Food Safety

How Clean Is Too Clean?

9
10
English
日本語

Have you ever heard the saying “God made dirt, so dirt don’t hurt”?  Wonder if that is a true statement or just something that some school children made up when they were throwing it at each other?  I believe there is some truth to this statement–

Being in the food industry we understand that listeria bacteria is widely found in soil *, it is part of our everyday environment, and even present around our own homes.  According to the FDA, humans and animals (wild and domesticated) can be carriers of listeria.  The bacterium often moves through the animal and human intestinal tract without causing illness, per the FDA website.

We also understand that the only way to guarantee the kill of listeria monocytogenes is to heat the food at the proper temperature for the proper amount of time (and that is located on packages of frozen food that is not considered RTE).   But have you ever thought about what is happening to your food supply and your overall immune system while we are trying to remove a pathogenic microorganism that we have lived with and around since birth?

According to research (good vs. bad germs, Healthline) our bodies need a certain amount of “good” bacteria found naturally in foods that help our health.  However, eliminating bad or pathogenic bacteria means we may not be exposed to the small doses that could inoculate us against intestinal crisis.—In other words we need to be able to fend off small doses of bad bacteria with our own immune systems.

The hygiene hypothesis is a theory that there may be a thing as food being “too clean”.  It believes that our modern-day life with antibacterial cleansers, vegetable washes and expectations of food processors to provide 0 listeria being present even in foods which are intended to be heated may be harming our microbiome, which are all the microscopic bacteria, viruses, and fungi that live in and on our bodies.  (Journal of Autoimmunity, Science Direct.)

Regarding food-borne illness, the idea is that fewer good bacteria in your gut means there is less competition to prevent colonization of the bad microbes, leading to more frequent bouts of illness.  The theory uses the approach that if you travel outside of the USA, where our food supply is second to none in regard to cleanliness, to a country with less stringent sanitation we all know who ends up being sick (and it is not the locals)!

Who suffers with this extremely clean food chain?  We all do!  Packing our bags for travel will require stomach medicine, worrying about how “clean” the food and water is, and losing the opportunity to taste street vendor food while being exposed to a new culture.  So the question will remain, How Clean Is Too Clean?

*sited from FDA website

土は神様が作ったのだから、害になるものではない――。これって本当なのだろうか、それとも泥遊びをする子供たちがでっち上げたことなのだろうか、と思ったことはありませんか?私自身は、この見方はまんざら間違いでもないと思っています。

食品業界に属する私たちは、リステリア症の原因菌であるリステリア・モノサイトゲネスが土壌に広く生息している*ことを知っています。これが私たちの日常の環境であり、自宅の周りにも存在しています。米国の食品医薬品局(FDA)によると、人間と動物(野生と家畜の両方)が、リステリア菌のキャリアになる可能性を持っています。このバクテリアは動物や人間の腸を通過しても何の症状も引き起こさないことがしばしばあると、FDAのウェブサイトは説明しています。

また、リステリア菌を完全に殺傷する唯一の方法が食品を十分な時間にわたって適切な温度に加熱することだというのも、私たちは知っています(レディ・トゥ・イートでない冷凍食品にはパッケージに必ず加熱調理方法が表示されています)。でも、私たちが生後すぐから囲まれて暮らしてきた病原菌を除去しようとすることによって、食品供給と身体の免疫系に何が起きるのだろうかと思ったことはありませんか?

ある研究(Good vs. Bad Germs, Healthline)によると、私たちの身体は、食品に自然に存在し健康維持に役立つ「善玉」バクテリアを一定量必要としています。しかし、「悪玉」バクテリア、すなわち病原菌を完全に取り除けば、腸の免疫力を支える効果のある微量のバクテリア接種の機会が失われてしまうかもしれません。つまり、微量の病原菌であれば身体の免疫系で防御できなければならないのです。

このため、食品が「清潔すぎる」ということもあるのではないかという理論が、衛生学の仮説となっています。この仮説では、私たちが現代生活で使用している殺菌消毒効果のある洗顔料や野菜の洗浄方法、さらには加熱調理して食べる食品ですらリステリア菌をゼロにしなければならないという食品加工業者への期待が、私たちのマイクロバイオームに害を及ぼしているかもしれないと考えています。マイクロバイオームとは、私たちの体内や皮膚の表面上に生息する微生物、バクテリア、ウイルス、菌類などの生態系です(Journal of Autoimmunity, Science Direct)。

食中毒も、胃腸に棲む善玉バクテリアが少なければ、悪玉の病原菌が棲み付こうとする際にも競争が少ないことを意味し、ゆえに発生頻度が高まっている可能性があります。この理論は、アメリカ人が外国旅行するとどうなるかを参考にしています。米国は食品流通の清潔さという点で世界でも屈指の地位を誇っていますが、衛生状態がそれほど良くない国で誰が病気になるかは明らかです(地元の人たちではありません!)。

この究極の清潔度を誇る食品サプライチェーンから被害を被っているのは、私たち全員です!外国に旅行する際は胃腸薬を必ず携行し、出された食べ物や水がどれだけ清潔かを気にかけ、新しい文化を体験する間も露店の食べ物を試してみるチャンスを逃しているのです。ですから、「清潔すぎるということはあるのか」という疑問が残されるわけです。

 

*FDAのウェブサイトより

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.