around the world.

予想が出揃いました。米国では2019年は、スーパーの売り場やレストランのメニューがアドベンチャーいっぱいになりそうです。

グローバルな味覚のトレンドは主にインドと中東で、肉類と乳製品の代替品やウェルネスのトレンドが新年の流行になると見られています。そして何よりも、ヘルシーで環境にやさしい食品を食べたいという風潮がますます強まります。

  1. 環太平洋の味覚と果物

    環太平洋の果物と味覚は、2019年の赤丸トレンドとされています。例えば、グアバ、パイナップル、パッションフルーツ、ドラゴンフルーツなどです。これらがドレッシングやアイスバー、デザート、炭酸水などさまざまなものに使われるでしょう。

  2. 植物性の新しい“乳製品”

    アーモンドミルクは今や主流の商品となりましたが、2019年は新しい植物性ミルクがアメリカ人の味覚にさらに訴えるでしょう。

    特にエンドウマメのミルクは、他の植物性ミルクよりもタンパク質が豊富です。一方、クリーミーなオート麦のミルクも人気沸騰中で、今は品薄の状態です。

    食品メーカーは、アイスクリームになる新しい乳製品の代替品も探し求めています。ナッツ類を原料とするアイスクリームに加え、最近ではフムス、ココナッツウォーター、アボカド、タヒニなどを使ったアイスクリームも見つかるようになりました。ココナッツを使ったデザートは特に人気です。

  3. 常温で保存できるプロバイオティクス

    プロバイオティクス食品は、消化と栄養吸収を助け、歯の健康にもメリットがあります。大手スーパーの買い物客の間でもその人気は高まる一方です。

    2019年は、ザワークラウト、キムチ、コンブチャ以外にも発酵食品やプロバイオティクス食品の選択肢が広がりそうです。食品メーカーは、バチルスコアグランスGBI-30やバチルスコアグランスMTCC 5856など、常温で保存できるプロバイオティクスを開発しました。

    これは、食品の原料にプロバイオティクスを使うオプションが増えることを意味します。プロバイオティクスが入ったグラノラバーやエナジーバー、オートミール、スープ、ナッツバターなどにご注目ください。

  4. 茎レタスや海藻などの新しい青野菜

    レタスが原因の食中毒が何度となく発生したのを受けて、サラダに使える代わりの野菜に関心が寄せられるようになりました。米国では、中国原産の茎レタス(萵笋、ウォスン)が人気を博しつつあります。ステムレタス、アスパラガスレタス、セロリレタス、セルタスなど、さまざまな名称で知られる野菜です。

    葉の部分はケールに似ていますが、ケールよりも苦みがあります。葉よりもむしろ茎を食し、茎の固い外側を取り除いて、柔らかながらシャキシャキ感のある内側を使用します。メキシコ原産のヒカマ(クズイモ)やシログワイに似た食感があります。

    茎レタスは栄養価も抜群で、ほとんどのレタス類よりもビタミンC、葉酸、食物繊維を豊富に含んでいます。

    海や湖で採れる野菜も、スーパーでよく見かけるようになるでしょう。海藻のバター、ケルプ(昆布の一種)のヌードル、睡蓮の種を使ったスナックなどのほか、ベーコンに取って代わるカリカリのサーモンスキンやケルプのジャーキーが登場しています!

  5. CBD商品

    CBD商品については、すでにお聞き及びかもしれません。CBDとはカンナビジオールの略で、麻や大麻のエキスですが、中毒症状を引き起こすTHC(テトラヒドロカンナビノール)は通常含んでいません。

    CBDのオイルは、米国の50州すべてで合法化されているわけではありませんが、鎮痛、不安緩和、睡眠補助などの作用があるとされて話題を呼んでいます。

    CBDのオイルは、通常、入浴剤やローションなどのボディケア製品に使われていますが、食品にも見られます。今ではカクテル、デザート、スムージー、さらにはビールにもCBDのオイルを使ったものがあり、2019年にはさらに商品が増えると予想されています。

  6. 肉の代替品

    植物性ミルクの人気は、全体的に植物性の栄養への関心が高まっていることに関係しています。肉の代替品としては豆腐が人気ですが、食品メーカーは、肉ならではの風味や旨味をもたらす新しい肉代替品を探しています。

    キノコ類は、その旨味の素としてますます重要になりつつあります。エリンギのような変わり種が、ベジタリアン向けジャーキーなどの商品で主役を果たすようになりました。また、アジア原産のパラミツ、別名ジャックフルーツも、定番の豚肉料理、プルドポークの代替として登場しつつあります。

  7. ラボで培養した食肉

    2018年には、商業的な食肉生産への風当たりが強まりました。アニマルウェルフェアや大規模な畜産業の環境への影響が気がかりなため肉を食べたくないという消費者が増えています。

    研究者らは、ラボで培養した細胞から肉を作る方法を開発しました。「クリーンミート」と呼ばれるこれらの商品は、まだ主流ではありませんが、2019年には市場を拡大すると見られています。ただし、培養中の筋肉組織に脂肪を導入する方法は、これから開発しなければなりません。

    とはいえ、体組織のサンプル1個から実に8万食分もの食肉が作れるという見積もりもあり、ラボ培養肉は、環境と動物にやさしく世界の食糧問題を解決する方法として最も有望なもののひとつと目されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.