Food Safety

FSMA Guidelines In A Nutshell

9
4
English
日本語

The Preventive Controls for Human Food (PCHF) regulation, often referred to as FSMA – Food Safety Modernization Act, is the first major overhaul of our nation’s food safety practices since 1938. This law has been enacted to ensure the safe preparation of food products for human consumption in the United States. It includes new regulations for farms that grow fresh produce (fruits and vegetables), for the facilities that process the food that we eat, and for the many points in the global supply chain for human and animal food.

Congress enacted FSMA in response to the dramatic changes in the global food system and FDA has now finalized seven major rules for its implementation that anyone involved in the human food chain production must adhere to.

If you are involved in the sale or import of foods in the United States, you must be aware of the compliance now required by FDA’s FSMA (Food Safety Modernization Act). This regulation is complex and includes rules and related programs, guidance documents, training and technical assistance, compliance and implementation tools and more! It is important that you understand your responsibility with regard to these new regulations if:

  1. you import food into the United States from foreign suppliers,
  2. you are a foreign manufacturing facility and export food products to the U.S.A.,
  3. you produce food here in the USA,
  4. you are part of the global supply chain – product packaging, transport, logistics, etc.

To see our full report please click below:

米国のFSMA(食品安全強化法)に伴って策定された「Preventive Controls for Human Food」(ヒト向け食品のための予防的コントロール)、略してPCHF規制は、1938年以来初めて食品安全性の分野に導入された大型改革です。この法律は、米国で人間が消費する食品の安全性を確保するために制定されました。生鮮食品(野菜と果物)を栽培する生産者、人が食べる食品を加工処理する施設、および食用・飼料用食品のグローバルなサプライチェーンの多くの箇所に適用される新しい規制を含んでいます。

米国議会は、世界の食料供給体制が大きく変化してきたことに対する反応としてFSMAを導入しました。その結果、FDA(食品医薬品局)がこれまでに7つの主要規則を確定しました。人が食べる食品の生産に携わる関係者全員に適用される規則です。

米国で消費される食品の販売や輸入に関係している人であれば、FDAのFSMA要件へのコンプライアンスについてはご存じのことでしょう。この規制は複雑で、規則や諸制度のほか、ガイダンス文書、研修支援、技術支援、コンプライアンスや導入の支援ツールなど、さまざまなものを含んでいます。以下のいずれかの立場にある人は、この新しい規制に関して自分に課される責任を理解しておくことが重要です。

  1. 外国から米国に食品を輸入している
  2. 食品を米国に輸出する外国の製造施設である
  3. 米国内で食品を生産している
  4. 梱包、輸送、物流などの立場でグローバルなサプライチェーンに関与している

弊社の報告書全文を見るには、以下をクリックしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.