Crop News

Europe Faces Another Difficult Crop Season

9
8
English
日本語

United States

It has been an unusually warm and sunny summer in the Pacific Northwest and crops are coming on quickly. Green Peas came on fast and furious causing the season to begin early and end early. Some manufacturers had a difficult time keeping up with the crop.  A few suppliers report good yields and for the most part budgets were met, however the pea market is firm due to struggles in the Midwest and Europe. Both Midwest processors and European processors are looking to buy peas. 

Sweet Corn season began earlier this year as hot weather (triple digits) in growing regions of Eastern WA and Oregon moved the crop along quickly. Corn season is in full swing and to date the season looks to be a good one but it will depend on future weather conditions.   Price movement is going up, not down.

Colombia Basin processing potatoes are starting up. Potatoes do not like excessive heat so the verdict is still out on whether this recent heat will affect quality.   Weather will be cooling off a bit in the coming days.

Planting and harvest conditions in the Midwest region was a struggle this season.

Excessive wet weather and then extreme heat reduced yields on peas. Sweet Corn season has begun and seems to have fared a bit better than peas with normal yields expected to date.

High heat has certainly affected Oregon blueberries. Peak harvest is completed and overall fruit size has been variable with lower yields than expected.

Blueberries in Western WA are ripening quickly due to recent heat. Reports of some soft fruit and continued heat will not help.

Eastern WA blueberry crop completed.   Yields smaller than anticipated due to hot weather.

Seems to be the same situation in British Colombia with heat bringing on the blueberry season early resulting in lower yields and soft fruit.

On a side note the blueberry season was projected to produce 180,000 MT of processed blueberries (U.S.A. and Canada).  However due to the shortfall in some Eastern states early in the season fresh market prices went up and depending on how the fresh market continues it could mean reduced volumes for the freezers and higher blueberry prices.

For the most part Raspberry season is now completed.   Better yields than expected and average quality although the warm weather towards the end of season softened some fruit.

Guatemala

New season broccoli in full swing. To date all conditions are good.

Mexico

Rainy Season has commenced in the Bajio Valley of Mexico and broccoli and cauliflower now being pulled from the Northern highlands in Guanajuato and Puebla.  Average volumes and quality are reported.

Chile

Asparagus season will commence in September.

Europe

The European Association of Fruit and Vegetable Processors have reported it will be another tough summer season for Europe’s vegetable crops. In the North of Europe a very warm and dry summer with lack of rain since May is resulting in lower pea and corn yields. In addition winter lasted longer than usual and the spring was very wet which delayed plantings.  In Europe’s South growing areas there has been too much precipitation which has hindered crops there.   In general the extreme weather conditions around Europe will lead to losses in yields and quality.

Hungary as well as Belgium have reported pea losses.

The North Western European Potato Growers Association has reported that extremely dry weather could affect the potato yields. However more recent reports state that there will be a major yield reduction for potatoes this season.  Very hot dry drought conditions has slowed growth and potatoes are small.   French Fry output will be affected as large size potatoes are required for production and raw material supply is already short.

Europe’s recent weather patterns has also affected fruit. In the case of Serbian raspberries, frequent rain in springtime will result in lower quality fruit and cooler weather in Greece has affected peach yields there, while Italy will suffer a poor Kiwi season due to frost back in April.

China

August is China’s hottest month and high temperatures have swept through China recently. Frequent typhoons during summer have hurt some of the crops there.

Zhejiang Province

Edamame production is completed. It was a shorter season this year , however quality is reported as good and prices have increased.

Eggplant production is underway and quality and prices are stable.

Fujian Province

Edamame production is completed and due to bringing in raw material from other growing regions prices from this province are higher than usual.

Lychee production is finished. Yields and quality are excellent and prices are lower than last season.

Shandong Province

Edamame production still underway. Production output is more than last season and quality looks very good. Domestic market and international demand are low which has driven the price down. As well raw material price is lower compared to last year.

アメリカ合衆国

太平洋岸北西部は今夏、異常なほど暑い晴れの日が続いていて、作物が急速に実りつつあります。グリーンピースは、ものすごい勢いで成長して、収穫シーズンが早くに始まり、早くに終わりました。このペースに付いていくのに苦労したメーカーもありました。数社のサプライヤーからは、十分な収穫ができ、おおむね予算どおりになったと聞いています。ただし、グリーンピース市場は、中西部とヨーロッパの不作の影響を受けて底堅い状況です。中西部とヨーロッパでは、加工業者がグリーンピースの購入を模索しています。

スイートコーンは、ワシントン州東部とオレゴン州の生産地が37℃を超える暑さに見舞われ、シーズンが早めに開始されました。トウモロコシは、今が最盛期です。これまでのところ順調ですが、今後の天候によるところが大きいでしょう。価格は上昇基調です。

コロンビア盆地ではジャガイモの加工が始まっています。ジャガイモは暑さを好まないため、最近の暑さが品質にどう影響するかを見守っている状況です。これから先は少し涼しくなるとの予報です。

中西部は今シーズン、植え付けも収穫も難航しています。

雨続きの後に酷暑となり、グリーンピースの収穫が減りました。スイートコーンのシーズンも始まっていて、グリーンピースよりは良い状況のようです。今のところ例年並みの収穫が期待されています。

この夏の暑さは、オレゴン州のブルーベリーにも影響しました。収穫の最盛期は終わっていて、実の大きさにバラつきがあり、収穫量は期待を下回りました。

ワシントン州西部のブルーベリーは、やはり暑さのため、急速に熟しつつあります。一部で実が柔らかくなっているとのことで、今後の暑さも助けにはならないでしょう。

ワシントン州東部のブルーベリーは、収穫が終了しています。暑さのため、収穫量は予想を下回りました。

ブリティッシュコロンビア州も似た状況と見られ、暑さのためブルーベリーのシーズンが早くなっていて、収穫が少なく、実が柔らかくなっています。

ちなみに今年は米国とカナダで18万トンの加工済みブルーベリーが生産されると予測されています。しかし、東部の一部の州でシーズン初期にあまり収穫が上がらず、生鮮市場の価格を押し上げました。生鮮市場の今後の推移によっては、冷凍市場に回るブルーベリーが減り、価格も上がる可能性があります。

ラズベリーのシーズンは、おおむね終了しました。収穫量は予想を上回り、品質は例年並みでしたが、シーズン終盤の暑さで一部の実が柔らかくなりました。

グアテマラ

ブロッコリーの新しいシーズンが最盛期を迎えています。これまでのところ良好な状況です。

メキシコ

バヒオバレーが雨期に入ったため、ブロッコリーカリフラワーは現在、グアナファト州とプエブラ州の北部の高地から調達されています。質・量ともに平均的との報告です。

チリ

アスパラガスは、9月にシーズン開始です。

ヨーロッパ

ヨーロッパ野菜・果物加工業者協会によると、ヨーロッパの野菜はまたも不作の夏となる見通しです。ヨーロッパ北部は、5月以降、非常に暑く、雨のない乾燥した日が続いているため、グリーンピーストウモロコシの収穫量が減りました。また、例年より冬が長かったうえ、春は雨続きで植え付けが遅れました。ヨーロッパ南部は、多雨の影響を受けました。全体としてヨーロッパは異常気象になっていて、質・量ともに下がる見通しです。

ハンガリーベルギーは、グリーンピースが不作になっているとのことです。

ヨーロッパ北西部ジャガイモ生産者協会によると、ジャガイモは極度の日照りで収穫量に影響が出るかもしれません。ただし、もう少し最近の報告では、今シーズンのジャガイモは大幅減になるとされていました。非常に暑く、雨不足のため、生育が遅れ、実が小さくなっています。大きなジャガイモが必要になるフライドポテトの生産には影響が及ぶでしょう。原材料はすでに品薄です。

ヨーロッパの最近のお天気は、果物にも影響しています。セルビア産ラズベリーは、春の多雨で品質が下がる見通しです。ギリシャは、冷夏でモモの収穫に影響が出ています。イタリアは、4月の霜でキウイフルーツが不作になるでしょう。

中国

中国は8月が最も暑い月。実際、最近になって中国全土を熱波が包み込みました。この夏は台風も多く、一部の収穫に影響を及ぼしています。

浙江省

エダマメの生産は終了しました。今年はシーズンが短くなりましたが、品質は良好と伝えられていて、価格も上がっています。

ナスは生産が行われていて、品質も価格も安定しています。

福建省

エダマメの生産は終了しました。他の産地から原材料を調達しているため、福建省の価格は普通より高くなっています。

ライチの生産は終了しました。質・量ともすばらしく、価格は昨シーズンより低めです。

山東省

エダマメは今も生産されています。生産量は昨シーズンよりも多く、品質も非常に良いようです。国内市場も国外市場も需要が芳しくないため、価格を引き下げています。原材料価格も、昨年より安くなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.