Crop News

Canada’s Potato Crop Disappointing

9
12
English
日本語

United States

Corn harvest is now completed.  Most suppliers came in on budget, with favorable quality, however the market is still tight due to demand.   The cooler weather at the end of harvest slowed growth down and some report that yields did suffer during the last days of harvest.

The pea market has continued to be firm due to production levels worldwide.  We suspect this to remain until new crop arrives in 2019.  Processors throughout the Pacific Northwest met budget with decent yields and quality; however the Midwest is still looking for supply to off-set their pea losses.

The most recent Food Institue Report has advised that exports of can sweet corn declined by 12% in volume compared to this same time last year.   As well frozen sweet corn exports decreased overall by 8% in volume compared to this same time last year.

Potato harvest for processing potatos is completed in the Pacific Northwest and reports are that there will be plenty of potatos to keep factories running at capacity.  However high demand due to shortages in Europe is making for a tight market.   Added capacity is coming on line in both the Colombia Basin and Idaho, which will result in exta finished product,however it is still unknow how quickly factories will be getting their new lines ramped up to run at capacity in order to meet the demand.

Canada

Pototo crop losses in Prince Edward Island and Manitoba are hurting production capacity in fry plants there.  Approximately a 9% decrease in yields in these areas are prompting factories to ship in potatos from other areas of Canada and the U.S.A. at increased costs.

Weather conditions were wet and cold during the end of the season making it impossible for farmers to dig out their potatoes.  Moving forward the Manitoba area will need twice as many potatoes in order to keep factory expansions there running at capacity.

Mexico

The drought conditions earlier in the year and then the excess rain during the planting season has continued to give challenges to the Mexican broccoli and cauliflower industry.   The rain continued in Mexico during September and October when the rainy season should usually end. Mexico’s anticipated good harvest in October did not happen.  Based on the most recent issue of the Mexican Processors Association the year of 2018 goes down as the most challenging year in recent memory.  The extended rainy season resulted in a 44% increase in cumulative rainfall.  Although the rains have finally subsided, the supply situation for both cauliflower and broccoli is still critical, with lower yields and very limited inventory.

The U.S. National Potato Council reports that a formal signing of the new USMCA trade agreement between the US, Canada, and Mexico was signed this past week, however Mexico’s 20% tariff on US frozen fries remains in place.  Together, Canada and Mexico represent the second and third largest export market for U.S. potatos with a combined value of approximately US$575 million per year. However the 20% tariff on U.S. French fries into Mexico remains in place at least until a 25% tariff on steel and aluminum is lifted.

Guatemala

Guatemala is suffering the same situation as Mexico.  Too much rain and humidity has caused a reduced broccoli crop, resulting in short supply.

Europe

Processing Potatoes:  Reports from the North Western Potato Growers (NEPG) are estimating that the potato harvest will be less than 20 million tons.  Reports continue to come in with news of a short potato pack in Europe for processing. It depends on the region on how difficult the situation is.  As an example Belgium reports that potato yields fell by about 30%, while Germany and the Netherlands fell about 25% and France only 5%.  Recent articles claim that on average french fry length will be shorter and we have heard that fast food chains such as McDonalds Europe must readjust menus and cooking equipment to accomodate the shorter length on their frys this season.  In the meantime Euopean processors are notifying buyers that they will not be able to take on any new business this season.  A great opportunity for North American processors to gain some ground, however it is yet to be seen if capacity here in North America will be able to keep up with the demand.

Chile

A major hail storm is reported by Food News to have damaged blueberry and cherry production in some of Chiles growing regions.  The extent of damage is not fully known yet.

Japan

Healthy potato chips!  Koikeya company has just introduced a new potato chip product without salt.   The product is cut, lightly seasoned in oil and then fried.   No sugar or seasoning.   The name is “Barefaced Potato” and can be found in Lawson stores across Japan.

China

Zhejiang Province

Broccoli and Cauliflower continue to grow, and to date the crop conditions look very good with stable prices.

China’s Current Broccoli Crop

Fujian Province

Edamame:  Crop is healthy; however the new tariffs will play a large role in this season’s export of Edamame.

Shandong Province

Edamame production has been completed.  Price is firm due to domestic demand, however the new tariffs will dictate the over all demand of this crop for export to the USA.

アメリカ合衆国

トウモロコシの収穫は終了しました。ほとんどのサプライヤーが予算どおりの出来高で、品質も良好でしたが、需要が好調なため市場は依然として堅い状況です。収穫シーズンの終わりにかけて気温が下がり、生育が減速したため、一部ではこの最後の数日間に収穫量が下がりました。

グリーンピースは、世界的な収穫減を受けて堅い市場が続いています。この状況は次の2019年の収穫まで続くのでないかと思われます。太平洋岸北西部では全域の加工業者がまずまずの収穫量と品質で予算を満たしましたが、中西部の加工業者は収穫減を埋め合わせるため、今もグリーンピースの供給元を探しています。

最新のFood Institue Reportによると、缶詰スイートコーンの輸出量は、昨年同時期と比べて12%減となっています。また、冷凍スイートコーンの輸出量も、同8%減です。

加工用ジャガイモの収穫は、太平洋岸北西部では終了し、工場がフル稼働を続けるだけの十分な量があると伝えられています。ただし、ヨーロッパの品薄を受けた需要があるため、市場は堅い状況です。コロンビア盆地とアイダホ州の両方で新規の生産能力が追加されつつあるため、完成品の量は増える見込みですが、新しい生産ラインがどの程度の速度でフル稼働し需要を満たすようになるかは、依然として不透明です。

カナダ

プリンスエドワードアイランド州とマニトバ州でジャガイモが被害を受け、現地のフライドポテト工場の生産に影響しています。これら地域の生産量は約9%減となっていて、各工場はカナダの他の地域や米国からのジャガイモを高値で調達しています。

シーズン終盤に雨と低温に見舞われたため、畑のジャガイモを掘り起こせなくなってしまいました。マニトバ州では、拡張された工場を今後もフル稼働させ続けようとするのであれば、今の2倍の量のジャガイモが必要になるでしょう。

メキシコ

年初の雨不足、その後の植え付け期の過剰な降雨のせいで、メキシコのブロッコリーカリフラワー業界には苦しい状況が続きました。9月に続いて、通常は雨期が終わりを告げる10月も雨が続きました。メキシコでは10月の収穫に期待がかかっていましたが、現実にはなりませんでした。メキシコ加工業者協会の会報の最新号によると、2018年は最近の記憶のなかで最も困難な一年になるとのことです。雨期が長引き、総降雨量は44%増となりました。ようやく雨は止みましたが、カリフラワーブロッコリーは今も収穫量が少なく、在庫が非常に限られているため、供給が困難です。

米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)が先週、正式に調印されましたが、全米ジャガイモ評議会によると、米国産の冷凍フライトポテトに対してメキシコが課している20%の関税は今も継続中とのことです。カナダとメキシコは、米国産ジャガイモの輸出先として2位と3位の地位にあり、年間5億7,500万ドル前後の輸出高を計上しています。しかし、米国からメキシコに輸出されるフライドポテトには20%の関税が課されていて、少なくとも鉄鋼とアルミに対する25%の関税が解除されるまでは、この状態が続く見通しです。

グアテマラ

グアテマラも、メキシコと同じ状況に苦しんでいます。多雨と湿気のためブロッコリーの収穫が減り、品薄となっています。

ヨーロッパ

ジャガイモの加工:北西部ジャガイモ生産者協会では、ジャガイモの収穫量が2,000万トンを下回ると推定しています。ヨーロッパの加工用ジャガイモの不足状況は、引き続き伝えられています。状況は地域によって異なります。例えば、ベルギーではジャガイモの収穫量が約30%減、ドイツとオランダでは約25%減ですが、フランスは5%減に留まっています。最近の記事によると、フライドポテトの長さが平均して短くなっています。ヨーロッパのマクドナルドをはじめとするファストフード店では、今シーズンの短めのフライドポテトに合わせるため、メニューと調理器具を調整しなければならないそうです。その間にもヨーロッパの加工業者は、今シーズンの新規契約は受け付けない旨をバイヤーに通知しています。北米の加工業者がシェアを伸ばす良い機会ですが、この需要に追いつくだけの生産能力が北米にあるかどうかは現時点では不明です。

チリ

Food Newsによると、雹を伴う悪天候で、一部産地のブルーベリーチェリーに被害が出ました。被害の程は現時点では不明です。

日本

ヘルシーなポテトチップス! 湖池屋が、食塩不使用の新しいポテトチップスを発売しました。ジャガイモを切って植物油で揚げ、あえて味付けせずに完成させます。砂糖も調味料も使用していません。その名も「ポテトの素顔」。日本全国のローソンで販売されています。

中国

浙江省

ブロッコリーカリフラワーは栽培が続けられていて、現時点ではシーズン全体の成果は分かっていません。

福建省

エダマメ:作物は良質ですが、今シーズンのエダマメの輸出には新しい関税が大きく影響すると見られます。

山東省

エダマメの生産は終了しました。国内需要のため価格は堅調ですが、米国への輸出にどれだけ需要があるかは新しい関税に左右されるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.