Crop News

Corn Season Winding Down In U.S.A.

9
10
English
日本語

Weather is changing, Autumn is upon us.

United States

The weather has started to turn in the Pacific Northwest.  Cool, crisp mornings with late afternoon warmth for a short period before night cools back down has hit the Columbia Basin this week.  The days are becoming shorter and you can see the start of the leaves changing colors.

The pea market has continued to be firm due to production levels worldwide.  We susupect this to remain until new crop arrives in 2019.  Processors throughout the Pacific Northwest met budget with decent yields and quality; however the Midwest is still looking for supply to off-set their pea losses.

Sweet Corn season has passed over the midway point.  Corn yields continue to be average, and processors continue to watch weather reports in hopes of harvest maintaining until the beginning to middle of October.  The cooler days will affect the growth of the corn as well as overall flavor profile.  Sweet corn performs best with warmer weather and cooler nights.  The overall outcome of the season for most processors will depend on the next 4-6 weeks.  Demand for corn has continued to drive the price upward.

Processing Potatoes are in full swing in the US.  Timely rains in the Midwest is helping the production of certain states. The Dakotas though remain dry.  Usage for potatoes throughout the year may shift more towards processing needs of flakes and dehydrated as well as French Fries due to the shortages reported coming out of Europe.  Prices will remain firm in the market.

Sweet Potatoes are in jepordy due to Hurricane Florance.  North Carolina is the largest sweet potato growing region in the United States, providing over 50% of all sweet potatoes.  Pricing has already started to increase due to the potential of shortages in the fresh market, and time will tell in regards to processed sweet potatoes.  Sweet Potatoes like well drained soil and the 10 to 30 inches of rain that were recorded in North Carolina will have a negative effect on the crop.  However, the final outcome will not be known until harvest is completed sometime in late October or November (weather permitting).

Mexico

The drought conditions earlier in the year and then the excess rain during the planting season has continued to give challenges to the Mexican broccoli and cauliflower industry.  The transplants of Cauliflower take place in March, April and May.  This year shortly after transplanting, floods occurred which caused a loss in the cauliflower fields and a reduction in yields for broccoli due to rot.

Cauliflower has a three-month growing season and the fields/plants that were lost were replanted.  The harvest for these freshly replanted fields will take place in late October.  Production for both cauliflower and broccoli look to be less than average during the upcoming months.

Europe

Processing Potatoes:  Reports continue to come in with news of a short potato pack in Europe for processing. Recent articles claim that on average French fry length may be shorter due to weather conditions.

Corn season continues and mix signals do as well.  Processors and seed suppliers in Hungary show indications of a season that is producing above average yields, while other countries continue to look to import IQF corn to offset below average yields.

China

Zhejiang Province

Broccoli and Cauliflower continue to grow, and at this time there is no indication of the overall outcome of the season.

Fuijan Province

Edamame:  Crop is healthy; however the new tariffs will play a large role in this season’s export of Edamame.  Please see our trending article in this newsletter for more information regarding tariffs.

Shandong Province

Edamame production has been completed.  Price is firm due to domestic demand, however the new tariffs will dictate the over all demand of this crop for export to the USA.

季節が変わり、秋になりました。

アメリカ合衆国

太平洋岸北西部では、季節が変わり始めました。今週のコロンビア盆地は、キリッとした涼しい朝、午後遅くに数時間ほど暖かくなり、夜にはまた涼しくなるというお天気でした。日が短くなり、木々の葉の色も変わり始めています。

グリーンピースは、世界的な収穫減を受けて堅い市場が続いています。この状況は次の2019年の収穫まで続くのでないかと思われます。太平洋岸北西部では全域の加工業者がまずまずの収穫量と品質で予算を満たしましたが、中西部の加工業者は収穫減を埋め合わせるため、今もグリーンピースの供給元を探しています。

スイートコーンのシーズンは半ばを過ぎました。トウモロコシの収穫量は引き続き例年並みを推移しています。お天気に恵まれて10月初旬から中旬まで収穫が続けられることを、加工業者は望んでいます。涼しくなるとトウモロコシの生育、ひいては全体的な味にも影響します。スイートコーンには暖かくて夜涼しくなる天候がベストです。ほとんどの加工業者にとって、今シーズンの全体的な成果が向こう4~6週間にかかっています。トウモロコシは需要が堅調で、引き続き価格が上昇しています。

米国では現在、ジャガイモの加工がフル操業となっています。中西部はタイミング良く雨に恵まれ、一部の州で生産に拍車がかかりました。ただし、ノースダコタ州とサウスダコタ州は依然として雨不足です。ヨーロッパ産が不足していることから、今年通年のジャガイモの使い道は、フレーク乾燥ジャガイモフライドポテトの割合が増えるかもしれません。価格は堅い状況が続いています。

サツマイモは、ハリケーン・フローレンスの影響で不透明な状況です。ノースカロライナ州は米国最大のサツマイモの産地で、50%以上を供給しています。生鮮市場では品薄の可能性を受けて価格がすでに上がり始めました。加工済みサツマイモについても、いずれ状況が見えてくるでしょう。サツマイモは水はけの良い土壌を好むため、ノースカロライナ州で記録された10~30インチ(約250~760mm)の降雨量は、悪影響を及ぼす可能性があります。ただし、最終的な結果は、(天候次第で)10月下旬か11月に収穫が完了するまでは分かりません。

メキシコ

年初の雨不足、その後の植え付け期の過剰な降雨のせいで、メキシコのブロッコリーとカリフラワー業界には苦しい状況が続きました。カリフラワーの植え替えは3~5月に行われます。今年は植え替えからまもなく浸水が発生して、カリフラワーに被害が生じ、ブロッコリーも根腐りで収穫が減りました。

カリフラワーは生育期間が3カ月のため、被害のあった畑ではあらためて植え付けが行われました。この分の収穫は10下旬になるでしょう。カリフラワーブロッコリーも、今後数カ月は生産が平均以下になる見込みです。

グアテマラ

ブロッコリー:ブロッコリーは、質・量ともに天候の影響を受けています。予報どおり天候が変われば、今後は生産が回復するため、加工業者は予算を満たせる可能性があります。来月には全体的な状況がもう少し分かってくるでしょう。

ヨーロッパ

ジャガイモの加工:ヨーロッパの加工用ジャガイモが不足しているというニュースが引き続き入ってきています。最近の記事では、天候のせいでフライドポテトの長さが平均的に短くなるかもしれないとのことでした。

トウモロコシのシーズンは続いていて、依然として状況ははっきりしていません。ハンガリーの加工業者と種子のサプライヤは、例年を上回る生産量のシーズンになるとの見方を示していますが、他の国では平均以下となったIQF(個別急速冷凍)トウモロコシの収穫を埋め合わせるため輸入を模索しています。

中国

浙江省

ブロッコリーカリフラワーは栽培が続けられていて、現時点ではシーズン全体の成果は分かっていません。

福建省

エダマメ:作物は良質ですが、今シーズンのエダマメの輸出には新しい関税が大きく影響すると見られます。関税について詳しくは、今月の「トレンディング」の記事をご覧ください。

山東省

エダマメの生産は終了しました。国内需要のため価格は堅調ですが、米国への輸出にどれだけ需要があるかは新しい関税に左右されるでしょう。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.