Food Safety

FDA Releases Report on 2016 Pesticide Residue Monitoring Program

9
11
English
日本語

Among many safety concerns of consumers regarding food supply is that of  cancer causing chemicals to be found in their food.   Here to put your mind at rest are the findings of the most recent FDA study of the Pesticide Residue Monitoring Program for 2016.

The FDA began the Pesticide Residue Monitoring Program in 1987 to track the levels of pesticides in domestic and imported food products. Throughout the past five years, including 2016, the FDA reports that pesticide levels have remained consistent.

The 2016 report featured the results from 7,413 food samples, which were tested for a total of 711 chemicals and pesticides. Most samples showed levels of pesticides or chemicals that fall below the EPA’s tolerance levels.

The FDA tested 4,276 imported food samples, with 90% complying with federal standards. Approximately half (50.7%) had no detectable pesticides or chemicals.

Among imported animal food samples, more than half (54.7%) had no detectable levels of pesticides or chemicals at all.

The FDA also tested 2,670 domestic food samples, and nearly all (99%) fell within the required standards for compliance. More than half of the samples tested (52.9%) contained no chemicals or pesticides.

The FDA also tested 242 domestic animal food samples, with 43% containing no detectable levels of pesticides or chemicals.

The 2016 report also marked the first time the FDA used a new method for detecting glyphosate and glufosinate in 113 milk samples, 106 egg samples, 274 corn samples, and 267 soybean samples. It found that:

  • No milk or egg samples contained glyphosate or glufosinate residues
  • All the corn and soybean samples that contained residues fell below the EPA’s tolerance levels
  • More than half of the samples (53.7%) contained no detectable residues at all.

Less than 10% of imported samples and less than 1% of domestic samples violated the EPA’s tolerance levels, including samples that contained chemicals for which the EPA has not yet established a tolerance or exemption.

Similarly, less than 2% of animal food samples violated the pesticide or chemical limits, with most containing pesticides that did not have an established tolerance level.

With consumer concern high regarding cancer causing chemicals in the food we eat, we believe the FDA report should ease those concerns showing that the food we eat is safe and has less chemicals and pesticides than many of us may think.

食品供給の安全性に関して消費者が抱いている懸念は多数ありますが、そのひとつが食品に含まれる発がん性物質です。   そこで皆さんの不安を解消するために、米食品医薬品局(FDA)が最近発行した2016年度の残留農薬モニター制度に関する報告書についてお伝えします。

FDAは、1987年に残留農薬モニター制度を開始しました。国産品と輸入品の両方の食品に含まれる農薬レベルを調べるためです。2016年度までの5年間にわたり農薬レベルには大きな変化がなく一定していたと、FDAは報告しています。

2016年度の報告書には、7,413個の食品サンプルを対象に711種の化学物質や農薬を試験した結果が盛り込まれました。ほとんどのサンプルは、環境保護庁(EPA)の定める化学物質と農薬の許容レベルを下回っていました。

FDAが試験した輸入食品のサンプルは4,276個に上り、うち90%が連邦基準に準拠していました。約半数(50.7%)は、農薬や化学物質が検出されませんでした。

また、輸入飼料のサンプルでは、半数以上(54.7%)で農薬や化学物質がまったく検出されませんでした。

FDAはさらに、国産食品のサンプルを2,670個試験し、ほぼすべて(99%)が必須基準を順守していました。半数以上(52.9%)は、農薬や化学物質が検出されませんでした。

また、国産飼料のサンプルは242個を試験し、43%で農薬や化学物質が検出されませんでした。

2016年度は、除草剤の成分であるグリホサートとグルホシネートの検出に際してFDAが新しい方法を使用した初年度でもありました。試験したサンプルは牛乳113個、卵106個、トウモロコシ274個、大豆267個に上り、次のような結果が報告されました。

  • 牛乳と卵では、グリホサートとグルホシネートの残留物を含んでいたサンプルはありませんでした。
  • 残留物が検出されたトウモロコシと大豆のサンプルはすべて、EPAの許容レベルを下回っていました。
  • 半数以上(53.7%)のサンプルで、残留物はまったく検出されませんでした。

EPAの許容レベルを上回ったサンプルは、輸入品の10%未満、国産品の1%未満でした。これには、EPAが許容レベルや除外対象を指定していない化学物質が検出されたサンプルが数えられています。

同様に、飼料では許容レベルを上回ったサンプルが2%未満でしたが、そのうちほとんどは含有していた農薬が許容レベルが未確定のものでした。

食品に含まれる発がん性物質への懸念も、このFDAの報告書の結果を見れば私たちの食べている食品が安全だと分かって和らぐことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.